小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【最新ビジネス解説】利用しない時はホテルになる!NOT A HOTELの1日単位で利用できるNFTメンバーシップ住宅

2022.09.20

ホテルであってホテルではないーーユニークなビジネスモデルで注目される「NOT A HOTEL」。暮らしや旅に新しいスタイルを持ち込むビジネスが、さらにNFTの仕組みを活用した「NOT A HOTELメンバーシップ」をリリースした。

NFTを活用したビジネスが次々と生まれるなかで、これは生活者の意識を変えるアイデアになるのではないか? NOT A HOTEL社代表で創業者の濵渦伸次氏に話を聞いた。

自宅にもホテルにもなる超スイートルーム

NOT A HOTELは、1部屋(棟)100〜300平米、部屋によってはプールやサウナ、温泉付き露天風呂も備える「超」ラグジュアリーな別荘向けの住宅だ。最大12口(年間30日分)のシェア購入が可能で、通常数億円する物件を2000万円台から手に入れられる。

さらに、オーナーは自分が使わないときは、同社を通して部屋を宿泊客に貸し出すことができ、ホテル運用の収益で投資回収されるという仕組み。

自宅利用↔ホテル利用の切り替えは、アプリで手続きが完了する。ホテル利用に設定した日の利用権は同社が買い上げ、集客、清掃、決済などの運用は同社が行う。オーナーに一般的な民泊のような手間はかからない。

現在、宮崎県の青島、栃木県の那須、福岡県の福岡市の物件を販売中。今後は全国に拡大予定で、オーナーは自分の別荘の利用日数を使用して、すべてのNOT A HOTELを利用できる。

また2022年6月には、NOT A HOTELを年間1日単位で利用できるNFT「NOT A HOTELメンバーシップ」の販売を開始した。一口125万円で、有効期限は47年間。毎年同じ日に、異なるNOT A HOTELの宿泊利用権がランダムに与えられる。

別荘とホテルビジネスのDX

濱渦氏が、はじめから現在のビジネスモデルを考えていたわけでなく、当初は純粋なホテルとして構想がスタートした。

「ラグジュアリーな超スイートルーム」という空間のコンセプトは変わらない。しかし、そうした宿泊事業は「前例がない」と金融機関の融資を断られ続け、そこへコロナ禍が追い打ちをかけた。ビジネスモデルの転換を迫られて、2020年4月、NOT A HOTELとして、ホテルにもなる住宅販売の事業を開始した。

2021年9月に販売開始すると、24時間で15億円分の物件が売れた。2022年7月現在、1年足らずで30億円分が完売している。形は変わったが、濱渦氏らが見込んだ「ラグジュアリーな超スイートルーム」のニーズは、潜在していた証だろう。

ところが、物件はまだ一棟も建っていない、というのがおもしろい。内見もモデルルームもなし、CGを見せるだけ、しかもオンラインストアのカートで、数千万〜数億円の物件を販売している。

同社はあらかじめ土地の買収や設計は行うが、物件は売れてから建てるというモデル。建物ができた時点で、土地や設計コストも含めて、すでに投資回収が完了していることになる。

濱渦氏はこの状態を「稼働率100%のスイートルーム」と表現する。

一般にスイートルームの稼働率は低いが、空室でも管理や減価償却にコストがかかり、通常それは宿泊費に反映される。例えば、稼働率10%で1泊30万円のスイートルームは、空室9日分の費用を宿泊客が支払っている可能性がある。もし稼働率が100%なら、適正価格は1泊3万円前後だ。

始めに設備投資して客室を稼働させ、何年もかけて回収する一般的なホテル事業では、こうしたムダが避けられない。解決するには、オーナーとして暮らしてもらうスタイルが適切で、使わない日はゲストに貸すことで、さらに物件を効率よく活用できる。

こうして考えると、同社が提供する価値は「高いお金を払ってもしたい特別な体験」(おそらく当初はこちら)だけでないことがわかる。常識を取り除き、ムダを省くことで「憧れのライフスタイルを実現しやすくする」のが、NOT A HOTELの真骨頂だ。

NFTを活用したNOT A HOTELメンバーシップは、まさに後者の価値を提供する施策だ。シェア購入で投資額が下がるとは言え、数千万円を支払える人は限られており、利用しやすいサービスを求める声が大きかったという。

125万円の年1回利用権(47年間有効)を、1泊あたりで計算すると約2万7000円。使わなかった利用権がムダにならないよう、所有者が明確で、譲渡や売買がしやすいNFTを採用した。

二次流通で価値が上がれば、元手以上の収益を得る可能性もある。分割購入の別荘を柔軟に資産として運用できるのは、オリジナルのNOT A HOTELと同様の思想だ。

将来的には、世界中の国や地域に施設を増やしていく見込みだが、拡大とクオリティはカギ。ふつうの生活をするオーナーが、年に数日間、信じられないようなラグジュアリーな暮らしが、世界のあちこちでできるようになる。

デジタルを活用してお金の流れを変え、新しい体験とビジネスモデルを創出する。DXの参考にしたいビジネスストーリーだ。

◯プレスリリース
NOT A HOTEL を1日単位で利用可能なNFTを販売

取材・文/ソルバ!
人や企業の課題解決ストーリーを図解、インフォグラフィックで、わかりやすく伝えるプロジェクト。ビジネスの大小にかかわらず、仕事脳を刺激するビジネスアイデアをお届けします。 
https://solver-story.com/


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。