小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

プレゼンの達人が指南!残念なリモートプレゼンにならないためのヒント

2022.02.24

リモート会議やリモートでのセミナーなどが定着してきたが、最近ではリモートでのプレゼンを行った経験のある人は多いのではないだろうか。しかし不慣れな中で、なかなかうまくいかなかったという人もいるだろう。

そこで今回は、プレゼンテーションのプロに、失敗しない、聞き手が眠くならないリモートプレゼンの法則を教えてもらった。

眠くなる残念なリモートプレゼンを予防するポイント5つ

SNS上では、プレゼンに関して「プレゼン上手い人だと眠くならないの不思議だわ」「この人のプレゼン、マジで睡魔との戦い」などの声を見かける。特にリモートでのプレゼンは、リアルでのプレゼンと比べると眠くなりやすいところがある。

そもそも、どんなプレゼンが人を眠くさせるのか? 一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会の代表理事で、プレゼン・トレーナーの西原 猛氏に聞いてみた。

「眠くなるプレゼンは、まず話し方が『単調』です。抑揚が無いので、何を言いたいのかわかりにくく話に集中できません。そして『話が長い』ので、聞くための集中力は低下し続けます。さらに『一方的に話し続ける』ので、ついに聞くのが疲れて眠くなります。

また、話し方は良くても『内容が期待外れ』や、『スライドを読み上げるだけ』では、やはり興味が失せて眠くなります」

【取材協力】
西原 猛氏
一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会
代表理事/プレゼン・トレーナー
一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会は全国の企業や団体、大学向けに対面・オンライン・eラーニングでプレゼンテーションとコミュニケーションを教えている。著書「ぐるっと!プレゼン」(すばる舎)等
https://jpea.jp

これらの眠くなるプレゼンをリモートでしている自覚がある場合、どんな風に気を付ければいいか、西原氏にアドバイスしてもらった。

1.単調な話し方をしない

「単調な話し方をしないためには、抑揚をつけて話すことです。抑揚とは、話す速度を『ゆっくり・普通・速く』と変えたり、言葉を強調したりして話すことです。まず速度は普段、人と会話しているときを普通として、重要な箇所はゆっくり、余談や参考程度の話など、それほど重要ではない話は速く話すと、メリハリがついて眠くなりにくいです。

次に強調とは、キーワードや数字などの単語を『強弱』『繰り返し』で、調子を強めていうことです。強く発したり、音量を大きくしたり、繰り返して念押ししたりすると、聞き手に集中して話を聞いてもらいやすくなります」

2.長々と話さない

「社長のスピーチ、上司の朝礼など、プレゼンに限らず、話が長いとあっという間に疲れて眠くなります。聞き手を眠くさせないためには、長々と話さないことです。『…で、…ですが、…なので、…』と話し続けるから、話がだらだらと長くなります。そこで『…です。』『…ます。』と、短く話をまとめることを普段から意識しましょう。ちなみに、自分がどれだけ長く話しているかを知るには、スマホなどで録音・録画すると良いです。自分の姿を見るのは、なかなか勇気が必要ですが、重要なプレゼンを成功させたいなら、一度は確認しておきましょう」

3.一方的に話し続けない

「長々と話すだけでは飽き足らず、さらに一方的に話し続けると、聞き手はあっという間に疲れて眠くなります。プレゼンというと、一方的に話すイメージが強いのですが、実は眠くさせない人は『御社ではリモートでのプレゼンは多いですか?』というように、聞き手と対話しながら進めています。対話することで、聞き手の考えや知識レベルを知ることができて一石二鳥です。なお、リモートでは聞き手がカメラを切っている場合があります。うなずきや表情などの反応が見えないため、いつも以上に聞き手と対話することを心がけましょう」

4.聞き手の期待を外さない

「そもそも聞き手があなたのプレゼンを聞く目的はなんでしょうか。それは『問題解決』のためです。例えば、人手不足を解消したいとか、コストを下げたいなどです。つまり聞き手はあなたのプレゼンを聞いて、人手不足問題を解消できるかどうかを知りたいわけです。ところが眠たくなるプレゼンをしてしまう人は、会社概要や自己紹介、人材サービスの特徴やシステムの説明など、聞き手が聞きたいことではなく、自分が話したいことばかり話してしまいます。結果、聞き手は期待外れなプレゼンに興味を失い、日頃の睡眠不足でも解消するか…となります。プレゼンを考える段階で、聞き手は何を期待しているのかをしっかり考えましょう」

