小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

GoogleのAIと先進機能をフル活用した「Pixel 7 Pro」は真のコスパ最強スマホか?

2022.11.10

AIの進化で実現した「顔認証」と「ボケ補正」

 その顔認証は、Tensor G2によって実現した機能の1つだ。顔認証は、大きく2つに分かれる。1つが、iPhoneのFace IDのように顔を3Dとして捉えるもの。もう1つが、画像として平面的に顔を照合するものだ。当然、3Dで情報量が多いぶん、前者の方が安全で誤認識も少なくなる。一方で、後者は平面的な情報しかなく、認証の強度は下がる。「Pixel 4」「Pixel 4 XL」では3Dの顔認証機能を搭載していたが、以降のモデルでは採用が見送られていた。

 Pixel 7 Proの顔認証は、AIでその安全性を高めている。ただし、顔認証は単独では利用できず、あくまで指紋認証と併用する形を取る。また、顔認証に対応しているのは、画面のロック解除のみ。決済での利用やWebのパスワード入力の際には、指紋認証が必要になる。シーン限定とは言え、指紋認証と顔認証がシームレスに連携したことで、ロック解除の操作性は大きく上がっている。わかりやすいのは、そのユーザーインターフェイスだ。

Pixel 4シリーズ以来となる顔認証に対応。ただし、その方式は異なり、画面ロック解除以外には利用できない

 ディスプレイを点灯させると顔認証が自動的に始まり、ロックが解除されると画面上には鍵が開いたマークが表示される。このマークの位置は、指紋センサーと同じだ。ユーザーにとっては、顔認証だろうが、指紋認証だろうが、画面の同じ場所をタップすればロックが解除できるというわけだ。指紋認証と顔認証に両対応しているモデルはほかにも多いが、指紋認証との統合のうまさではPixel 7 Proに軍配が上がる。

顔認証が指紋認証を先回りする形でロックが外れる。あとはアイコンをタップするだけだ

 AIの処理能力を向上させたことで実現した、もう1つの注目機能がボケ補正だ。これは、Googleフォトに実装された機能。Googleフォトといえば、クラウド上での正確な被写体認識や写真の自動処理が有名だが、ボケ補正はPixel 7 Proの端末内部で処理を行っている。ゆえに、Googleフォトに実装されているからといって、ほかの端末では利用できない。

ボケ補正は、Googleフォトの新機能。ただし、処理はローカルで行うため、Pixel 7シリーズでしか利用できない

 “ボケ”と銘打たれてはいるものの、実際には被写体ブレや手ブレを補正する機能に近い。ボケ補正は、こうした“失敗写真”を、クッキリと補正する。ただし、効き具合は写真次第といったところ。拡大するとディテールが甘くなっている写真がシャキッとすることもあれば、あまり変化がないようなこともある。いずれにせよ、被写体ブレが激しすぎる写真はさすがに補正しきれない。過度な期待は禁物だが、あると便利な機能だ。こうした機能の位置づけは、Pixel 6/6 Proの際に実装された「消しゴムマジック」に近いかもしれない。

ボケがうまく補正できたケース。クッキリした写真に仕上がっている


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。