小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

お酒を飲む場が好きな男性ほど職場における「自己有用感」が高い?

2022.03.11

ビジネスパーソンにとって、出世や職場で上手に立ち回る上で欠かせない飲みにケーション。コロナ禍に伴い、外でお酒を飲む機会が減少傾向にある昨今でもその重要性は変わらないようだ。

株式会社エムエスディが実施した「お酒」や「職場での評価」に関する意識調査によると、お酒を飲む場が好きな男性社員ほど、職場や仕事で自分に対する評価や配慮を感じる、いわゆる自己有用感が高いことがわかった。

なお本調査は、首都圏に住む30代〜50代男性654人を対象にして行われた。

お酒を飲むのが好きである

お酒を飲むことがある30代~50代の男性のうち、「お酒を飲むのが好き」であるという質問に、「非常に当てはまる」「やや当てはまる」と答えた割合は、30代71.4%・40代79.0%・50代79.0%と、年齢が上がるほど少しずつ多くなる傾向があった。

お酒を飲む場が好きだ

また、お酒を飲むことがある30代~50代の男性のうち「お酒を飲む場」が好きな人は、30代64.2%・40代66.3%・50代66.6%と、どの世代にも一定数存在していることがわかる。

職場・仕事で、自分自身に対する評価や配慮が感じられる

「お酒を飲む場が好きだ」と答えた男性のうち30代にフォーカスして、「職場・仕事で、自分自身に対する評価や配慮が感じられる」かどうか質問をしてみると、60.4%が職場・仕事での評価を感じていることがわかった。

これは、同じ回答が39.4%に止まる30代全体で比べると、21%も差があり、お酒を飲む場が好きな人ほど、職場における“自己有用感”が高いことが伺える。

二日酔いの状態で仕事に行ったことがある

楽しいお酒はついつい飲みすぎてしまうものだ。 お酒を飲むことがあり、二日酔いになったことのある男性のうち、「二日酔いの状態で仕事に行ったことがある」と答えた割合は、全体の77.0%にものぼった。

<調査概要>
調査方法:インターネットによる回答(GMOリサーチ)
調査期間:2021年12月24日~12月27日
調査エリア:首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
有効回答数:654件(名)

出典元:株式会社エムエスディ

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。