小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1台持っていて損はなし!ノートPCも充電できるAnkerのモバイルバッテリー「733 PowerBank」 

2023.01.08

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪 

外出先でノートPCを使用する人の誰もが頭を悩ませるのがバッテリー切れの問題である。

コンセントの使用できるカフェ等が増えてきたとはいえ、そのような場所が必ず見つかるとは限らないため、いざという時のための予備のバッテリーがあれば安心感は全く違うものになる。

今回、モバイル充電ブランド「Anker」から発売されている『Anker 733 PowerBank』を使用し始めてひと月程度経過したのでレビューをしようと思う。

こちらの製品、ノートPCにも使用できるモバイルバッテリーの機能を持ちつつ、コンセントのある場所ではUSB充電器としても使用できるということで、これまで別々に持ち歩いていたアイテムの数を減らすことにも貢献する製品である。

購入を検討している人は是非参考にしてもらいたい。

『Anker 733 PowerBank』とは?

『Anker 733 PowerBank』は先ほど述べた通りモバイル充電ブランド「Anker」から2022年8月29日に発売された製品である。

Ankerが誇る独自技術「GaNPrime」を採用することで高出力かつ小型化に成功した急速充電器となっている他、ノートPCに使用できる10000mAhの大容量モバイルバッテリーを搭載しており、携帯する荷物を減らしたい人にとっては理想的な製品となっている。

『Anker 733 PowerBank』の機能と特徴

◆大きさは手のひらサイズ、ただしコンパクトと言い切るのは難しいサイズ

いつものようにまずは外観から紹介していこう。

本体のカラーラインナップはブラック・ホワイト・ゴールドの3種類あるが私が購入したのはブラックタイプである。

ブラックとシルバーを基調としたデザインとなっており、全体的につや消しが効いた加工になっているため高級感のある仕上がりとなっているのは好印象だ。

ブランド名のロゴは入っているものの、アルファベットのみの記載であり日本人の感覚からすると安っぽさは感じさせない。

サイズは公式データでは約111×63×31㎜となっており、iPhone 13よりも小さく手のひらに収まる大きさではある。

ただし厚みの31㎜はiPhone13のそれの2倍以上であり、手にした印象はやはり結構大きく感じた。

重量も約320gあるため余計に重厚感があり、例えば携帯だけを持って出かける際の予備のモバイルバッテリーとして使用するには向かない印象である。

◆1つのコンセントから3台の機器を同時に充電できるので場所も時間も節約可能

『Anker 733 PowerBank』にはUSB Type Aポートが1つ、USB Type Cポートが2つの計3つのポートが設けられており、これらは同時に使用することが可能だ。

本体をコンセントに繋いで充電器として利用するときの最大出力は合計65Wとなっており、同時に接続する機器の数に応じて各ポートから出力されるワット数は減っていく。

スマートフォンはもちろん、スマートウォッチ、タブレット端末の他、ノートPCへの給電も可能となっている。

『Anker 733 PowerBank』にはご覧の通り収納可能なコンセントプラグが付属しているため、充電器として使用する際は直接コンセントに挿してやるだけで良い。

この仕様は邪魔になりづらく別途給電のためのケーブルを持ち歩く必要がないので大変便利だ(なお本体への充電はコンセントプラグからだけでなくUSB Type Cポートからも可能になっている)。

ただし、ひとつ注意点として本体のサイズがかさ張るため、場所によってはコンセント付近にスペースがなく挿せない可能性がある点は注意が必要だ。

コンセントの位置が低い場合も本体を逆さにして挿してやる必要があるなど、普段使用するシーンをイメージしてから購入することをお薦めする。

本製品、モバイルバッテリーとしても使用することができるわけだが、その際の出力は充電器として利用する場合よりも下がる点は予め留意しておく必要がある。

充電器として利用する場合の最大出力は合計65Wであったが、バッテリーとして利用する場合は最大30Wとなる。

また、複数ポートを使用する場合の合計出力は最大15Wにまで下がる点も注意が必要だ。

◆本体のバッテリー残量は4段階で確認可能

モバイルバッテリーとしても使用できる製品ということで、本体のバッテリー残量の確認も必要な機能となるが、本製品では正面の丸いボタンを押すとランプの点灯により4段階でバッテリー残量を知らせてくれる仕様となっている。

異なる色でバッテリー残量を知らせる仕様の製品も世の中には存在するが、その場合は色ごとの意味合いを覚えておかないといけないので面倒であり、それよりはこちらのようにランプの数でバッテリー残量を知らせるタイプの方が使いやすいように思う。

ただこちらの製品のランプが控え目なデザインとなっていることもあり、明るい場所ではランプの数が視認しづらい点は若干不便に感じた。

また、押すボタン自体がランプとなっていることもあり、ボタン全体を指で覆って押してしまうとランプが隠れてしまうので、指の大きい人にとってはこの点も若干不便さを覚える部分かもしれないと感じた。

『Anker 733 PowerBank』を購入するには?

『Anker 733 PowerBank』の価格は税込み14,990円。「Anker Japan」の公式サイトの他、家電量販店、Amazon等のオンラインショップからも購入することが可能だ。

確かにスマホと一緒にこれだけを持ち出すような製品ではないが、ノートPCを携帯するシーンであればACアダプタをこの製品に置き換えつつ、モバイルバッテリーとしての機能も付いてくるので購入して損することはない製品だと思っている。

ノートPCのバッテリー切れで困ったことがある人は、この機会に購入を検討してみてはいかがだろうか。

文/Wataru KOUCHI
趣味は合唱、読書、語学、旅行、美術館巡り、雑貨屋探索etc…。日本、海外の雑貨やガジェット、デザインコンセプトの中から思わず「それ、いただき!」と言ってしまうモノ達を紹介!


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。