小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日常会話で「感じがいい人」と思われるリフレーミングの極意

2022.12.03PR

日常会話

「感じがいい人」と思われるためのちょっとしたコツ。それは決して難しいことではなく、考え方や捉え方を変えるだけで誰でも実践できる。職場で、普段の生活で、意識するだけで好転するコミュニケーションのノウハウを大野萌子さんが伝授!

日常会話編

Q1|ネガティブ発言を止めるにはどうしたらいいですか?

A|「リフレーミング」でプラスの言いかえを意識しましょう

「怒りっぽい」「甘えん坊」「頑固」……。こうしたネガティブな性格表現は、時に相手を怒らせたり、不快な気持ちにさせてしまうもの。

 その解消には、物事を違う角度から捉えるテクニック「リフレーミング」を利用した言いかえを試してみるのがおすすめだ。

 例えば、前述の「怒りっぽい」は「正義感が強い」、「甘えん坊」は「人懐っこい」、「頑固」は「意志が強い」に変換。このようにマイナスに捉えられがちな言葉も、プラス表現に言いかえることで、相手は気持ちよく受け止めることができ、声かけした側の好感度もアップする。

「自己肯定感が低い人ほど、ネガティブな言葉を発しやすい。まずは自分を認め、自信を持つこと。そうすれば心に余裕ができて、人にもやさしくなれる。ネガティブ発言も自然と少なくなるはずです」

リフレーミング集

■ 感じいいPOINT「自分が言われて嫌な言葉は相手にも使わない。自分を認められれば、ネガティブな発言は自然と減ります」

日常会話編

Q2|言わなくてもいい余計なひと言を言いがち。どうすれば避けられる?

A|「間(ま)」を大切にして、自分の考えをまとめましょう

 誰かと話している時、つい言わなくてもいい余計なひと言を口走ってしまう人も多い。その原因の多くは、早く返事をしようと焦るあまりに頭でしっかり考えず、思いつきで言葉を発してしまうから。自分の考えを確実に伝えたいなら、あえて考える時間=「間」を取ることが大切だ。
 大野さんいわく、沈黙は聞く気がない人を振り向かせる時にも有効とか。確かに、相手が急に黙ると気になるもの。相手の注意をひきつける際にも「間」を活用したい。

■ 感じいいPOINT「話し始める際にひと呼吸することも大切。〝間〟を置かず、矢継ぎ早に答えると、相手の理解を邪魔することにもなります」

Q3|悩みを相談された時、どんな言葉をかけてあげればいいですか?

A|「(あなたは)○○だったんだね」と「共感」すること

 悩みを聞く時のポイントは相手に「共感」すること。「(あなたは)○○がつらかったんだね」などと、相手を主語にして「共感」する。それだけで、相手は自分の気持ちをわかってくれたと慰められるのだ。

 この時大切なのは「わかるよ」「私もそうだった」と「私」が主語になる「同感」を挟まないこと。というのも相手は、自分以外の他人が主語になる話に違和感を感じるから。

 相手に「共感」して自らの気持ちに気づかせ、考えをまとめる手助けをする。それだけでいいのだ。

■ 感じいいPOINT「基本的に自らはアドバイスはしない、経験を話さない。自分のことは相手から聞かれた場合のみ話すのが適切です」

取材・文/内野智子 イラスト/江口修平

感じがいいで得をする65のコミュニケーション事例を紹介する
「『感じがいい人』の行動図鑑」

『仕事も、人間関係も、驚くほどうまくいく!「感じがいい人」の行動図鑑』
著/大野萌子 定価1430円(税込) 小学館

いつもの行動や話し方、言葉遣いにちょっと工夫をするだけで、相手に好印象を与えるように生まれ変わる。ビジネスパーソンのために実践的ですぐに役立つコミュニケーション術を解説した行動指南書。これを読めば、きっと仕事も人間関係も、驚くほどうまくいくようになるはず!

Amazonで購入する

楽天ブックスで購入する

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。