小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日本で開催されるeスポーツ大会の賞金が海外の大会より少ない理由

2022.11.15

近年幅広い人気を集めているeスポーツの大会は、日本でも盛んに開催されるようになりました。

しかし、日本のeスポーツ大会では、海外の大会に比べると、高額の賞金が出る例はそれほどありません。優勝した場合でも、数万円程度の賞金にとどまるケースが多いです。

なぜ日本では、eスポーツ大会の賞金が出しにくい状況になっているのでしょうか? 今回は、eスポーツ大会の賞金と日本の法律の関係性などをまとめました。

1. 日本のeスポーツ大会は、海外よりも賞金が少ない

最近では、日本でも高額賞金が提供されるeスポーツ大会が開催されつつあります。

たとえば、オンライントレーディングカードゲームの『Shadowverse』について開催された「Shadowverse World Grand Prix 2021」は、賞金総額2億8000万円、優勝賞金1億5000万円という高額大会でした。

また、スマートフォンアプリの『モンスターストライク』について開催された「MONSTER STRIKE GRANDPRIX 2021」も、賞金総額8000万円、優勝賞金5000万円の高額大会となっています。

しかし、海外で開催されるeスポーツ大会の賞金額は、総じて日本のeスポーツ大会よりも高額です。

たとえば、サードパーソン・シューティングゲームの『フォートナイト』について開催された「Fortnite World Cup 2019」は、賞金総額約3000万ドル(当時約33億円)、優勝賞金300万ドル(当時約3億3000万円)の超高額大会でした。

同タイトルについて日本で開催された「Sony Japan Cup 2021 featuring Fortnite」が賞金総額300万円、優勝賞金150万円であったことに比べると、海外におけるeスポーツ大会の賞金は桁違いと言わざるを得ません。

このように、日本でも高額賞金のeスポーツ大会が開催されつつあるものの、海外に比べると、賞金額の面ではまだまだ劣勢という状況です。


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。