小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

こんなの欲しかった!30W出力と12W出力の2台を同時充電ができるCIOのモバイルバッテリー付き急速充電器「SMARTCOBY Pro PLUG」

2023.01.12

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪 

ノートPCを使用する人の誰もが頭を悩ませるバッテリー切れの問題は、何も外出先だけの悩みではない。

自宅においても作業する場所がコンセントの位置によって制限を受けてしまうからである。

前回はモバイル充電ブランド「Anker」から発売されている『Anker 733 PowerBank』という製品を紹介したが、今回はまた別のブランドから発売されている『SMARTCOBY Pro PLUG』という製品を紹介しようと思う。

こちらの製品もモバイルバッテリー付き急速充電器としては人気が高く、特にそのコンパクトなサイズ感が人気の秘訣となっている。

『SMARTCOBY Pro PLUG』とは?

『SMARTCOBY Pro PLUG』は株式会社CIOから発売されているモバイルバッテリー付き急速充電器である。

クラウドファンディング「Makuake」においては支援者数約5200人、支援額約2700万円を記録した製品であり、多くの人に支持された製品であることがよく分かる。

モバイルバッテリー付き急速充電器という2つの機能を持ちながら、それでいてサイズ感としては極力抑えられた製品になっており、折りたたみ式のプラグから本体に直接充電できるということで、デザイン性にも非常に優れた製品になっていると思う。

実際のところ国際デザイン賞である「reddot winner 2022」を受賞している製品ということもあり、そのデザインは高く評価されている。所有欲をかき立てる製品と言えるだろう。

『SMARTCOBY Pro PLUG』の機能と特徴

◆大きさは手のひらサイズ、無駄のない美しいデザイン

いつものようにまずは外観から紹介していこう。本体のカラーラインナップはブラックとホワイトの2種類となっているが私が購入したのはブラックのタイプである。

サイズは約79㎜×79㎜×26㎜で重量は約265gとなっており、前回紹介した『Anker 733 PowerBank』と比べるとサイズも重量も抑えられたものとなっている。

本体には会社のロゴである「CIO」のエンボス加工が入っているものの、そもそものロゴ自体が工夫されたデザインであるため一見すると「CIO」とも見えず、正方形を2つ合わせたマークのようにしか見えない。

また本体表面は防シボ加工になっており、ザラザラとした感触が逆に手に馴染んで心地よい。個人的にはテカテカ光る金属的な加工は好きではなく、こうしたシボ加工の製品の方が好みなのでその点でも嬉しい。

本製品は10,000mAhのバッテリーを搭載しているが、本体への給電は折りたたみ式のACプラグを通じて行なう。

給電にあたっては直接コンセントに挿せばいいので別途ケーブルを持ち運ぶ必要がないので荷物の削減に繋がる点も便利だ。

◆2台同時充電ができ、モバイルバッテリーとしても使用可能

本製品にはUSB-C/USB-Aポートが1つずつ搭載されており、同時に使用することで2台同時に充電することが可能となっている。

なお30W出力、後者が12W出力となっているので、前者でPCを充電しつつ、後者でスマホを充電するといった使い方が想定される。

充電している間、コンセントに接続しておけば本体への充電も同時に行なわれるので、普段はPC等のACアダプタとして使用し、コンセントの場所ではモバイルバッテリーとして使うことができるわけだ。

◆本体のバッテリー残量は4段階で確認可能だが慣れが必要か

本体のバッテリー残量は本体角にあるLEDランプによって確認することができる。隣にあるボタンを押すとランプが光り色の種類のよって例えば紫なら100-76%、緑なら75-51%、青なら50-26%、赤なら25-0%といった具合だ。

ただ、数値やランプの個数ではなく、色の種類で残量表示されるということは色の意味を覚えておかないといけないので、慣れるまでは分かりづらい点が難点かもしれない。

赤が最も残量が少ないのは感覚的には分かりやすいが、紫>緑>青の順で残量が減っていくというのは少なくとも私にとっては分かりにくいと感じている。

◆充電できない機器がある点に注意が必要

公式HPによれば「M1 MacBook Airなど小型ノートPCの充電が可能」と謳われており、最大30W出力のUSB Type Cからは実際にSurface Go(初代)の充電ができることを確認している。

一方、仕事で使用しているTOSHIBAの『dynabook(R9(ダークテックブルー)P1R9VPBL)』に関しては一見すると充電できているようだが、徐々にバッテリー残量は減っておりきちんと充電できていないことを確認している(ただし何も使用していない時と比べてその減るスピードは抑えられているので、バッテリーの持ちを延命することには使用できるようだ)。

このような場合、せっかくコンセントに繋いでいても徐々にバッテリー残量は減ってしまっているのでいつかはバッテリー切れになる心配がつきまとう。

こうした機種をメインで使用している人は前回紹介した『Anker 733 PowerBank』の方をお勧めする。

対応機種の一部は公式HPに掲載されているのでそちらも併せて確認してもらいたい。

『SMARTCOBY Pro PLUG』を購入するには?

『SMARTCOBY Pro PLUG』の価格は税込み7,128円。Amazon、楽天市場、Yahooショッピング等から購入することが可能だ。

文/Wataru KOUCHI
趣味は合唱、読書、語学、旅行、美術館巡り、雑貨屋探索etc…。日本、海外の雑貨やガジェット、デザインコンセプトの中から思わず「それ、いただき!」と言ってしまうモノ達を紹介!


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。