小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

自分の肌と理想の肌にギャップを感じている人はどれくらいいるのか?

2023.01.06

新型コロナの感染状況は依然として予断は許されないが、厚生労働省の発表によると、「屋外では季節を問わず、マスクの着用は原則不要です」「屋内では距離が確保でき、会話をほとんど行わない場合をのぞき、マスクの着用をお願いします」という方針が示されている。

そんな場面に応じた適切なマスクの着脱が求められているなか、素顔を出すことへ抵抗のある人も多いという。そこで第一三共ヘルスケアは、全国20~60代男女を対象に「理想の肌に関する意識調査」を実施。マスク着用意向など、解答結果をグラフにまとめて発表した。

女性の6割は「化粧をしていないことを隠すため」にマスクを着用

マスクの着用ルールが緩和された場合の、外出時におけるマスク着用意向について聞いたところ、約8割(76.7%)の男女が「マスクの着用意向がある(週1~2日程度以上)」ことが明らかになった(図表1)。

男性よりも女性の着用意向が高く、特に女性では20代で最も継続意向が高い(88.3%)ことが判明(図表2)。また、約4割(41.5%)が感染対策以外の目的でマスクを着用していると回答している(図表3)。

図表3で「感染対策以外の目的でマスクを着用している」と回答した人に対して、マスクの着用目的について聞いたところ、女性では「化粧をしてないことを隠すことができるため」(60.3%)が最も多い結果に。

また、男性では「エチケットやマナーのため」(46.2%)が最も多く、2番目に多い理由は「髭を剃っていないことを隠すことができるため」(30.6%)であった(図表4)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。