小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

20代に聞いた「副業をしない」理由、最も多かったのは?

2022.02.07

20代で副業をしていない理由は「勤務先で認められていない」が最多

コロナ禍のテレワークや外出自粛で時間ができたこともあり、「副業」への関心が高まっている。一方で、社会人経験が長くない20代にとっては、「副業」の案件を獲得することが難しいという指摘も。

学情は20代の「副業経験」の実態について調査した。

(1) 副業を希望する20代のうち、実際に副業を経験したことがある人は、22.6%に留まる 

副業することを希望する20代を対象に「副業経験」を質問したところ、「現在、副業をしている」の回答は12.2%に留まった。

「過去に、副業をしたことがある」10.4%を合わせても、副業経験がある20代は約2割に留まることが分かる。

実際に副業をしている20代からは、「収入を増やすことができ、自由に使えるお金や貯金に回せるお金が増えた」「趣味を活かした記事作成などで、収入だけでなく反響も得ることができ、充実感を覚えている」「本業以外の仕事にも取り組むことで、より自身が成長できていると感じる」などのポジティブな声が寄せられる一方、「コロナ禍で給与が減ったので副業をしているが、本業だけで生活できるのが理想」「就業後や休みの日に副業の仕事をするので、数ヵ月間休みなしで働いている。生活できるのであれば、副業は辞めたい」といった切実な声も上がっている。

分析

「Re就活」で実施したアンケートでも、20代の約9割が副業を希望しているように、収入を増やしたり、経験を積んだりする手段として、副業への関心が高まっている。一方、勤務先で認められていない場合は副業をすることはできないため、実際に副業を経験している20代は少ないことが分かる。

また、副業は専門性やスキルを活かして成果を上げることが求められます。社会人経験が長くない20代にとっては案件の獲得が難しいという側面もあると推察される。

(2) 副業をしていない理由は「勤務先で認められていない」が最多。次いで「副業の始め方が分からない」

副業を希望しているものの副業をしていない理由は、「勤務先で認められていない」が41.4%で最多。次いで「副業の始め方が分からない」36.7%、「時間を確保できない」33.5%と続いた。

(3) 副業で経験した仕事は「事務作業」が最多

副業で経験したことがある仕事は、「事務作業」が30.2%で最多。次いで、「ライティング・記事作成」「SNS運用」「マーケティング関連」が、それぞれ15.9%で続いた。

調査概要

調査対象:[20代専門]転職サイト「Re就活」へのサイト来訪者

調査方法: Webアンケート

調査期間:2022年1月13日~2022年1月20日

有効回答数:317名

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。