小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最新デザインの第10世代「iPad」を1か月間使いまくってわかった○と✕

2022.12.31

ポップなカラーバリエーションも特徴のiPad(第10世代)! Magic Keyboard Folioを使えばビジネスシーンでも大活躍!?

ホームボタンが廃止されたこともあり、ディスプレイサイズは前モデルの10.2インチから少し大きくなった10.9インチ。アスペクト比は3:2に近く、PDFファイルといったデータを表示しやすくなっています。背面には12MPの広角カメラも搭載されているため、撮影した写真にそのままApple Pencilでメモ書きをするといった使い方も便利でした。

本体カラーはシルバー、ブルー、ピンク、イエローの4色展開。標準モデルということもあり、使っていて楽しいポップなパステルカラーが多数用意されているのが特徴です。今回はイエローを試していますが、程よいメタリックな質感と、ポップな色味から、高級感と親しみやすさのバランスに優れている印象。指紋の付着もほぼないため、扱いやすいのも魅力です。

今回はiPad(第10世代)をMagic Keyboard Folioと同時に使用しています。Magic Keyboard Folioは、本体の背面に装着してスタンドとして使用できるパーツと、文字入力を行うキーボードの2つに分かれた製品。スタンドは90度近くまで調節できるため、場所を選ばずに作業できます。

キーボードはMacシリーズのものとほぼ同じ配列になっているため、使用していて戸惑うシーンはあまりありません。特にAndroidタブレットの場合は、Windows製品にもMac製品にもあまりない、独特な配列をしていることが多いため、普段使用しているPCと同じ感覚でタイピングが行えるのは、大きなアドバンテージと感じています。

また、本体のカバーも兼ねるタブレット向けのキーボードにありがちな、軽すぎるタイプ感もなく、しっかりと文字を入力している感触があるのも魅力。小さいながらトラックパッドも搭載されているので、ほぼノートPCとそん色ない形で使用できます。筆者も取材の際に、Magic Keyboard Folioを装着したiPad(第10世代)を何度か持ち込みましたが、不便に感じるシーンはありませんでした。厚みや質量が増してしまう点は若干気になりますが、それでも多くのノートPCより持ち運びやすい印象です。

A14 Bionic搭載でWeb会議もサクサクこなすハイスペック! やっぱりアップル製品の連携力は圧巻

搭載チップセットは、iPhone 12シリーズやiPad Air(第4世代)と共通のA14 Bionic。初登場から2年が経過していますが、処理性能は高く、操作はスムーズに行えます。筆者の場合は、文書作成をしながら動画を再生したり、レコーダーを起動したりと、マルチタスクを行う機会が多くありますが、動きが鈍くなるシーンは見られませんでした。

高性能に加え、フロントカメラには12MPの超広角カメラが搭載されているため、Web会議にも快適に使用できます。FaceTimeが利用できるのはもちろん、App StoreからZOOMといったアプリをインストールできるため、汎用性に優れているといえるでしょう。

ストレージ容量は64GBか256GBのどちらかとなります。標準モデルということもあり、控えめなスペックにはなりますが、容量が足りないという人も、iCloudをうまく活用すれば、あまり問題にはならないでしょう。個人的には、価格面を考慮し、128GBモデルも用意してほしかったと感じています。

また、アップル製品らしく、iPhoneやMac製品との連携力はやはり一日の長があります。同一のApple IDでログインするだけで、iPadで作成したメモをiPhoneから確認したり、登録したWi-Fiを共有できたりと、様々なポイントでちょっとした手間が省けるのが魅力的です。

デザインを刷新したiPad(第10世代)! 性能は文句なし、気になるのは価格か

ホームボタンの廃止、USB Type-Cへの対応など、様々なトピックがあるiPad(第10世代)。標準モデルながら処理性能は高く、マルチタスクもサクサクこなせるため、ビジネスシーンでも十分活躍できます。

Apple Storeでの販売価格は64GBモデルが6万8800円から、256GBモデルが9万2800円からとなります。また、Apple Pencil(第1世代)は1万4880円、Magic Keyboard Folioは3万8800円となっており、64GBモデル+Apple Pencil(第1世代)+Magic Keyboard Folioの価格は12万2480円。文句のつけようがない高スペックではありますが、標準モデルとしては、若干高い印象もあるので、Apple Pencil(第1世代)やMagic Keyboard Folioは、必要に応じて購入すると良いでしょう。

取材・文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。