5.スライドを読み上げない

「リモートプレゼンでは、スライドを画面共有しながら話すこともあります。ところがこのスライドが文字だらけで、しかも書いてあることをただひたすら読み上げるだけでは、数秒で眠くなります。そもそも、話し手が文章を読み上げる速度よりも、聞き手が目で読むほうが圧倒的に速いわけです。つまり、すでに聞き手はスライドを読み終えているにもかかわらず、まだ、たらたらと読み上げているので、聞き手はこっそりネットニュースを見たり、メールチェックしたりして、プレゼンを聞いてくれなくなります。

スライドには要点だけを箇条書きにしたり、図解したりして、なるべくひと目でわかるようにしましょう。そして詳細は口頭で伝えるようにすると、聞き手はあなたの話に耳を傾けてくれますよ」

眠くならないリモートプレゼンの法則3つ

眠くなるリモートプレゼンを回避する方法がわかった。そこで、プロの技もぜひ取り入れてみたい。そんな人に向け、西原氏に、眠くならないリモートでのプレゼンならではの法則を3つ教えてもらった。

その1「リモートプレゼンは対面より短く」

「ビジネスプレゼンの時間は、一般的に対面の場合20~30分(当協会調べ)ですが、リモートプレゼンではそれより短く、10~15分程度にしたほうが眠くなりにくいです。理由は、画面越しで話し手の存在を感じにくく緊張感に欠け、集中しにくいからです。

また自宅からのテレワークであれば、我が子など家族のことなどが気になって、長い時間集中しにくいですし、カフェなどの外からですと周りがざわざわしていたりして、これまた集中できません。加えて、前述のように話し方が単調だったり、スライドを読み上げるだけだったりすれば、聞き手はあっという間に『夢の世界』へ旅立ってしまいます。

対策として、例えば商談時間を30分とすると、プレゼン時間は15分とコンパクトにして集中しやすくして、残りはヒアリングや質疑応答に当てるなど、聞き手とのコミュニケーションの時間を増やしたほうが、双方にとって有意義な時間となりますよ」

その2「ビジネスは結論が先、理由・詳細は後」

「プレゼンに限らず、何を言いたいのかよくわからない話し方をしてしまう人は、聞き手を眠くさせます。聞き手は一生懸命、話し手が何を言いたいのかを理解しようとします。しかし、いくら聞いても何を言いたいのかわからなければ、そのうち脳が疲れてきて眠くなります。そこで何を言いたいのかハッキリさせるためにも『ビジネスは結論が先、理由・詳細は後』という鉄則を覚えておきましょう。プレゼンにおける結論、期待できる成果は何か、予測されることは何か、自分の意見は何か。つまり、聞き手が一番聞きたいこと、知りたいことを話すということです。その後に詳しい理由や根拠となるデータなどについて話します」

例)
結論   :『新素材を使えば25%軽くすることが可能です』
理由・詳細:『新素材と従来の素材の比較データがこちらです』

「この順番で話すことで、聞き手は何を言いたいのかがよくわかるので、無駄に脳を使わず眠くなりません。なお、これはプレゼンに限らず、報連相やスピーチにも共通です。ぜひ使えるようにしておきましょう」

その3「眠くなる時間帯や曜日を避ける」

「昼食後、金曜日の夕方など、どうしても眠くなる時間帯や曜日があります。まず昼食後は睡眠・覚醒リズム上、どうしても眠くなる魔の時間帯です。ですから、わざわざその時間にプレゼンする必要はありません。よって14時から16時は避けたほうが良いでしょう。また一般的に月曜日は休日明けで忙しいし、金曜日も週末で忙しい、さらに1週間の疲労が溜まっているので、聞き手は集中しにくくなります。よって月曜日と金曜日は避けたほうが良いでしょう。

また最近ではオンライン会議が立て続けに入っていて、1日で7本も会議や打ち合わせがあってヘトヘト、なんていう話も聞きます。ですから、例えば社内でプレゼンする場合、聞き手の予定を確認して、なるべく早めに予定を入れると良いでしょう」

リモートプレゼンをする機会が多い人は、ぜひこれらをヒントに「眠くならない」プレゼンを心掛けよう。

取材・文/石原亜香利


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。