小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

YouTuberも大満足!?業界初の分離する超小型カメラ付きジンバル「Feiyu Pocket 2S」

2021.09.05

動画撮影用カメラを入手するならば映像がブレないカメラが欲し~い!

2021年も折り返し地点を過ぎ、引き続き「はてしない物語(ネバーエンディング・ストーリー)」でデジタルガジェットを購入し続けて、筆者は破産寸前な中、いかがお過ごしでしょうか。

ここ最近は、まったりと「おうち時間」を過ごされた方も多いと思われますが、充分に感染対策をしたうえで、外へ出る人もいるでしょう。

そうなると、まわりの景色を撮影したくなるのは自明の理です。

美しい景色を撮影するのであれば、昔はホームビデオカメラ、今はスマホやデジカメ、アクションカムでの撮影と相場が決まっています。

そして高性能・高画質な動画撮影用カメラが、一般市場に出回るようになったとしても、まだまだ大きな問題があります。それはいったいなんでしょう?

……動画用カメラを手や足で支え移動をしながら撮影を行うと、どうしても「手ぶれ」が起きてしまい、その結果、のちほど映像を再生すると、どうしても動画が見辛くなってしまうのです。

こんな動画の「ぶれ」を防止する、なんか良い方法はないものでしょうか……?

映像の手ぶれを防ぐにはスタビライザーやジンバルが一番! しかし……

もちろん、動画の手でブラ、もとい手ぶれを解消する方法はすでに存在します。

その1つが、「スタビライザー」や「ジンバル」を利用する方法。

ちなみに昔は、それぞれの名称ごとに区別して呼んでいた時期もあったような気もしないでもないですが、今では、ほぼイコールと受け取っても構わないかな、と個人的には思います。

最近よく見かけるのは、スマホを取り付けるタイプの電動ジンバルです。

おおむね.360°パノラマ撮影や、長時間露光撮影もOKな機種がほとんどです。

まあ、スマホのカメラ単体でも、ここ最近の機種は大変高性能なので使いやすいのですが、残念ながら撮影中はスマホとしての機能が、撮影の用途以外に使いにくいです。

それ以外にも……。

●スマホのバッテリーを消費して、いざスマホを使いたくなった時にはバッテリー切れになっちゃうことも!
●専用のカメラに比べて、画角が狭いことも多い!
●スマホのメモリが映像データで一杯になっちゃう!
●スマホのサイズより狭い場所に入り込んで撮影ができない!

……といったデメリットがあり、大変悩ましいところであります。

デジタルガジェット全盛のこの時代、本体だけでお手軽カンタンに高画質かつ手ぶれなしの動画を、どんな場所でもグイグイ撮影できるカメラ内蔵の電動・超小型カメラ付きジンバルは、存在しないのでしょうか……?

実はあります。

このたび、電動・超小型カメラ付きジンバルメーカーの「FeiyuTech」が開発・製造し、応援購入サービス「Makuake」より発表された、

驚愕! カメラが分離してどこからでも撮影OK! セパレートタイプの超小型カメラ付きジンバル&通常機「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」

がついに登場いたしました!

なんでも、超小型であるにもかかわらず、「Feiyu Pocket 2S」は、カメラがセパレートに分離! (さっきと同じことを言えっているような気がするが、たぶん気のせいです)

そして「Feiyu Pocket 2」は、さらにサイズが超超超小型なんだそうです!

期待に心と体がセパレート撮影になります! なんじゃソリャ!

手ぶれさんサヨ〜ナラ! カメラが分離して撮影が楽しめる超小型ジンバルが登場!

Makuake/ワクワクが止まらない! カメラ付きジンバルの新しい形Feiyu Pocket

ワクワクが止まらない! FeiyuTech発、業界初セパレートタイプ超小型カメラ付きジンバルFeiyu Pocket 2/2S登場!

