小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

経験者500人に聞いた「転職先で感じたプレッシャー」TOP3、3位仕事内容、2位周囲からの期待、1位は?

2021.07.30

新しい職場で働くにあたっては「同僚と仲良くやっていけるか」「仕事をちゃんとこなせるか」「周囲の期待が大きすぎたらどうしよう」など、さまざまなプレッシャーがある。

そこでビズヒッツは転職経験のある男女500人に「転職先で感じたプレッシャー」についてアンケート調査を実施。その結果をランキング形式でまとめた。

プレッシャーから解放されたのは転職後5.5ヶ月

転職先で感じたプレッシャー1位は「人間関係の構築」

まず「 転職先で最もプレッシャーに感じたことは何ですか?」と聞いたところ、回答は以下のようになった。上位7位までをランキング形式で紹介しよう。

ダントツの1位は「人間関係の構築」。2位以下は「周囲からの期待」「仕事の内容」「成果が出せるか」と続く。

「人間関係の構築」は新卒であれ転職であれ感じるプレッシャーだが、「周囲からの期待」などは転職ならではのプレッシャーといえそうだ。

転職・中途採用だと「即戦力」として期待されて入社するケースが多いので「期待が大きい」「成果を出して期待に応えないと」とプレッシャーがかかる人も多い。

続いて「転職先でのプレッシャーを克服するためにしたことは?」と尋ねたところ、回答は以下のようになった。7位までをランキング形式で紹介しよう。

1位は「積極的なコミュニケーション」。「転職先で感じたプレッシャー」第1位が「人間関係の構築」だったので、コミュニケーションが1位になるのは納得だ。

2位以下は「はやく仕事を覚える」「スキルを高める」と続いた。8位以下には「耐える」「開き直る」「自分を褒める」など「気の持ちようを工夫する」回答もあった。

最後に「転職先でプレッシャーから解放されるまでの期間」を聞いたところ、回答は以下のようになった。

プレッシャーから解放されるまでの平均期間は約5.5ヶ月。8割近くの人が、6ヶ月以内にプレッシャーから解放されたとわかる。

一方で「仕事を完全に自分で回せるようになった3年目くらい」「10年くらいかかった」という人も。

「退職まで解放されなかった」という人が16人、「今もまだプレッシャーを感じている」という人も19人いた。

調査対象:転職経験がある人

調査日:2021年6月22日~28日

調査方法:インターネットによる任意回答

調査人数:500人(女性311人/男性189人)

構成/ino.

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。