小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「iPad Pro」は噂の新型を買うべきか?現行モデルを買うべきか?

2024.05.01

「M2」チップを搭載し、ストレージ容量も最大で2TBが用意されるなど、PCクラスの性能を持つ「iPad Pro」。

それでいて11インチのWi-Fiモデルなら466gと500gを切る軽量で、しかも5G通信に対応するなどモバイル性能にも優れているため大人気となっています。

そんなiPad Proの現行モデルが登場したのは、2022年10月のこと。新型の登場が期待される中、新型「iPad Pro」は登場するのでしょうか?

【参考】iPad Pro – Apple(日本)

iPad proの2024年モデル、発売日はいつ?

iPad Proのモデルチェンジは、2017年6月、2018年10月、2020年3月、2021年5月、2022年10月に行われてきました。ほぼ1年ごとにモデルチェンジされていることから、2023年に新型が出るのでは? と噂されました。

しかし、2023年に新型iPad Proは登場せず。2024年に新型が登場するのでは? と噂されています。

そのタイミングは、2024年5月か、同年9月にリリースすると予測される新型「iPhone 16(仮称)」シリーズの発表に合わせるという2説が有力です。

改めて現行のiPad Proをチェック

新型が噂される中、改めて現行モデルをチェックしてみましょう。

12.9インチiPad Pro(第6世代)

12.9インチのiPad Pro(第6世代)は、2732×2048ピクセル解像度、264ppiのLiquid Retina XDRディスプレイを搭載。チップにはアップルの「M2」が搭載されています。

サイズは幅214.9×高さ280.6×厚さ6.4mm。重量はWi-Fiモデルは682g、Wi-Fi + Cellularモデルが684gとなっています。

容量は128GB、256GB、512GB、1TB、2TBをラインアップ。価格は128GBが17万2800円から。2TBが34万8800円から。カラーはスペースグレイとシルバーから選べます。

11インチiPad Pro(第4世代)

11インチのiPad Pro(第4世代)は、2388×1668ピクセル解像度、264ppiのLiquid Retinaディスプレイを搭載。チップにはアップルの「M2」が搭載されています。

サイズは幅178.5×高さ247.6×厚さ5.9mm。重量はWi-Fiモデルは466g、Wi-Fi + Cellularモデルが468gとなっています。

容量は128GB、256GB、512GB、1TB、2TBをラインアップ。価格は128GBが12万4800円から。2TBが30万800円から。カラーはスペースグレイとシルバーから選べます。

参考:https://www.apple.com/jp/ipad-pro/specs/

デザインはどうなる?噂される新型iPad Proを予想

それでは、新型iPad Proがどんなモデルとして登場するのか、予想してみました。

デザイン

11インチモデル、12.9インチモデルのサイズはほぼ変わらず、デザインの変化も最小限に留まるのでは?という説が有力です。

そんな中、12qに変更されるといった噂も出ています。そのため、サイズは変わらないものの、厚さが若干薄くなる可能性があるようです。

チップ

2022年3月に登場し、「M1」チップを搭載した「iPad Air(第5世代)」も進化が予想され、「M2」の搭載や、10.9インチモデルに加えて12.9インチモデルの登場も噂されています。

「iPad Air(第5世代)」

「M1」チップ、「M2」チップ(イメージ)

iPad Proの現行モデルが搭載するチップは「M2」ですが、新型iPad Proは「M3」もしくは、さらに進化して「M4」を搭載して、iPad Airとの差別化を図るという噂があります。

ストレージ容量

現行のiPad Proもストレージ容量は、128GB、256GB、512GB、1TB、2TBの5種類から選べるようになっています。

新型もこちらを踏襲するのでは? と予測されますが、128GBがラインアップから外れ、256GBから2TBまでの4種類になるという説もあります。

カメラ

iPad Proは、画像処理も速くて動画編集も可能なスペックになっています。そこで、高画質を求める声は高まっています。

広角と超広角に加えて、iPhone 15 Pro同様にズーム性能を向上させてくるかもしれません。

また、AIによる処理も進み、より繊細で高画質な画像を楽しめるようになりそうです。

充電機能

Qiワイヤレス充電が搭載される噂が出ています。その際はガラス張りになることも考えられます。

iPad Proは新型の発表を待つべき?それとも価格上昇前に現行を買うべき?

アップルは円安と世界的な物価嵩傾向を受けて、製品の値上げを行いました。現行のiPad Proも販売価格の見直しを受けています。

円安傾向は継続中であり、世界中で資材価格の上昇が見られるため、噂される新型iPad Proの価格は現行モデルよりも高くなる可能性があります。

現行モデルは「M2」チップ搭載で優れた性能を発揮します。デザインや機能の進化も、2024年の新型はやや小粒という見方もあるので、現行品を購入する、あるいは、次期モデルの価格発表を見てから、現行モデルの在庫品を急ぎオーダーするというのもありかもしれません。

こちらもチェック!

じつはかなりスゴい!?iPadのカメラスペックを機種別に調べてみた

使い方や予算に合わせて選ぶならどれ?アップルストアで買えるiPadシリーズの価格を比べてみた

M2チップやiPadOS 16を搭載した新型「iPad Pro」の進化ポイントを3分でおさらい

※データは2024年3月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。

文/中馬幹弘

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。