小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

知ってる?「光陰矢の如し」の意味と正しい使い方

2021.06.24

聞いたことがある言葉でも、『光陰矢の如し』の意味や使い方が分からない人もいるのではないでしょうか。そこで、意味や由来と併せて、使い方と例文を解説します。類義語の言い換え表現も紹介するので、豊かな表現力を手に入れましょう。

「光陰矢の如し」とは

小説などの文章で、『光陰矢の如し』という言葉を目にする機会はありますが、正しい意味が分からない人もいるでしょう。これから目にした際に理解して読めるように、言葉の意味や由来を紹介します。

「月日が過ぎ去るのは早い」という意味

『光陰矢の如し(こういんやのごとし)』には、『歳月がたつのがとても早い』という意味があります。

光は『日』で、陰は『月』を表しており、光陰とは月日や年月の比喩表現です。矢の如しは『飛ぶ矢のように早い』ことを指しています。

さらに『月日がたつのは非常に早く、放った矢のように一度過ぎたら二度と戻ってこない』という捉え方もできるので、「何もせずに無駄に毎日を消費するのはやめよう」という戒めの意味も含んでいます。

言葉の由来

日本のことわざとしての『光陰矢の如し』の由来は定かではありません。

しかし最も古いものだと、平安時代前期(913年)の古今和歌集に記された『梓弓 春たちしより 年月の いるがごとくも 思ほゆるかな』という歌があります。これは「弓矢を放つようにときが早く過ぎる」という表現です。

さらに『光陰矢の如し』という記述が出てくる文献としては、鎌倉時代初期の『曽我物語』、明治時代の福沢諭吉『旧藩情』などが挙げられます。

漢文では「光陰如箭」

『光陰矢の如し』は漢文で『光陰如箭(こういんじょせん)』と書きます。

『光陰如箭』は中国の唐時代にあった詩が由来とされており、唐時代の詩人である『李益(りえき)』が『游子吟(ゆうしぎん)』という書物のなかで記しました。これが『光陰矢の如し』の漢文としてのはじまりとされています。

その後には、『蘇軾(そしょく)』の『行香子 秋興詞』などで使用されています。

「光陰矢の如し」の使い方と例文

(出典) pexels.com

それでは、『光陰矢の如し』とはどのように使えばよいのでしょうか。使い方を具体的な例文とともに紹介します。

「光陰矢の如し」の使い方

『光陰矢の如し』は、時間があっという間に過ぎてしまうことを憂うときや、その時間を惜しむ気持ちを伝える例えとして使用されます。さらに「時間は取り戻せないから日々を大切に過ごそう」という意味の戒めや格言としても使われます。

また『光陰矢の如し』は、動きや物理的なスピードが速いときに使用される例がありますが、本来『光陰』は時間や歳月、それに伴う人生が過ぎる早さに対して適用される表現になります。例えば「あの野球選手が投げるボールのスピードは、まるで光陰矢の如しだ」という文章は本来の意味と異なるので注意しましょう。

「光陰矢の如し」の例文

ここからは、場面別に具体的な例文を紹介しましょう。

『あっという間に過ぎる時間を憂うときや惜しむとき』は以下のように使います。

  • 歳を重ねるのはあっという間で、まさに光陰矢の如しだ
  • あんなに小さかった息子が大学を卒業する。子育ては光陰矢の如しだった
  • もう結婚してから40年がたちました。光陰矢の如し、楽しい日々でした

『日々を大切に過ごそうという意味の戒めや格言として使うとき』は以下のように使います。

  • 大人になれば10年なんて光陰矢の如しだ、今のうちに青春を楽しもう
  • もう過ぎてしまった日々は戻ってこない、光陰矢の如しだから毎日を一生懸命に生きよう
  • まだ時間はあると何も行動しないでいると、光陰矢の如し、日々は無情にも過ぎていってしまうよ

「光陰矢の如し」の類義語

(出典) pexels.com

そのときの状況や使用場面によっては、『光陰矢の如し』ではなく類義語が適していることもあります。そこで、覚えておくと役に立つ類義語を例文と合わせて紹介します。

「歳月人を待たず」

『歳月は人を待たず』は、『時間とは人間の都合に関係なく過ぎていくもので、留まらず待ってはくれない』という意味があります。

さらに『時間は待ってくれずに人はすぐ老いてしまう』という捉え方もできるので、「二度と戻らない時間を無駄にしないで、一生懸命努力して励め」といった戒めとしても使用されます。

また、『歳月』を『期日』と解釈して使うのは誤用なので注意しましょう。

  • 遊んでばかりいたらもう夏休みが終わってしまった。まさに歳月は人を待たずだ
  • 歳月は人を待たずという言葉を見習って、部活も勉強も一生懸命頑張りなさい

「白駒の隙を過ぐるが如し」

『白駒の隙を過ぐるが如し(はっくのげきをすぐるがごとし)』には、『月日は過ぎていくのがとても早い』という意味があります。『白駒』は白馬、『隙』が表しているのは壁の隙間です。

由来は『荘子』で、原文には『人生天地之間、若白駒之過郤、忽然而已』と記述されています。これは「人生とは白馬が走りすぎるのを戸の隙間から一瞬見るかのように、ほんの束の間に過ぎない」という表現になります。

  • 前回の同窓会からもう5年もたったのか、人生は白駒の隙を過ぐるが如しだね
  • 人生は白駒の隙を過ぐるが如しだから、毎日を楽しんで過ごそう

構成/編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。