小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

DEEN池森さんの乾麺蕎麦レシピを再現!やみつきになる「濃厚マッシュルームつけそば」の作り方

2022.07.10

話題沸騰!DEEN池森氏考案のオリジナル蕎麦を作ってみた【DEEN池森の絶品蕎麦レシピvol.⑥】

今や、芸能界随一の蕎麦好きとして知られる、人気ロックバンドDEENのボーカル・池森秀一氏。5月30日に発売された初のレシピ本(『分とく山・野﨑洋光監修 DEEN池森の「創作」乾麺蕎麦レシピ』)も大好評だ。そこで、この本の中から気になるレシピを実際に作って食べてみた。

今回挑戦したのは、本書の中で池森氏自らが「池森流創作レシピの中で一、二を争う自信作です!」とコメントしている蕎麦「濃厚マッシュルームつけそば」。期待が高まる。
※分量は『DEEN池森の「創作」乾麺蕎麦レシピ』でご確認を。

15年以上、365日ほぼ毎日食べ続けるほどの蕎麦マニアの池森氏。
※参考「365日毎日食べるほど蕎麦が大好き!?DEEN池森秀一氏が蕎麦にハマった理由

分とく山・野﨑洋光監修 DEEN池森の「創作」乾麺蕎麦レシピ
池森秀一・著 小学館・刊 定価1650円(税込)

Amazonで購入する

楽天ブックスで購入する

ちなみにこの本の監修は、日本を代表する料理人「分とく山」の野﨑洋光氏。池森氏が提案するポップで自由奔放な創作蕎麦レシピ25品と、それにヒントを得た野﨑氏の創作蕎麦レシピ25品が対になっていて、合計50品が紹介されている。

材料はちょっと多めだが、作り方はシンプル

材料は以下のとおり。※分量は『DEEN池森の「創作」乾麺蕎麦レシピ』でご確認を。少し多いので、「調味グループ」と「風味グループ」に分ける。

「調味グループ」は、
・白だし
・昆布だしつゆ
・オリーブ油
・特濃豆乳
・トリュフ塩

トリュフ塩は、たまたま貰い物があったので使ったが、「トリュフ塩なしバージョン」で作っても十分美味しかったのでご安心を。これを、先に混ぜておく。

続いて風味チーム。
・バター
・粗挽き胡椒
・カイエンペッパー(今回は一味唐辛子で代用)
・トリュフ醤油(今回は一般的な醤油で代用)
・ニンニク
・生唐辛子

ちなみに、生唐辛子は1人に種ごと1/2本使ったら、仕上がりはかなりスパイシーだった。辛いのが苦手な人は1人1/3本~1/4本くらいにしたほうがいいかもしれない。

そして

主役のマッシュルーム。

大胆すぎる調理法に、池森氏のワイルドな一面を見た!

生唐辛子は種ごと輪切りにし、オリーブ油を引いたフライパンで、ニンニクとともに弱火で炒める。ニンニクがきつね色になったら

マッシュルームを細かくちぎりながら加えてさらに炒める。

そこに調味料を加え

フライパンを火にかけたまま、ハンドブレンダーでペースト状にしてから、バターを加える。

フライパンで直接、というところにかなりビビったが、ハンドブレンダーの刃が直接フライパンにあたることはないので大丈夫だった。とはいえ、不安な人は(洗いものは増えるが)ボウルに移してやったほうが心穏やかに作れるかもしれない(池森氏の意外にワイルドな一面を見た想いだった…)。

スリリングだったが、できあがりはこのとおり、フランス料理店に出てくるポタージュスープのよう。だが果たして、これが蕎麦と合うのだろうか…

仕上げのスパイストッピングをお忘れなく

このつけつゆに合わせる蕎麦は、「九割蕎麦」がおすすめされている。かなりボリューミーなので、やはり力強い味わいのものが合うのだろう。表示通り茹でたら水で洗い、よく水気を切って盛り付けておく。

食べる直前に、カイエンヌペッパーまたは一味唐辛子、粗挽き黒胡椒を好みの量、万能ねぎを少々、あればトリュフ醤油を回しかける。

かなりクリーミィなつゆなので、このスパイス類のトッピングがあるとないのとで大違い。ぜひ忘れずに入れて欲しい。

万能ねぎは、スーパーで売っている冷凍のものを使うと便利。

驚愕!これはもはや、そばつゆではない⁉

蕎麦をつゆにつけて、食べてみた。

見た目から、クリーミィなコクは想像できたが、意外にも予想を裏切るスパイシーな味。前述したように、辛いのが苦手な人は、生唐辛子をごく少な目にしたほうがいいかもしれない。

そんな最初のパンチの後、蕎麦といっしょに味わう。前に作った「濃厚くるみそば」同様、蕎麦とつゆの一体感がすごい。そしてつけつゆというより、フレンチのポタージュのよう。蕎麦をフレンチ風にアレンジしているというより、フランス料理に蕎麦を特別参加させているような…。

だが、合う!たまらなく合うだけに、何かが足りない・・・それは?

本書には「爽やかな甲州ワインといっしょに。」という池森さんのコメントが。そう、このつけつゆは、ただ美味しいだけではなく、ものすごくワインを呼ぶのだ。お茶じゃなく、ワインにするべきだったと、食べ終わってから激しく後悔した。皆さんが作る時はぜひ、よく冷えた白ワインといっしょに味わって欲しい。

取材・文・撮影/桑原恵美子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。