小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

成長支援、成功体験、振り返り、若手社員を育成しながら強いチームをつくる3つの法則

2022.01.31

若手社員の育成と強いチームをつくる3つの法則

テレワーク時代に人事担当者が知っておくべきマネジメントとは?

JMAMはテレワークが急速に普及した今、他の世代とは大きく異なるイマドキ新入・若手社員の価値観を踏まえ、人事担当者が知っておくべき人材育成と強いチームづくりについて紹介した。

【法則1】個別最適な成長支援

新入社員(Z世代)を指導する上司・先輩1,048人に2020~2021年の1年間でテレワーク(在宅勤務)の体験を聞いたところ、67.4%(706人)が「経験した」と回答した。また、「テレワーク中心の勤務状況」の回答者も42.6%(446人)となり、働く場所が異なる状況下で新入・若手社員への指導・育成が行われている実態が明らかに。

イマドキの新入・若手社員は、仲間との摩擦を嫌い、安定志向が強いものの、仲間との同質化を求めるだけではなく、「自分らしさ」も求めている。特にテレワーク中心のマネジメントにおいて、コミュニケーション面において変化が現れており、成長支援は1人ひとりの特性や成長課題にあった設計がなされていることが望ましい。自己理解を深められるような客観的な適性検査の実施や1on1ミーティングなどを取り入れ対話を促進していくことは有効策となる。

このような取り組みにより新人、指導担当者の相互理解を深め、心理的ハードルを低くしていくことで「自分のことを見てくれている」「自分のことをわかってくれている」と実感してもらい、安心と信頼を獲得することが重要だろう。

<成長支援の具体例やポイント>

客観的なデータをもとに、自分自身の思考や感情を掘り下げ、大切にしていることや次なる成長にむけ た課題を自覚できる状態にする。

さまざまな意見や見解に触れ、自分の考えを整理し、最終的に自己決定をする機会を増やす。

導き出した考え方を周囲がしっかりと受容し、自分のことをわかってくれているという実感を持たせる。

【法則2】小さな成功体験の積み上げ

新入社員の半数以上が「試行錯誤しながら、上手くいかない経験を通じた学びが効果的とわかっているが、失敗はしたくないので責任ある大きな仕事は任されたくない」と回答している。

この傾向は、できれば最短ルートで無理、無駄なく成功にたどり着きたい、進むべき道から大きく逸脱しない(=失敗しない)うちに軌道修正したいと思っているともいえる。ゆえに、成長意欲や能力向上にむけてはいきなり高い壁を乗り越える挑戦をさせるよりも、スモールステップで小さな成功体験を積み重ねていくことが必要だ。

段階的に経験を積むことで、進むべき道から大きく逸脱していないという安心感、成果を出せているという実感を持たせることができれば、自己肯定感や自己効力感を高め、徐々に責任ある大きな仕事へ挑戦させることが可能になる。

<成長支援の具体例やポイント>

数年後の「ありたい姿」を意識させつつ、組織や上司・先輩として期待する姿を共有し、一段ずつステップアップさせる。

 短期集中的な「知識獲得型」ではなく、トライ&エラーを繰り返しながら意欲や能力を高める「経験蓄 積型」をベースとする。

ある程度自走できるまでは、周囲が支援を行いながら活動を進めていく。

 【法則3】振り返る機会(場)の設定

指導者に対して、「新入社員の頃受けた指導育成」「現在おこなっている指導育成」について全30項目からそれぞれ選択をしてもらった。結果として、「目標・目的共有」に関するスタイルの多くは変わらずに伝承、一方で「時間外のつきあいで信頼関係を築く」「精神論や根性論も時には重要であると伝える」などは自分が新入社員の時は受けたものの、今の新入社員には行っていないなど、時代にあわせて、指導育成スタイルも変化していることがわかった。

イマドキの新入・若手社員は、外からどのように見られるかを気にする傾向があるため「自分がやっていることは正しいのか」「規範や期待から逸脱していないか」を確認し、安心したいと思っている。

ゆえに、日々の活動やその時の感情を振り返る機会(場)を設けることは重要だ。その機会を通じて本人の内省を促し、同時に指導者側からもフィードバックをすることで、客観的な自己理解や不足している能力を自覚することにつながり、自己認識力が高まっていく。

また、今後テレワークなどが増えていくことにより、お互いの顔や行動が見えない中での関わりが増えていくことが予想される。そのようなデジタルコミュニケーションにおいてこそ、短時間でも接点を増やすことを心掛け、できる限りやりとりした内容を言語化していくことで、成長の自走サイクルを定着させることに繋がる。

調査概要

調査方法:インターネット調査

調査時期: 2021年6月

調査地域: 全国

有効回答: 2,068名。2020~2021年に入社した新入社員1,020名、新入社員の育成に関わる上司・先輩社員1,048名(新入社員は、例年比較のため企業規模501名以上の大卒の686名に母数を絞って集計)

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。