小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

市場規模は1.3兆円!利用しないともったいない仕事に使えるサブスクサービス

2021.06.17

仕事で使えるサブスク

サブスクテレワーク

仕事で使えるサブスクがシェアリングエコノミーを加速

 毎月決まった金額を支払えば、好きなだけサービスを利用できるサブスクリプションサービス。短期間で急成長を続け、今年には1.3兆円規模に到達するという。音楽や動画配信サービスをきっかけにポピュラーになったが、今では家電から自動車、腕時計、食品、美容まで定額で利用できるように。〝生活をサポート〟してくれる様々な分野に広がったサブスクだが、コロナ禍でさらなる深化を遂げた。多くの人がテレワークや在宅勤務を余儀なくされた中で、仕事をしやすい環境を整えたいという需要に応えたのだ。

 集客に窮したホテルは割安でワーケーションを実現できる長期宿泊プランを、大手のコワーキングスペースは多拠点を格安で使えるプランを発売。家具のサブスクはオフィスチェアのラインアップを拡充、法人限定だったリース会社が個人にもPCやプリンターの貸し出しを開始するなど〝仕事に使える〟サブスクが急増したのだ。

 日本サブスクリプションビジネス振興会の杉山拓也さんは以前、本誌の取材で、「シェアリングエコノミーブームを機に〝買う消費〟から〝好きな時に好きなだけ利用する消費〟へとライフスタイルは少しずつ変化した」と話したが、くしくも、不安定な経済状況が結果として、初期費用が抑えられ、試して合わないなら変更できるサブスクが、シェアリングエコノミーを加速させているともいえる。

 ただエンタメ向けと異なり、〝仕事用〟のサブスクだけに、ユーザーの目はより厳しい。今回、数ある中から各界の識者に本当に使えるものを選んでもらった。制限された仕事環境を快適にするには、使わない手はない!

サブスクリプションサービス市場の規模出典:ICT総研「2020年サブスクリプション市場動向調査」

サブスク需要が急拡大

取材・文/編集部

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。