小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

陸上養殖のブランド魚が続々登場!日本の漁業を変える「さかなファーム」の戦略

2022.12.13

21世紀の漁業の鍵をにぎる養殖ビジネスに、新しいアプローチで挑むさかなファーム社。研究機関と生産者、そして料理人をも巻き込んで、根本的に課題を解決するモデルが興味深い。

食文化が育んだ日本人の強みとは?

「陸上養殖なら、世界中どこでも魚を地産地消できる」とは、同社代表の原氏。輸送が必要なくなるので、最終的な価格も下げられる。

生産量は安定するし、陸上で育った魚が、海面養殖の魚と同等の価格で流通する時代が、遠からず訪れるはず。2022年12月には、アトランティックサーモンの国内最大級の陸上養殖施設「富士小山養殖場」が静岡県小山町で操業を始めた。卵から育てて2024年半ばから出荷、2027年には年間5300トンの生産を見込む。
そんななかでも、陸上養殖魚のブランド化にこだわるさかなファームは特異な存在。目指すのは、養殖技術の輸出だ。

「日本人は美味しい魚をつくるのがうまい」と原氏。顧客の舌が肥え、評価が厳しい日本のマーケットで受け入れられた商品は、世界にも通用する。それらを砂漠の大地でも、極寒の森でも、育てられるようになるわけだ。

同社は生産者向けに養殖生産管理アプリ「sakanafarm」を提供しており、データに基づいた再現性の高い生産の仕組みも用意する。商品そのものや、プラントなどのハードではなく、魚食文化という日本のソフトを持って、世界へ進出していく。

さかなファーム

取材・文/ソルバ!
人や企業の課題解決ストーリーを図解、インフォグラフィックで、わかりやすく伝えるプロジェクト。ビジネスの大小にかかわらず、仕事脳を刺激するビジネスアイデアをお届けします。 
https://solver-story.com/

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。