小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

値上げ戦略で大勝利、客数が戻らなくてもオリエンタルランドの業績が急回復している理由

2023.01.07

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドの業績が急回復しています。

2023年3月期上半期の売上高は、前年同期間比2倍以上の2,040億円となりました。2億円近い営業損失から一転、379億円の営業利益を出しています。

早くもコロナ危機から脱出したオリエンタルランドですが、単純に客数が回復したわけではありません。テーマパークとしては異例のダイナミックプライシングを導入したことや、園内の飲食料金を値上げしたことが業績の急回復に繋がっています。

客数はコロナ前の6割にも届かず

オリエンタルランドは2023年3月期通期の業績予想の上方修正を発表しています。4,079億円としていた売上高を4,421億円へと8.4%引き上げました。営業利益も502億円から800億円へと59.4%もの大幅増益に切り替えています。

予想通りに着地をすると、売上高は新型コロナウイルス感染拡大が本格化する前の2020年3月期とほぼ同水準まで回復することになります。

決算短信より

本業で稼ぐ力を表す営業利益率は18.1%となり、2020年3月期との差は2.7ポイントほど。コロナ禍が鮮明になった2021年3月期は459億円の営業赤字、2022年3月期の営業利益率は2.8%でした。

業績回復の速さには目を見張るものがあります。

東京ディズニーリゾートは日本屈指の人気テーマパーク。緊急事態宣言で人々に自粛生活が強いられ、その反動が押し寄せたようにも見えます。しかし、4-9月半年間の入園者数は未だ激しく落ち込んでいます。

※グラフの数字は各年4-9月の入園者数
決算補足資料より

2022年半年間の入園者数はおよそ900万人でした。2020年同期間の6割にも達していません。東京ディズニーリゾートの集客状況は、未だ良好なものではないのです。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。