小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

軽くて歩きやすい!アウトドアから街歩きまでカバーするHOKA ONE ONEの厚底トレッキングシューズ「TOR ULTRA HI 2 WP」

2021.12.18

厚底ランニングシューズの先駆けといわれるブランド、HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)。足を保護するクッション性、スムーズに足が前に出せるという、ランニングシューズの機能をそのまま投入したトレッキングシューズ「TOR ULTRA HI 2 WP(トゥ ウルトラ ハイ 2 ウォータープルーフ)」はアウトドアでの使用は当然として、デザイン的に普段履きにも最適。オールラウンドに使えるこの万能シューズをテストした。

実はHOKA ONE ONEのランニングシューズは数年前から使用していて、現在は最新モデルのクリフトン 8をジョギング用として愛用している。ボリュームがあるミッドソールを備えて高いクッション性がありながら、しかも軽量。割と長めに走った日でも、脚にダメージがなく次の日に疲れも残りにくい。筆者のような市民ランナーの間でHOKA ONE ONEの人気があるのも頷ける、そんな機能をもっているシューズだ。

「TOR ULTRA HI 2 WP(トゥ ウルトラ ハイ 2 ウォータープルーフ)」はトレッキング用に求められる機能をもちながら、まるでランニングシューズのように軽快に動けるアウトドアシューズ。第2世代になったことで、さらにその機能を高まっている。

大きなポイントはやはりソールの部分。足あたりが良いミッドソール部分には、EVAとRMAT®という素材を採用。クッション性と高い反発性があり、山の下りでもいわばなど路面状況に関わらず足を保護して優しい着地感を提供してくれる。

さらに特徴的なのがその形状だ。HOKA ONE ONE独自の「メタロッカーテクノロジー」を採用。これはつま先とかかと部分をそぎ落とし、ゆりかごのような形状としたことで前後にゆれる構造をしたもの。この構造のおかげで、自然とかかとからつま先方向に体重移動ができ、スムーズに足が前に出る感覚が得られる。

また直接地面に接するアウトソール部分には、トレッキングシューズではおなじみの「Vibramソール」を使用。グリップ力に優れ、岩や土、さらにはアスファルトでも滑らずしっかりと歩くことが可能。

街履き、アウトドアの両方で最高な使用感

実際に履いて試してみると、ランニングシューズと同様の歩きやすさを感じた。フカフカ感はありつつ、少しコシのある足あたりは着地のたびに心地がいい。さらにアスファルトだけではなく、滑りやすいマンホールでもしっかりグリップしてくれるので、安心感がかなり高かった。

Vibramソールのグリップ力はアウトドアでもしっかり発揮。体重移動を促すソール形状と併せてスムーズに歩くことができた。

また足首まで覆うミドルカットのデザインもホールド性が高くて安心感がある。ただこのミドルカットの形状、足首周りを保護してくれることはありがたいが、モノによっては動きにくいものもあるのが正直なところ。しかしこのシューズの足首部分は柔らかいナイロン素材を採用することで足首が動かしやすく歩行中の動きを阻害しない。

またムレ対策も万全。シューズの内部には透湿防水素材「eVent®」を使用。英国生まれのこの素材はゴアテックスよりも透湿性に優れていると言われているもの。近ごろアウトドア用のウェアやシューズに採用されつつある注目の素材だが、その機能はホンモノ。気温が高めの時に歩いてみたが、内部の熱気を程よく排出してくれるためソックスは蒸れずに終始快適だった。

ちょうど雨の日に履く機会があったが、防水性能も全く問題なかった。アッパーはエンボス加工と、水を弾く上質なレザーを使用し、さらには防汚性にも優れているため、アウトドアシーンで履いた場合でもお手入れがしやすい。

このご時世なので、トレッキングからはしばらく遠ざかっているが、このシューズのおかげでまた山に行きたいという気持ちが盛り上がってきた。デザイン的に街で履いても違和感がなく、しばらくは街履きで楽しんで時期が来たら山に出かけてみようと思う。

ちょっとゴツめデザインでありながら、軽くて歩きやすい。トレッキングに使用してももちろんOKだし、街オンリーで履いても違和感なし。キャンプシーンにももちろん最適なので、極上の履き心地を体験したい人はぜひ試してみてはいかがだろうか?

HOKA ONE ONE TOR ULTRA HI 2 WP 価格:3万8500円

サイズ:Men’s (25.0cm–30.0cm)
重量: 482g/27cm
オフセット:4mm(ヒール32mm/フォアフット28mm)

今 雄飛(こんゆうひ):ミラソル デポルテ代表。スポーツブランドのPR業務を行うかたわら、自転車、トライアスロン、アウトドア関連のライターとしても活動中。趣味はロングディスタンスのトライアスロン

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。