FeiyuTech/日常の記録をもっと楽しく自由自在に 世界初のセパレート超小型カメラ付きジンバルFeiyu Pocket 2 / 2S

「Feiyu Pocket 2S」は、カメラが分離してどこからでも撮影OK! セパレートタイプの超小型カメラ付きジンバル&通常機です。

スマホをカメラにするタイプの電動ジンバルは、今ではけっこう安価で使いやすいモデルが数多く出回っていますが、ジンバルを使用中は、スマホ本体を占有してしまうため、動画を撮影しながらスマホを弄(いじ)ってゲームや通話することが困難でした。

そこで登場したのが、本体に「カメラ内蔵」の電動ジンバルな訳で(と言うか、カメラ内蔵タイプの方が、登場は先だとは思いますが)、一定層に圧倒的な支持を得ています。

本誌記事でも以前、筆者が「FeiyuTech」の4K電動スタビライザー(ジンバル)を自腹で購入し、試用記事を執筆、掲載した所、爆発的な閲覧数を獲得し、大反響を巻き起こした記憶があるような気もします。

これがあれば映画も撮れる!?液晶ディスプレイも内蔵するFEIYUTECHの4K対応電動スタビライザー「SUMMON」

ここだけの話、「FeiyuTech」は、中国の桂林(けいりん)にあるハイテクメーカーで、ジンバル業界のパイオニアです。

ちなみに本シリーズの前作「Feiyu Pocket」は、クラウドファンディングでなんと! 1億1000万円の実績を獲得したという優れものです。

そしてこのたび、満を持して登場したのが「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」という訳なのです!

そして今回、2機種、同時発表です! なんと太っ腹!

「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」の「ありのまま」の特徴とは?

さて、「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」は、いったい、どういった特徴を備えているのでしょうか……? ありのままをお知らせいたしゃす。

「Feiyu Pocket 2S」のカメラはセパレートタイプ! どんな時もどんな場所にも取り付け可能!

Let’s ワクワクさんな動画を撮影しちゃおう!

※「Feiyu Pocket 2」は非対応。

「Feiyu Pocket 2S」のカメラは、なんと世界初の「セパレートタイプ」。

カメラとモニターを分離させて撮影が可能です。

……ということは、どういうことかと言うと、付属のバンドなどを使えば、腕やヘルメットや、足や背中やお腹や大事なトコロ、その他イロイロな所にカメラを装着して、これまでにないアングルで、映像を撮影できちゃう、ということなんです!

さまざまなシチュエーションで撮影が可能です。

ちなみに、分離後のカメラ部分の底面には磁石がついているので、三脚が使えない場所や、もし三脚を忘れてたとしても、どこかに鉄の素材の建造物さえあれば、そこにカチッと磁力で固定が可能です。これはベンリ!

カメラのコントロールは超カンタン! 液晶タッチやジョイステックでお手軽にスイースイっと!

「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」の操作は、内蔵されたタッチ対応の液晶画面と、こちらも内蔵されたジョイスティックを使えば、超カンタン、本体だけで設定可能です。

もちろんスマホ接続で細かなコントロールも可能ですが、いずれにせよ、どちらの方法でも、お好みの撮影の設定を、お手軽カンタンに行えます。

超ワイドな画面で撮影できてド迫力!

「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」のレンズは、130°超広角ワイドレンズを搭載! 大迫力な映画並みの画角の映像を撮影できるだけでなく、スマホでは全部収まらなかった貴兄の御尊顔も、「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」であれば、画角の中に収まります。良かったですね!

ちなみに、画像センサーのスペックは以下の通り。

●Feiyu Pocket 2S……1/2.45(SONYセンサー) 4K/60fps 120Mbps 130°/F2.0
●Feiyu Pocket 2……1/2.3(SONYセンサー) 4K/60fps 120Mbps 130°/F2.0

セパレートタイプの「Feiyu Pocket 2S」を取るか、サイズが超小さいけど、センサーのインチ数がちょっと大きい「Feiyu Pocket 2」を取るか、ちょっと悩ましいですね!

どっちも4K撮影可能なのは、さすが!

個人的には両方欲しいィイィィイ!

強力すぎる「手ぶれ補正機能」を搭載! 「映像の揺れ? なにソレ?おいしいの?」

「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」の手ぶれ補正は超強力。

3軸メカニカルジンバルを搭載しているので、実際の動きを物理的に補正してくれます。

その結果、とってもキレイな映像を撮影することができます。

デジタルズームは4倍!

