小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

大阪に住むビジネスパーソンの4割が「コロナ禍でこれまでの仕事関係のつながりが薄くなった」

2021.12.02

コロナ禍での外出自粛により、友人や家族にも会えなかったという方も多いはず。まして、新しい出会いはほとんどなかった…なんて方もいたのではないだろうか。

Sansan株式会社はこのほど、東京都と大阪府に在住する20〜50代のビジネスパーソン1000名を対象に、「今年の出会いとビジネスに関する調査」を実施した。

今回の調査では、仕事における新しい出会いが減ったことや、出会いからつながりを構築していくことに不安を抱えているビジネスパーソンが、多くいることが明らかになった。「オンラインコミュニケーションで言いたいことを言い切れない」や、「コロナ禍でこれまでのつながりが希薄になっている」といった点では東京と大阪の意識に差異が出る結果となった。

また、少しずつ制限が緩和される中、ビジネスパーソンの6割以上が、来年の仕事での出会いが増えると期待視していることが判明した。詳細は以下の通り。

今年一年で初対面の社外の人との出会いが減り、6割以上はつながり構築に不安を抱えている

今年一年、仕事で初対面の社外の人と出会う機会に変化があったかの問いに対し、「とても減った(37.8%)」、「少し減った(29.6%)」の合計が約7割(67.4%)にのぼった。昨年に同様の調査(※1)をした際とほぼ同水準で、コロナ禍が続いたことによる影響が見受けられる。

また、出会ったあとにつながりを作れているかどうかについては、「とてもそう思う」、「そう思う」の合計が、東京では42.8%だったのに対し、大阪では31.3%にとどまった。「どちらとも言えない」という回答が最も多く、東京では37.6%、大阪では46.5%で、つながり構築に不安を抱えている現状が浮き彫りになった。

6割以上が、仕事における新しい出会いや人とのつながりを以前よりも大切に感じている

緊急事態宣言などにより、外出や対面での交流を制限されてきた中、仕事における新しい出会いや人とのつながりを以前よりも大切に感じるようになった人は、「とてもそう思う(17.7%)」、「そう思う(47.1%)」の合計で64.8%。新しい出会いの機会が減り、つながり構築にも不安を感じる人がいる中、改めてその大切さを感じているビジネスパーソンが、多くいることがわかった。

約半数は、社外の人との新たな出会いが難しくなり仕事に支障が出た

コロナ禍において行動が制限され、新しい出会いを得ることが難しい状況となったことで、仕事に支障をきたしたかどうかを聞いたところ、「とてもそう思う(15.6%)」、「そう思う(33.7%)」の合計が49.3%と、約半数にもおよぶことがわかった。

仕事に支障をきたした具体的なエピソードとしては、「会わないことで、コミュニケーションの微妙な感覚や内緒話がしにくくなった」や「なかなか現場に行くことができず、さまざまな事象の把握に難儀した」など、対面でできていたことが、できなくなったことによる影響が見て取れた。

また、「オンライン会議では会議のテーマしか話題にならない。テーマ以外のヒントや初対面の人の関係構築が難しい」や「他者とのコミュニケーションが減り、お互いの意思疎通が疎遠になった」など、つながりを作ることの難しさがうかがえる声もあった。

6割以上がオンラインコミュニケーションに慣れたが、大阪の3割以上は言いたいことを言い切れていない

リモートワークをはじめとするオンラインでのやりとりが増える中、昨年と比較して今年の方がオンラインコミュニケーションに慣れたと回答した人が、「とてもそう思う(20.9%)」、「そう思う(43.4%)」と、合計で6割以上(64.3%)にのぼった。

一方で、オンラインコミュニケーションで言いたいことが言い切れないという傾向も見られ、「あまりできていない」、「まったくできていない」の合計が東京では22.4%だったのに対し、大阪では32.6%で、東京と比べて1割ほど多い結果となった。

大阪では約4割が、コロナ禍でこれまでの仕事関係のつながりが薄くなっている

直近2年において、これまでに仕事でつながっていた人との関係性に変化があったかを聞いたところ、東京では36.8%が「つながりが希薄になった」と回答したのに対して、大阪では約4割(39.6%)という結果になった。

ビジネスパーソンの6割以上が、来年の仕事での出会いが増えると期待視

2021年10月には緊急事態宣言も解除され、徐々に制限が緩和される中、来年の仕事における新しい出会いがどうなるかについての理想を聞いたところ、「増える(22.0%)」、「少し増える(42.4%)」と、合計64.4%が明るい見通しを示した。新しい一年を期待視するビジネスパーソンの姿勢がうかがえる結果となった。

<調査概要>
調査名:「今年の出会いとビジネスに関する調査」
調査方法:オンライン上でのアンケート調査
調査地域:東京都、大阪府
調査対象:社外の人と、月に1度以上打ち合わせをする20~50代のビジネスパーソン1000名(各500名)
調査期間:2021年10月21日~2021年10月25日
調査企画:Sansan株式会社
補足:本調査結果において、比率は小数点以下第2位を四捨五入しているため、必ずしも合計した数字が100%にならない場合がある。

※1:Sansan株式会社「『今年のビジネスの出会い』に関する調査」(2020年11月30日発表)
https://jp.corp-sansan.com/news/2020/encountersurvey2020.html

出典元:Sansan株式会社
https://jp.corp-sansan.com

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。