小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

使ってみたら超便利!老舗鍵メーカーが作ったスマートロック「SADIOT LOCK2」

2022.11.03

何でもスマホで済ませたい

取材の時のマストアイテムは、デジカメ、ICレコーダー、iPad、名刺だったが、これが最悪、スマホだけでも何とかなるようになった。むしろ、財布を忘れてもいいが、スマホを忘れたら取りに帰るほど重要度がアップしている。しかし、家の鍵だけはスマホで代用できなかった。

この問題を解決するのがスマートロックである。既存の錠前に後付けして、スマホで施錠、解錠がおこなえる。それだけではなく、家に近づくだけで解錠されるハンズフリー機能、家から離れると施錠されるオートロック機能も使えるという。今回は日本の老舗鍵メーカー、ユーシン・ショウワと総合精密部品メーカー「ミネベアミツミ」のノウハウが相い合わさってSADIOTが11月1日に発売した「SADIOT LOCK2」(1万3200円)を借用して、その多彩な機能を体験してみた。

パッケージに含まれる付属品。多くは厚みを調整するためのスペーサーである

スマートロックの電源はCR123Aリチウム電池2個で約半年、4個で約1年間使える

取り付けは両面テープで貼るだけ

スマートロックの仕組みは、現在の錠前を施錠・解錠するために回すサムターンと呼ばれるツマミを人間の代わりにモーターで回すというシンプルなものだ。そこで、サムターンの形状によっては取り付け不可の場合がある。正方形や楕円形はNGだ。さらに引き戸とガードロックにも非対応、防犯サムターンの一部も使えず、取り付けスペースも必要なので、購入前にWebサイトの可否確認で自宅の鍵に適合するかどうか確認してみよう。

拙宅の場合はスペース的にギリギリで問題なかった。鍵自体はスリムでスペーサー不要だったため、工具なしで取り付けられた。付属の両面テープをはがして、指定の位置に貼り付けて2分間圧着させれば完成と気が抜けるほどカンタンだった。続いてオートロック用の開閉センサーを両面テープで貼り付ける。これでスマートロックが設置できた。電池を入れたケースを本体に収めるとLEDが点灯する。スマートロック側のサムターンに装着された留め金を引き抜けば準備完了。あとは専用アプリを使ってアカウント登録をおこなう。

本体重量約168gと意外に軽い。カラーはブラック、ホワイト、ストーングレイ、ショコラブラウン、クレイベージュの5色がある

このように錠前のサムターンが四角、丸、楕円など厚みがあるタイプには使えない

付属の両面テープを使って固定する。落ちないか心配だが超強力で、むしろはがすのが大変だった

取り付け完了。スマートロックのサムターンを手で回すことはほとんどなくなった

開閉センサーを取り付ける。これでドア開閉を検知しオートロックができる。また、ロックの閉め忘れや開閉履歴なども分かるようになる


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。