小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ワイシャツの下に着ても透けにくいインナーおすすめ6選

2022.01.10

ワイシャツの下にインナーを着用すべきか否かは、人によって意見が分かれることが多いです。なぜ意見が分かれているのでしょうか。今回の記事では、ワイシャツのインナーについて解説し、後半では透けにくいインナーのおすすめ製品もご紹介します。

「ワイシャツの下にインナーは着ない」が正しいマナー?

ワイシャツの下にインナーを着てはいけないという意見があるのは、ヨーロッパの伝統的なマナーが影響しています。ワイシャツは、もともとはジャケットの中に着る下着として使われていました。したがって、ワイシャツの下にインナーを着ると、下着にさらに下着を着ることになってしまうと考えられているのです。

そのため、伝統的な考えを大事にする人は、ワイシャツの下には何も着ず、必ず上にはジャケットを羽織っているようです。夏でもジャケットを脱がない人もいます。ワイシャツを下着と考えると、ジャケットを脱いだら下着1枚になってしまうためです。また、ワイシャツからインナーが透けて見えるのは見苦しいという意見もあります。

しかしながら、ヨーロッパとは気候が異なる日本では、違う考え方がされていることも多いです。

日本の夏にはワイシャツ下のインナーは必須?

日本では、ワイシャツの中にインナーを着るほうがマナーに沿っているというのもメジャーな意見です。特に高温多湿の日本の夏には、インナーを付けないとワイシャツに汗染みができたり、汗でワイシャツが張り付いて肌が透けて見えたりしがちです。

このような着方だと、周囲の人が不快に感じてしまうこともあります。そのため日本ではむしろインナーを着るほうがマナーであると考えられるケースも多いのです。

インナーを着る・着ないの2つの考え方にはどちらも理由があり、どちらが正しいといい切れるものではありません。

ただいえるのは、ワイシャツが下着であると考えるならジャケットは脱がず、脱ぐならワイシャツ1枚ではなくスリーピーススーツのベストを身につけるということになります。一方、インナーを着るなら、できるだけ透けて見えるのを避けると良いでしょう。

【参考】Yシャツからインナーが透けているビジネスマンは第一印象で損している!?

ワイシャツのインナーは透けたらダメ? 白や黒は透けやすい

ジャケットを脱いでワイシャツだけになる機会が多いなら、ワイシャツの下に着るインナーは、透けにくいものを選ぶといいでしょう。白や黒のインナーを着用している人も多いかもしれませんが、白・黒は意外と透けやすい色です。

透けないことを重視すると、インナーはベージュがベストです。ベージュが好みに合わない人は、薄めのグレーも比較的透けにくいのでおすすめです。

Tシャツをインナーにすると透けて見える可能性アリ

Tシャツをインナーとして着用している方もいるかもしれませんが、透け防止の点からはおすすめしません。

柄物や色物のTシャツが透けるのはいうまでもありませんが、色以外の問題もあります。一般的にTシャツは下着として販売されている製品より生地が厚く、襟や袖の部分の折り返し部分はさらに厚くなるので、段差ができて袖などのラインが透けて見えてしまいやすいのです。

ワイシャツ下のインナーには、薄手の生地で折り返しの目立たないものが最適です。

【参考】ユニクロ、YG、無印良品、仕事でもストレスなく過ごせるNo.1インナーはどれ?

就活生もインナーに気を配ろう

就職活動の際もインナーには気を配りたいものです。ビジネススタイルに慣れていない就活生は、インナーのことまでは気が回りにくいかもしれませんが、服装は面接官に与える印象を左右します。就職活動の際には、透けにくいインナーを用意しておきましょう。

Tシャツの下にもインナー着用がおすすめ

Tシャツは素肌に直接着ている人も多いと思いますが、インナーを着用するのもおすすめです。インナーを着ておくとTシャツが汚れにくくなり、汗染みもあまり目立ちません。肌触りのよいインナーを選べば、着心地も良くなります。

ワイシャツの下に着用したいおすすめのインナー

ここからは、ワイシャツの下に着ても透けにくい、おすすめのインナーをご紹介します。インナーで困っている人は購入を検討してみてください。

ワイシャツの下に着ても透けにくいユニクロのベージュのインナー

ユニクロの「エアリズムマイクロメッシュVネックT(半袖)」は、透けにくいベージュで、襟や袖口はカットオフ仕様になっています。

通気性が良いメッシュ生地なので、蒸れが気になる季節にも快適に着られます。抗菌防臭加工も施された機能性に優れたインナーです。

【参考】ユニクロ公式サイト製品詳細ページ

ワイシャツの下に着るならコレ!裾や襟周りがカットオフ仕上げでシームレスに着こなせるユニクロのTシャツ「AIRism」

保温性が高いから寒い冬におすすめ! ワイシャツの下に着たい長袖インナー

B.V.D.の「瞬暖GRID-TEC 裏起毛 Vネック長袖Tシャツ gr098」は、裏起毛と内側のグリッド構造により着た瞬間から暖かいインナーです。

グレーも、白や黒よりも透けにくい色です。冬場は夏場ほど透けることを気にしなくても大丈夫ですが、暖房のきいた室内ではジャケットを脱ぐこともあります。万全を期すならベージュやグレーのインナーを選んでおくと良いでしょう。

【参考】B.V.D.公式サイト製品詳細ページ

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

ワイシャツに合わせても便利! メンズのTシャツの下に着るインナー

こちらはグンゼのTシャツの下に着るインナーとして開発されたインティーですが、ワイシャツの下に着るのにも適しています。

カラー展開に透けにくいクリアベージュやスモークオレンジがあり、襟や袖口はカットオフ仕様なので、ワイシャツで透けないインナーの条件も満たしています。脇の下の生地が二重になっているので汗染みが目立ちにくく、暑い季節には特に重宝するでしょう。

【参考】グンゼ公式サイト製品詳細ページ

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

メンズのTシャツ用インナーは、はみ出ないインナーとしても便利

こちらは同じくグンゼのTシャツ用インナーで、インティーよりも少し袖が短い製品。半袖のワイシャツの下に着てもはみ出にくいです。

襟ぐりと袖口、裾周りがカットオフ仕様になっています。汗をかいても臭いが気になりにくい消臭加工も施されています。

【参考】グンゼ公式サイト製品詳細ページ

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

ワイシャツでも透けにくいブラウンカラーのレディースインナー

続いては、レディース向けインナーのHAKURO「コットン・ガーゼ8分袖 バレエネック」。こちらのような、薄めのブラウンも透けにくい色です。

2重ガーゼ編みになっていて保湿性があり、肌にやさしいインナー。冬の乾燥しがちな肌にピッタリです。

【参考】HAKURO公式サイト製品詳細ページ

楽天市場での購入はこちらから

黒も選べるワイシャツの下に着る女性用インナー

こちらは、グンゼのレディースインナー。下の写真は透けにくいホワイトベージュですが、5色のカラー展開でブラックやスモークピンクも選べます。

縫い目がない完全無縫製で作られていて、肌が敏感な人もチクチクしたり痒くなったりしにくいのが特徴です。襟や袖はカットオフでアウターに影響しにくくなっています。

【参考】グンゼ公式サイト製品詳細ページ

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

ワイシャツの下にインナーを着るべきか、着るとしたらどんな製品が良いのか解説しました。ワイシャツをスマートに着こなしたいなら、できるだけ透けるインナーは避けたいものです。おしゃれにワイシャツやネクタイをコーディネートしたら、ぜひインナーにも気を配ってみてください。

※データは2021年12月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。