「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」のデジタルズームは、なんと4倍もあるので、画面にグッと寄りたい時は、撮影者がその場を動かなくても、操作一つで、ハッとして、グッと被写体に寄れます。

とにかく軽くて小さい!

「Feiyu Pocket 2S」は超軽量の179g 、「Feiyu Pocket 2」はたったの126g なので、もう、野球ボール並みの軽さです。したがって、どこに持ち歩くのも、もしくは持ち運ぶのも、苦になりません。

例えば、ズボンのポケットにカメラを忍ばせて、思い立ったらすぐ撮影! パパママ大喜び!

YouTuberデビューする人にも最適かも!

「ウエアブルモード」として、「車モード」「バイクモード」「ランニングモード」に対応!

※「Feiyu Pocket 2」は非対応。

「Feiyu Pocket 2S」には、「ウエアブルモード」として、「車モード」「バイクモード」「ランニングモード」の3つの撮影モードが搭載されており、車やバイク、そしてランニングを撮影する時に、最適なパフォーマンスを発揮するシステムが搭載されています。

その結果、車やバイク、そしてランニングの楽しみが、2倍~2倍~になります。もしかしたら、3倍以上かもしれません。とりあえず等倍以上ではあります。

タイムラプス撮影も可能!

「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」は、ゆっくり動いている被写体を、早回しで撮影可能な「タイムラプス」機能を搭載しているので、その結果、まるで映画のようなワンシーンを撮影することができます。

以下の3つの撮影モードにも対応しています。

●タイムラプス……カメラを固定して早回し撮影。
●モーションラプス・・・・カメラの向きを変えながら早回し撮影。
●ハイパープラス……カメラを移動させながら早回し撮影。

もう、気分は「映像クリエーター」! ハリウッドデビュー確定か~!←言い過ぎ。

走り回我が子の顔を撮り損ねない! 「フェイストラッキング」機能を搭載!

「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」は、ハイテクノロジーの「フェイストラッキング機能」搭載なので、カメラの前の人物が画角内の場所を移動しても、顔がコチラさえ向いていて、本機の追尾機能が働きさえすれば、その移動方向に、カメラの向きが、たちどころに自動的に移動してくれます。

例えば、遊びに夢中になって走り回り、カメラのフレームから外れがちな、ヤンチャな我が子供を撮影したとしても、撮り損ねる機会が格段に減るのはポイント高し君です。

こういった機能は、昔は超高級な映像機器にしか搭載されていなかったはずですが、今ではこういった個人向けの、安価なカメラ内蔵ジンバルにも搭載されるようになったんですね~! 感無量です。

時代は進んだもんだ!

スローモーション撮影が可能!

「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」は、8倍スローモーション撮影が可能なので、スローモーション撮影をしたいシチュエーションの際に、スローモーションで撮ることができます。

複数の動画を一つの動画に編集できる!

「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」は、動画撮影時の「一時停止機能」を活用すれば、複数の動画を一つの動画ファイルにまとめることができます。

「パノラマ撮影」ができちゃう!

「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」は、パノラマ撮影が可能なので、自分でカメラを動かす必要なく、雄大な風景を、我が手中に収められます。我が人生に一片の悔い無し!

……もう、本機だけで、自主映画が、バリバリ撮影できちゃいますね! スゴい時代がきたもんだ! 感無量大数です。

「ビューティーモード」で美しい人はより美しく! そうでない人はそれなりに!

「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」は、「ビューティーモード」をオンにすると、AIが自動で肌の色彩を調整してくれるので、筆者のような美しい人はより美しく、そうでない人でもそれなりに美しく撮影が可能です。

バッテリーは大容量で連続撮影時間が長~い!

「Feiyu Pocket 2S」は、バッテリーがとにかく大容量なので、最大180時間の連続撮影が可能です。ちなみに「Feiyu Pocket 2」は、最大220時間の連続撮影が可能です。(撮影可能時間は使用状況によって異なります)

ただ、撮影しながらの充電も可能なので、例えば112万5000mAhの「EcoFlow DELTA Pro」といったポータブル電源を、片手で軽々持ち歩きながら撮影できる猛者(もさ)であれば、ほぼ無限? ……と言えるほどの連続撮影ができることでしょう。

たぶん、SDカードの容量の方が先になくなります。良かったですね……何が?

