小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

サステイナブルでスタイリッシュなDSの電動SUV「DS3 CROSSBACK E-TENSE」

2021.05.30

エレガンスとテクノロジーの融合

2020年に続いて2021年も自動車業界では、 電気自動車(EV)が大きなトピックとなりそうだ。 今回は、フランスで造られた100%電気で 駆動する最新のコンパクトSUVをチェックした。 

 電気自動車というと4〜5年前まではモーターショー会場での試乗とか、海外メーカーが発表したモデルに試乗するぐらいしか、触れる機会がなかった。ところが、ここ1〜2年の間に海外メーカーが積極的に日本市場にEVを投入。

 一時期はテスラと日産がEV市場を牽引しているかのようだったが、最近では高級車からタウンユースまで車種の幅が広がり、いよいよEVも比べて選ぶ時代に突入した。しかしEVも、製作したメーカーや国柄によって性格が異なるということは覚えておく必要がある。目的や性格を理解せず購入すると、後悔することもあるだろう。

 今回、紹介するのはスタイリッシュさを追求したコンパクトサイズのEVだが、生産国でのクルマの使い方が、明確にクルマ造りに表われているといってもいいだろう。『DS3 CROSSBACK E-TENSE』はシトロエンのおしゃれブランド。ボディーサイズは『MX−30』より小ぶりだが、電池容量が50‌kWhと大きいので100%充電で250km走行可能と表示されていた。

 フランスではアパート住まいの人が多く自宅で充電できる人が少ないため大容量の電池が求められるのだ。しかもドライブセレクターをBモードにし、ドライブモードのエコを選択すると、街中を走行している時も確実に回生装置が働き、航続可能距離が増えていく。ここでもフランス人が好みそうな合理主義を体感することできる。

 このようにクルマが造られた背景や性格を理解すると、EV選びもきっと楽しくなるに違いない。

DS『DS3 CROSSBACK E-TENSE』

Specification
■全長×全幅×全高:4120×1790×1550mm
■ホイールベース:2560mm
■車両重量:1580kg
■電池容量:リチウムイオン電池50.0kWh
■モーター形式:交流同期
■最高出力:136PS/5500rpm
■最大トルク:260Nm/300〜3674rpm
■変速機:自動無段
■一充電走行可能距離:320km(WLTCモード)
■車両本体価格:534万円
※「Grand Chic」

DS『DS3 CROSSBACK E-TENSE』

『DS3 CROSSBACK』ガソリンモデルとの違いはボンネットの上にある「E-TENSE」のエムブレムの有無だけ。フランスでは「グレー=エコ」を意味するため、グリルの色がグレーとなっている。

DS『DS3 CROSSBACK E-TENSE』

リアドアウインドウが斜めに切り上がっているのはデザイナーの遊び心。リアウインドウまでブラックにしてワゴンスタイルを強調。全高を1550mmに抑えているのは日本市場を考えてのこと。

DS『DS3 CROSSBACK E-TENSE』

全幅は『MX-30』より5mmだけ狭いが、テールランプを結ぶ横一直線のラインやフェンダーの後端左右に立つリアアクセサリーランプの処理で幅広く見える。リアゲート開口部はやや高め。

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。