小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【DIMEトレンド大賞2022】1年間でポート数が3倍に増大した電動マイクロモビリティーのシェアリングサービス「LUUP」

2022.12.21

1986年に創刊したビジネストレンドマガジン「DIMEの恒例企画「2022 35回 小学館DIMEトレンド大賞」がついに決定しました! 

その年を象徴するヒット商品や話題を集めたサービス、人物や団体、これからブレークが予想されるモノ、コト、ヒトなどを表彰するこの賞も、今年で35回目を迎えます。トレンドをキャッチアップし続けてきた「DIME」が選んだ、今年を代表するヒット商品に選ばれたのは果たして!? 

雑誌「DIME」、WEB@DIME」やSNS35481票の読者投票をもとに、編集部員、そして最終選考委員4名(小山薫堂氏、ヒャダイン氏、宇賀なつみ氏、安田典人DIME編集室長)により選ばれたヒット商品をまとめて発表。 

今年はヒット商品発表だけでなく、代官山T-SITEにて受賞各社をお招きして贈賞式も行いました! それらの模様をすべてまとめてYouTubeで公開中です。ぜひ、ご覧ください。 

【発表番組はコチラ】

【第35回DIMEトレンド大賞:ライフスタイル部門賞金賞】
1年間でポート数を約3倍に増大。Luup『LUUP』

『LUUP』を運営するのは国内ベンチャーのLuup。2020年9月の西新宿地区を皮切りに、官民一体となって電動キックボードの公道実証実験を全国で実施。独自の包囲網を築いてきた。

Xデーは2024年か?規制緩和に向けて破竹の進撃

 小型・ひとり乗り・電動マイクロモビリティーのシェアリングサービス『LUUP』の快進撃が止まらない。

「3密を避ける移動手段として注目を集めた電動キックボードは、コロナ禍が落ち着き始めたことで、公共交通手段では遠回りせざるを得なかった目的地間をダイレクトにつなぐという、本来の有用性を評価いただけるようになりました」(Luup代表・岡井大輝さん)

 現在、電動マイクロモビリティーユーザーの9割以上が短距離移動にLUUPを利用するといわれるが「まだ実証実験の段階です」と岡井代表。

 電動キックボード元年は、2022年可決の改正道路交通法施行年。運転免許が不要になるなど改正法で一部規制が緩和。電動キックボードの民主化が一気に加速する。

〈ヒットの理由〉どこからでも乗れ、好きな場所に返せる

2022年12月現在、ポート数は2400か所以上を数える。その多くがコンビニ前など、生活者にとって身近な場所にあり、バスや電車が通っていない場所への移動をスムーズにした。

「この1年、利用している人をそこかしこで見かけるようになりました。自由で爽快な新しいEVコミューターといったイメージです。」

フリーアナウンサー
宇賀なつみさん

文/DIME編集部

DIME2023年2・3月合併号では「2022ヒット商品BEST100」を大特集!

2023年12月発売のDIMEでは「ヒット商品BEST100」をご紹介! 2022年にヒットした商品を編集部が総出で紹介します。そのほか「2022年第35回小学館DIMEトレンド大賞」も発表! これまでにない超豪華付録と併せて、ぜひ書店でお買い求めください!


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。