小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日本語に対応している海外取引所でNFTを購入する方法

2022.01.12

今年に入りNFTアートが高額で売買されるニュースが相次ぎ、NFT市場への注目はますます高まってきている。NFTマーケット(取引所)の使い方やNFT作品の探し方・買い方を、さいさん監修のもと解説する。なお、くれぐれも購入は自己責任で行なっていただきたい。

NFTの購入はMetaMaskとの紐付けがポイント

NFTを購入するまでの3ステップ

STEP1 ウォレットと取引所を紐付ける
STEP2 購入したいNFTを探す
STEP3 購入手続きをして、対価の仮想通貨を支払う

 NFTを売買する「マーケットプレイス」の中でも最大級なのがOpenSeaだ。誰でもNFTの購入・販売ができることから、日本の著名人がNFTを販売しているケースも多い。マーケットプレイスの仕様はどこも大きく変わらないので、ここではOpenSeaの使い方を紹介していく。

STEP1 ウォレットと取引所を紐付ける

 OpenSeaのアカウントはMetaMaskを紐付けることで作成される。まずOpenSeaにアクセスして、トップページに表示される「作成」をタップ。操作を進めていきMetaMaskにサインインしウォレットの接続をすると紐付けは完了。これによりOpenSeaのアカウントも作成されNFTの購入・販売が可能になる。ユーザーネームやアイコンはデフォルトなのでマイページでユーザー情報を編集しよう。

●NFTの閲覧だけならアカウント作成不要

NFTの閲覧だけならアカウント作成不要

アカウントを作成しなくても出品されている作品は閲覧可能。買いたいNFTを見つけてから作成するのもいい。

●ユーザー名などを入力後、マイページを確認

ユーザー名などを入力後、マイページを確認

マイページからはユーザー情報だけでなく、紐付けているウォレットに保有している仮想通貨も確認できる。購入前に確認しておこう。

ウォレットの紐付け時点では仮想通貨は不要

OpenSeaのアカウント作成は仮想通貨なしでできる。まずはOpenSeaのアカウントを作り、欲しいNFTが見つかってから決済に使う仮想通貨を入金すればよい。

STEP2 購入したいNFTを探す

 OpenSeaでは2000万点以上のNFTが出品されている(2021年10月末現在)。NFTと一口に言ってもアートから音楽、仮想空間など出品されるコンテンツのタイプは様々。目当ての作品やクリエイターがあればいいが、中には有名クリエイターのものを模倣したり複製しただけで、版権的に問題が見られるようなものもある。転売目的での購入ではなく、まずは自分好みのクリエイターを応援する気持ちで作品を購入してみるのがいいだろう。

●OpenSeaで検索してみよう

OpenSeaで検索してみよう

「ランキング」から取引量が増加しているクリエイターを確認することもできる。TwitterでNFTクリエイターを探してからOpenSeaで検索するのも手だ。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。