小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスパーソンが抱えるストレスTOP3、3位人間関係、2位仕事内容、1位は?

2021.08.29

2021年ビジネスパーソンが抱えるストレス

フレックスや在宅勤務など新しい「働き方」が世間に浸透してきたタイミングで、新型コロナウイルスの感染が拡大。

緊急事態宣言の影響もあり、この1年間でビジネスパーソンの働き方は大きく変わり、多くの企業で新制度の導入や従来制度の変更が行われた。

そんな環境下で、チューリッヒ生命は全国1,000人のビジネスパーソンを対象に、今年で5回目となるストレスに関する調査を実施。現在ビジネスパーソンが抱えるストレスの要因に加え、働き方に関する新たな制度の導入とそれに伴うストレス、コロナが落ち着いた後にやりたいことなどが判明した。

ビジネスパーソンのストレス要因の第1位は昨年に続き「給与・賞与(金銭面)」

ビジネスパーソンが勤務先においてストレスを感じる1番の原因は、「給与・賞与(金銭面)」が昨年に続いて1位になった。金銭面をストレスの原因と選択した理由として、「業務量に対して給与が安い」、「年功序列で給与が決まり上がらない」など、コロナ禍と関係のないものから、「休業により収入減少」、「シフト削減」などコロナ禍の影響を受けたものまで幅広い回答があった。

「在宅勤務」制度を使用できる人は約4割。ただし、20代女性の過半数は在宅勤務がストレスの原因

新型コロナウイルスの発生前(2019年12月以前)から、「在宅勤務」を実施していると回答した人は19.3%でしたが、昨年の感染拡大以後に「在宅勤務」を使用できるようになった人は19.9%いるため、現在「在宅勤務」を選択できる人は全体で39.2%を占めている。

また、女性は低い年代ほど「在宅勤務」にストレスを感じやすく、20代女性の54.3%は在宅勤務がストレスの原因になっている。

自粛不要になったら最もやりたいことは、「旅行」が全体の52.5%

新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着き、自粛をする必要がなくなった時に最もやりたいこととして「国内旅行」が37.0%、「海外旅行」が15.5%という結果となり、全体の52.5%が「旅行」を選択した。

調査概要

1.    調査の方法:ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施

2.    調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国の20歳~59歳の有職者を対象に実施

3.    有効回答数1,000人(20代・30代・40代・50代、男女:各125人)

4.    調査実施日2021年5月27日(木)~2021年5月28日(金)

構成/ino.

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。