小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【DEEN池森秀一の蕎麦ログ】牛スジが蕎麦と絶妙に絡み合う、手打蕎麦 浜町かねこの「カレー」

2022.05.22

牛スジのカレーそば

日本橋で衝撃を受けた〝牛スジのカレーそば〟

 以前から気になっていた東京・日本橋にある「浜町かねこ」へ初めて足を運んだ。

 この日はとあるイベントへの出演を控えていた。そのため、どうしても開店と同時に入店したかった。開店時間は11時30分。僕とマネージャーの浅田がお店の前に到着したのは、11時頃。さすがに早すぎたなぁ、なんて談笑していたら、ゾロゾロとお客さんが集まりだし、開店15分前になる頃には長蛇の列ができ上がっていたのだった。

 噂にたがわない人気ぶりに浅田と顔を見合わせたが、さらなる驚きが店内で待っていた。注文を終えてひと息ついてから店内を見渡した。稚魚が泳ぐ水槽が視界に飛び込んできた。このお魚を天ぷらにして提供するのだろうか?などと考えていると、注文したお蕎麦が到着!?わずか3分足らずで料理を提供するこのスピード感たるや!これには非常に驚いた。

 さて、この日のお目当てはカレーそばの『カレー』だ。お蕎麦は細切りの十割蕎麦で、具材の主役は牛スジだろう。これまで全国津々浦々のお蕎麦屋さんで、たくさんのカレーそばを食べてきたけれど、牛スジのパターンは初めて。どんなものだろう、とお蕎麦をひと口すすり、スープと一緒に流し込んだ。間違いのないおいしさに、たまらず舌鼓を打った。

 やっぱり僕は、口の中でプチプチと小気味よく切れる、温かい十割蕎麦特有の食感が好きなのだ。それに加えて、じっくりと煮込まれた牛スジがお蕎麦と絡み合い、スルスルと吸い込まれていくこの感覚。〝カレーそばは豚肉派〟である僕のこだわりがグラつくくらいおいしかったので、本当に困った(笑)。夢中になって食べてしまった。

 入店から退店まで15分少々。短い時間だったが、慌ただしさを感じることはなく、満足度の高いランチタイムだった。

 末筆に私事ながらご報告。

 実は近日中に「SOBA CAFE」のオープンを予定している。僕が初めてプロデュースするカフェで、イメージは〝蕎麦のスタバ〟という感じだろうか。お蕎麦を使った創作メニューの開発はいよいよ佳境を迎えようとしているのだが、「浜町かねこ」との出会いでお蕎麦を食べる時の目線が少し変わった気がする。そう思えるくらい得たものが多かった。またひとつお気に入りのお店が増えました。ご馳走さまでした。

『カレー』1200円

牛スジのカレーそば

手打蕎麦 浜町かねこ

手打蕎麦 浜町かねこ

[住]東京都中央区日本橋浜町3-7-3 [電]03・4291・3303
[休]日曜・祝日(月曜はディナーのみ、土曜はランチのみ)
http://www.hamachokaneko.com/

文/池森秀一

池森秀一

いけもり しゅういち

DEENのヴォーカリスト。1993年に『このまま君だけを奪い去りたい』でデビュー。乾麺蕎麦商品をプロデュースするほか、2020年9月に蕎麦専門YouTubeチャンネル『信州戸隠 池森そば 赤坂店』を開設。芸能界きっての蕎麦好きとして有名。

※「池森秀一の蕎麦ログ」は、雑誌「DIME」で好評連載中。なお、本記事はDIME6月号に掲載されたものです。

※本記事内に記載されている商品やサービスの価格は2022年3月31日時点のもので変更になる場合があります。ご了承ください。

DEEN池森秀一さんが乾麺の常識を覆す創作蕎麦レシピ本を発売!

90年代のJ-POPシーンを象徴するロックバンドとして知られるDEENのボーカル・池森秀一さんは15年以上、365日ほぼ毎日食べ続けるほど、こよなく蕎麦を愛するオタクです。人気テレビ番組「マツコの知らない世界」や「家事ヤロウ」への出演で、その偏愛ぶりをご存じの方も多いのではないでしょうか。

そんな池森さんと日本を代表する料理人「分とく山」の野﨑洋光さんが乾麺蕎麦を使った創作料理で夢の競演が実現。それぞれが考案したオリジナルの乾麺蕎麦レシピ50点を、蕎麦に対する熱い思いやこだわりとともに紹介するレシピ本『分とく山・野﨑洋光監修 DEEN池森の「創作」乾麺蕎麦レシピ』が5月30日より発売されることが決定しました。

【参考】https://dime.jp/genre/1358246/

・書名:『分とく山・野﨑洋光監修 DEEN池森の「創作」乾麺蕎麦レシピ』
・著者:池森秀一 監修:野﨑洋光 
・発売日:2022年5月30日
・発行元:小学館
・定価:1650円

※Amazonで予約受付中です。

www.amazon.co.jp/dp/4093115176

※楽天ブックスで予約受付中です。

https://books.rakuten.co.jp/rb/17118464/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。