小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

投げるも打つもAIに分析される立場の大谷翔平選手はAIを超え続けられるか?

2021.11.27

【連載】もしもAIがいてくれたら

【バックナンバーのリンクはこちら】 
第1回:私、元いじめられっ子の大学副学長です
第27回:AIを使って藤井聡太四冠の頭の中を見られたら

毎秒2000回サンプリング、GoogleのAI技術も使うMLB

米メジャーリーグMLBのデジタルサービス部門であるMLB Advanced Media(MLBAM)が、2014年にAmazon Web Services(AWS)を用いて作成したプレイヤートラッキングシステム「Statcast(スタットキャスト)」を試験導入し、2015年シーズンにMLBのすべての本拠地球場30か所に本番導入されて以来、MLBにデータ革命が起こりました。

ミサイル追尾という軍事用に開発されたドップラーレーダーシステムがボールを追尾し、ボールの位置を毎秒2000回サンプリングし、3塁ベースラインの上に位置する立体撮像装置(光学高精細カメラ)が毎秒30回選手の動きをサンプリングするといったテクノロジーにより、グラウンド上のプレーに関するビッグデータが収集され、瞬時に解析されるようになりました。

2020年3月には、Googleのクラウドサービス「Google Cloud」がMLBの公式クラウドとして複数年契約を締結したと発表しました。スタットキャストなどを、Google Cloud上で運用し、その他のGoogleのAI技術なども利用して、次世代のベースボールの楽しみ方をファンに提供してくれるとのことです。

このような技術を享受する立場のファンにとっては、1試合当たり1TB(テラバイト)以上という人間の肉眼では追尾不能なプレーのあらゆる情報を提供してもらえるようになるということで、悪いことはないだろうと思います。

これから大谷は「AIに分析されつくす」

プレーする側の選手はどうでしょうか。こういったシステムによるデータを活用して自分のプレーに取り入れようとする選手は、実際増えているようです。

大谷翔平さんも、MLBのデータ活用の取り組みについて、「いままでは、あまり考えるタイプではなかった。自分がしっかりやってきたものを出せば、負けないと思ってやってきたので。どちらかというと、身体的な部分で勝負してきたところが多いのかなと思っていた。やっぱり、それだけでは補えない部分があったりして、いっぱいデータがあるなかで、それを活用しない手はないなと思った」と語っています(NHKホームページ「大谷翔平『大リーグ挑戦 1年目の姿』」『NHK SPORTS STORY』2018年10月17日より引用(2021年11月23日アクセス))。

二刀流として満場一致でのMVPに輝いた大谷翔平さんは、投手としても打者としても、その全てを分析される立場になることは間違いありません。2018年に渡米し、急速にスターになったこの3年間に比べて、AIに分析され尽くすこれからは、AIとの戦いとも言えるかもしれません。しかし、大谷翔平さんのプレーが詳細に分析され、数値として可視化されたとしても、その凄さに対抗しなければならないのは人間のプレーヤーであり、心身の総合的能力の勝負です。分析されることを恐れるのではなく、AIの分析能力を利用し尽くそう!という前向きな気持ちが大切と言えるでしょう。

坂本真樹(さかもと・まき)/国立大学法人電気通信大学副学長、同大学情報理工学研究科/人工知能先端研究センター教授。人工知能学会元理事。感性AI株式会社COO。NHKラジオ第一放送『子ども科学電話相談』のAI・ロボット担当として、人工知能などの最新研究とビジネス動向について解説している。オノマトペや五感や感性・感情といった人の言語・心理などについての文系的な現象を、理工系的観点から分析し、人工知能に搭載することが得意。著書に「坂本真樹先生が教える人工知能がほぼほぼわかる本」(オーム社)など。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。