スマホ接続でよりベンリに!

「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」は、専用のスマホアプリをインストールして、Wi-Fiでスマホと接続すれば、ケーブルレスで遠隔操作が可能になります。

すると、スマートフォンのモーションセンサーを用いた、モーション遠隔操作までもが可能になります。すげー。

もちろん、ジンバルで撮影した映像を、スマホに転送して、SNSでシェアしたり、動画編集するのも思いのままです。

本体のみで、音声入出力可能!

「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」は、スピーカーもマイクも内蔵されているので、スマホがなければ音が出ない、録音できない、目立たない、臭わない、サ〇ンパス・ハイ! ……なんて情けないことは、もうありません。撮影後すぐに、本体だけで録画内容を確認可能な優れものです。

大画面液晶で、タッチ操作もラクラク!

「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」は、1.3インチの大画面のタッチセンサー内蔵液晶が搭載されているので、指の太さが1.3インチを大きく上回る人でない限り、お手軽カンタンにラクラク、サクサクと操作ができます。

HDMI端子搭載!

※「Feiyu Pocket 2」は非対応。

「Feiyu Pocket 2S」は、HDMI端子が搭載されているので、直接テレビに繋いで録画内容を確認可能です。

最大512GBのSDカードに対応!

「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」は、最大512GBのSDカード(4k/60fpsの場合はU3A2規格のカード必須)まで使えるので、解像度が高く、もしくは高解像度で、容量を食う映像でも、もとい容量が大きい動画でも、気兼ねすることなく、バンバン撮影が可能です。

テレワーカーに福音! Webカメラとしても使える!

「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」は、USB Type-C端子を搭載しており、PCと直接接続すると、なんとwebカメラとしても使えます。

テレワーカー歓喜ですね!

カメラ側が揺れたとしても、撮影した画像はほとんど揺れません。貴方自身が激しく揺れた場合は、残念ながらそのまま撮影されます。

アクセサリーが一杯用意されている!

「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」は、数多く提供されている同社のアクセサリーと接続することで、より撮影の可能性が広がります。

「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」の主な仕様は以下の通りです。

「Feiyu Pocket 2S」

サイズ(L×W×H):170mm×42.6mm×30.5mm
重さ:179g
素材:航空アルミニウム合金、PC/ABS
レンズ:130°、F2.0
ディスプレイ:1.3インチ
有効画素数:851万
センサー:1/2.5インチ CMOS
ズーム機能:4倍ズーム
電子シャッター速度:16~1/8,000秒
静止画モード:通常撮影、パノラマ(2×2.3×3、180°)
動画モード:動画、タイムラプス、モーションプラス、ハイパーラプス、スローモーション
動画解像度:4K 3840×2160@60/50/48/30/25/24fps 2.7K 2720×1520@60/50/48/30/25/24fps 1080P 1920×1080@120/60/50/48/30/25/24fps
セパレートデザイン:〇
HDMI出力:〇
稼働時間:180分(1,080/30fps).160分(4K/30fps)
充電時間:72分

「Feiyu Pocket 2」

サイズ(L×W×H):124.6mm×40.6mm×29.8mm
重さ:127g
素材:航空アルミニウム合金、PC/ABS
レンズ:130°、F2.0
ディスプレイ:1.3インチ
有効画素数:1200万
センサー: 1/2.3インチ CMOS
ズーム機能:4倍ズーム
電子シャッター速度:16~1/8000秒
静止画モード:通常撮影、パノラマ(2×2.3×3、180°)
動画モード:動画、タイムラプス、モーションプラス、ハイパーラプス、スローモーション
動画解像度:4K 3840×2160@60/50/48/30/25/24fps 2.7K 2720×1520@60/50/48/30/25/24fps 1080P 1920×1080@120/60/50/48/30/25/24fps
セパレートデザイン:×
HDMI出力:×
稼働時間:220分(1,080/30fps).190分(4K/30fps)
充電時間:72分

セパレート撮影に特化した「Feiyu Pocket 2S」と、画素数の多さとサイズの小ささを目指した「Feiyu Pocket 2」。どっちも魅力的! あ~ん、どうしよう?! どっちも欲しすぎて、夜も寝られなくなっちゃう!

