小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アメリカでお酒を飲めるがあえて飲まない「ソバキュリアン」が増加している理由

2022.11.07

「ビールは喉ごし、ワインは香り」とアルコールは飲んで、のど越しや芳醇な香りを楽しむモノと思っていたのはもう古い?アメリカでは今若者を中心に凍ったアイスバーのアルコールなどビール以外のアルコール商品が人気上昇中だ。

若者のアルコール離れは日本だけじゃない!

日本でも若者のアルコール離れが進んでいると言われ、2017年厚生労働省が作成した「国民健康栄養調査」の「週3日以上、1日1合以上飲酒する」人の20~29歳の割合は、20年前に比べると男性はほぼ半分に減り、女性に至っては半分以下、3%と飲酒習慣率が低くなっている。

そしてこの「アルコール離れ」によって、ノンアルコールの商品が次々登場。ノンアルコール専門のバーも登場するほどになっている。しかし、この「アルコール離れ」は日本に限ってだけではない。国別ビール消費量2位のアメリカでも若者のアルコール離れが進んでいる。

Sober Curious(ソバーキュリアス)が増えるアメリカ

あえて飲まない生き方「ソバーキュリアス」が増えるアメリカ。スポーツ観戦や結婚式など、さまざまな節目でアルコールは欠かせず、「飲まない選択」は今まで好まれていなかった。しかし、昨今は健康に良いこともあり、飲めるがあえて飲まない「ソバキュリアン」が、若者を筆頭に増えつつある。

昔は飲めないとカッコ悪いイメージがあったが、今は「飲まないほうがクール」と考える人も多く、時代の変化を感じる。

アルコールもアイスになる時代

飲むアルコールも変化している。ビール大国アメリカではビールの種類が豊富。スーパーマーケットではさまざまなスタイルのビールが販売されているが、ここ数年ハードセルツァーなどライトアルコールや、ジンやラムなど使用したカクテルが人気。

そして、それらのスピリッツ系を使用したカクテルは缶だけでなく、粉末で水に混ぜて飲めるモノまでさまざまな形態のモノが登場。

その中でも、若者に支持を得ているのがアイスキャンディ型のアルコールだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。