小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

意外と簡単!Googleスプレッドシートでグラフを作る方法

2022.09.18

 Googleスプレッドシートは、Excelと同じくグラフ機能を備えている。表のデータを視覚的に見せられる上、スプレッドシートで作成したグラフをコピーしてGoogleドキュメントやGoogleスライドで使用することも可能だ。

本記事では、スプレッドシートのグラフの作り方とカスタマイズの方法を解説する。 

スプレッドシートでグラフを作る手順

スプレッドシートでは棒グラフ・折れ線グラフ・円グラフ・複合グラフ(2軸グラフ)などを作成できる。それぞれの手順を見ていこう。

棒グラフの作り方

グラフにしたいデータを選択し、上部メニューの「挿入」から「グラフ」選択する。

シートの中央部分に棒グラフが作成され、右サイドにグラフエディタが開く。初めてスプレッドシートでグラフを作成する場合は、デフォルトで棒グラフが作成されるようになっている。

 

折れ線グラフの作り方

折れ線グラフを作る場合は、グラフエディタの「グラフの種類」をクリックし、折れ線グラフを選択すると、簡単にグラフの種類を変更できる。

なお、グラフのタイトルを変更したい場合は、タイトル部分をダブルクリックすると、グラフエディタが「設定」から「カスタマイズ」に切り替わり、任意のテキストに変更できる。

 スプレッドシートでは、棒グラフ・折れ線グラフのほかにも円グラフや積み上げグラフ、面グラフ、散布図など全部で32種類のグラフを作成できる。それぞれのデータの特性によって適したグラフを選択するようにしたい。

複合グラフ(2軸グラフ)の作り方

2種類の異なるデータを1つのグラフ上で見せたい場合は、複合グラフ(2軸グラフ)が便利だ。複合グラフは、範囲選択→「挿入」→「グラフ」でグラフを作成、グラフエディタの「グラフの種類」で複合グラフを選択する。

 このように、複合グラフも他のグラフと同様の手順で作成可能だ。ただし、2種類のデータをわかりやすく見せるには、縦軸の単位やグラフの色を変更したほうが、よりわかりやすい場合がある。

今回のケースでは、気温の折れ線グラフがいずれも下に偏っているため、右軸を利用して見やすく調節したい。次項では、このようなグラフのカスタマイズ方法について解説する。

スプレッドシートのグラフをカスタマイズする方法

グラフのカスタマイズは、グラフエディタのカスタマイズ画面で行う。

右軸の単位を追加して2軸のグラフを見やすくする

カスタマイズ画面のメニューから「系列」→「すべての系列に適用」のプルダウンから調整したいデータ(今回は「平均」)を選択する。

「軸」の項目が出てくるまで下にスクロールし、「左軸」の部分を「右軸」に変更すると気温の軸を右側に追加できる。

「系列」に戻り、その他の折れ線グラフ(日最高、日最低)も同じように「左軸」→「右軸」に変更することで見やすいグラフに調整できる。

グラフの色を変更する

グラフ同士の色が重なって見にくい場合は、色を変更することで見やすくできる。

「系列」欄で変更したいデータ(今回は「降水量(mm)」)を選択するか、グラフ上で棒グラフをクリックし、グラフエディタの「塗りつぶしの色」を任意の色に変更する。

凡例の位置を調節する

凡例の位置を移動したい場合は、グラフエディタのカスタマイズ画面で「凡例」を選択し、位置のプルダウンから任意の項目(今回は「下」)を選ぶと、グラフの所定の場所に凡例を移動できる。

軸の間隔を調節する

縦軸や横軸の目盛りを調整したい場合も、グラフエディタのカスタマイズ画面から設定できる。

今回は、気温の表示を上限40℃から上限35℃に変更することで、折れ線グラフの数値の変化をよりわかりやすくしたい。

まずはカスタマイズ画面の「右の縦軸」を選択し、「最小値」「最大値」の数値を設定すると、右軸の目盛りがより細かく表示されるようになる。

作成したグラフをコピーするには?

スプレッドシートで作成したグラフは、コピーしてGoogleドキュメントやGoogleスライドで使用できる。

グラフをコピー&ペーストする方法

コピーしたいグラフをクリックし、右上のメニューから「グラフをコピー」を選択する。

コピーしたグラフは、コピー先のファイルで右クリックして貼り付けるか、「Ctrl v」でペーストできる。

なお、貼り付ける際は「スプレッドシートにリンク」と「リンクなしで貼り付け」から選択可能。「スプレッドシートにリンク」を選択した場合は、スプレッドシート上でデータを更新するのに合わせて、貼り付け先のグラフも更新される。グラフを差し替える手間が省けるため、更新頻度の高いデータをグラフ化する場合に役立つだろう。

 

※データは20228月下旬時点のもの。

※情報は万全を期していますが、正確性を保証するものではありません。

※製品およびサービスのご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/編集部


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。