小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2023年から始めたい!書く瞑想「ジャーナリング」を採り入れた手帳術

2022.11.14

ジャーナリングでその日1日を振り返る

吉村さんと同じように、ジャーナリングを毎日の振り返りに活用するためにおすすめなのが、ノートではなく手帳に書き込むことだ。今日やったことや食べたもの、会った人などをライフログとして記入することでもその日1日を記録できるが、頭の中にある思考についてもジャーナリングで手帳に落とし込むことで、より自分自身を客観視することができる。

こんなライフログを兼ねたジャーナリングができる手帳としておすすめなのが、ライフログ手帳として定評のあるコクヨの『ジブン手帳』だ。中でも1日1ページタイプの『ジブン手帳DAYs』は、24時間軸がページの中央に配置されているので、左右に異なる内容を書き分けしやすい。

『ジブン手帳DAYs』。左右のスペースに仕事と家族の予定、ToDoリストとライフログなどを書き分けできる。

月の初めには扉ページがあり、目標や出来事などをまとめられる。

この手帳の1ページの左スペースをライフログ、右スペースをジャーナリングに使うことで、両方の内容をわかりやすく記入できる。左には行動、右には思考が書かれているので、後から見返した時に、日記とはまた違った形で、その日の自分を意識できるはずだ。

右スペースをライフログ、左スペースをジャーナリングに活用した例。ライフログは記録として残したいことを書こう。

「いきなりたくさん書こう!と気負わなくても、まずは食事の内容や、歩数など、小さなことからでも大丈夫です。ダイエットや資格の勉強など、習慣化したいことと関連付けるとモチベーションを持って続けやすいと思います」とアドバイスする。

『ジブン手帳DAYs』は1日1ページ手帳とはいえ、半年ごとの分冊仕様なので、持ち運びやすい。A5スリムサイズに加え、B6スリムサイズの『ジブン手帳DAYs mini』もあるので、1ページを文字で埋める自信のない人は、miniから始めてみるのもいいだろう。

『ジブン手帳DAYs』(A5スリム)2冊4180円、『ジブン手帳DAYs mini』(B6スリム)2冊3520円。

来年もまだまだ不安な日々は続きそう。テレワークが普及したことでも自己管理が求められるので、自分の意識や成長を実感できるこのような取り組みは重要。今年もあと2カ月を切った。2023年に向けて新しい習慣として、ジャーナリングの手帳術を採り入れてみてはいかがだろうか。

ジブン手帳

取材・文/綿谷禎子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。