……とまあ、これらの電動ジンバルなんですが、やっぱり両機とも実際に使ってみないと、何とも言えないのはいたし方ないところですよね。

それではお待たせしました! 驚愕! カメラが分離してどこからでも撮影OK!

セパレートタイプの超小型カメラ付きジンバル&通常機「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」を、さっそく試用してみることといたしましょう!

超小型カメラ付きジンバル&通常機「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」を試用してみました!

セパレートタイプの超小型カメラ付きジンバル&通常機「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」です。

化粧箱を並べてみると、確かにサイズの違いがよくわかります。でもどちらも、とっても小さいですけれどもね!

「Feiyu Pocket 2S」は、そのカメラと本体のセパレート機能が、何といっても特徴的です。カメラと本体は磁石で止まっています。

「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」は、全長以外の本体は、ほとんど同じ大きさっぽいです。

スマホアプリをインストールすれば、本体と連携して、様々なコントロールが可能になります。

もちろん、本体だけでも設定して撮影可能です。ただ、スマホアプリをインストールした方が、画像の取り込み、映像の加工がラクチンになるのは明々白々です。

QRコードをカメラアプリで読み込ませるか、アプリ名で「Feiyu Cam」で検索して、とっととダウンロードの上、インストールをします。

さっそく両機の電源を入れてみましょう。ジョイスティックで設定をするのかと思ったら、画面タッチで操作するのが正解でした。説明書をよく読んでいなかったので、最初、ちょっとだけ悩みました。

「Feiyu Pocket 2S」の場合、分離可能なカメラが、自由自在に動き回れます。その分、本体の背が高くなり、ケーブルを巻く部分ができてしまうのは仕方ないのかな。できればワイヤレスでカメラ接続……は、やっぱりサイズ的に難しいんでしょうね。

ま、全体的にサイズが小さいから、それはそれでオッケー!♪

上下の振動が激しい環境下での撮影も……。全然問題な~い! スゴい!
さすが「スタビライザー」、もとい「ジンバル」!

まあそういうことに特化した商品だからなんですけれど!

これなら普段のレビュー動画の撮影にも使えそう!

実際の試用動画がコチラ!▼

セパレートタイプの超小型カメラ付きジンバル&通常機「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」

セパレートタイプの超小型カメラ付きジンバル&通常機「Feiyu Pocket 2S」「Feiyu Pocket 2」。

久しぶりにコレを持って、家のまわりを走り回って撮影してきます!

※本記事掲載の内容、画像、動画は、株式会社マクアケ/FeiyuTech様より御承諾を頂いております。
※ほか資料・画像引用 筆者自身の撮影によるもの、もしくはメーカー・販売店サイト、又はWikipedia等。
※本記事は、執筆時点でネットに公開された資料や取材による情報に基づく商品やサービスの異訳調の紹介風なテキト~でいい加減な内容のエッセイとなりますが、筆者及び編集部はその内容や継続性等を保障するものではございません。(特に海外メーカーの場合、公開された仕様と実際の仕様が異なる場合があります)
※筆者及び編集部は、記事中の商品やプロジェクトを保障するものではございません。購入は自己責任となります。御注意ください。
※技術基準適合証明(技適)を取れていない商品がある場合、その機器の「使用」を勧めるものではございません。購入、利用に於いては、あくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※健康器具や健康食品の効果については個人差があるため、使用についてはあくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※クラウドファンディングには立案会社の問題でプロジェクトが頓挫する可能性や支援金が戻らなくなるリスクも稀(まれ)にあります。出資に当たっては、御自身で御判断いただきますようお願いいたします。
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は炎上しそうな箇所はおおむねフィクションです。

文/FURU
デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン 兼 自称漫画家 兼 ライター。電脳ねたがテーマの漫画を得意とする→https://www.furuyan.com
ゆかいなデジねた漫画「でじ@おた!」 大ヒット絶賛公開中!→https://amzn.to/2XxEJQS
YouTubeチャンネル開設中→https://www.youtube.com/user/furucyan/videos?sub_confirmation=1
2020年3月26日(木)J-WAVE 「STEP ONE」の「LIFE IN SMART」に生出演しました!

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。