小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

置き方を変えるとどうなる?マットレスのローテーション効果を検証してみた

2021.04.14

「西川AiR Si」。

 枕を取り替えたら首・肩周りの痛みが消えた、という記事を2月に書いた。以降、快適就寝・起床の日々を送っていた。だが喜びも束の間、3月中旬頃から朝起きると腰が痛い、1日中腰が痛いという日々が続く。毎日のロシアン・ツイスト他のストレッチ、週に1度の10kmジョギングには支障なく、ましてや生活が不自由というほどではない。痛みもズキズキと常に痛むのではなく、ギックリ腰をやった方にはわかると思うが、ギックリ腰痛のピークは過ぎて日常生活はできるようになったがまだ腰が痛い、そんな程度の痛みだ。

 この腰の痛みには経験があり、2018年7月に記事にした。その頃に感じていた腰の痛みは、ベッドマットレスの上に敷いたマットレスの寿命が原因で、新規購入した「西川AiR Si」に換えるやたちまち治った。購入にあたりあれこれ調べて、マットレスの寿命は7〜8年と承知していたので、今回の腰の痛みの原因がマットレスとは思えない。なにせ、買ってからまだ3年も経っていない。ちなみに僕の体重は64kg、極度にマットレスに負荷をかけることはない。

 原因を探るべく、“起床 腰痛”でネット検索してみた。たくさんの情報があったが、なるほどと思ったのは“寝返りの少なさが原因”という指摘だ。2月に記事にした枕も、寝返りのしやすさを謳っている。マットレスでも、寝返りのしやすさは重要なファクターのはずだ。となると、やはり僕のマットレスがへたってしまい、寝返りしにくくなったということなのか?

メーカーの注意書き。

 一昨年7月まで使っていたマットレス、いつの頃からかは記憶にないが、腰のあたりの反発力が弱いと思うようになった。左右や上下の端の方が、中央より明らかに固かった。ここ数週間、今のマットレスにも同様の思いがある。メーカーの注意書きに従い、月に2回くらいは“立てかけて風通しを良くし、湿気分を拡散させる”ようにはしてきたが、もっと頻繁にすべきだったか? いや、この“敷きっぱなしに注意!”はカビ対策で、反発力低下とは無関係のように読み取れる。

 ネット情報をさらに探すと、マットレスの“ローテーション”を推奨する記事があった。腰回りの重みが同じところに集中しないように、上下表裏を3ヶ月で交替させるといいという。上下表裏を変えたところで、マットレスに接する腰回りの位置がさほど変わるとは思えないが、一理はあるような気はする。そこで現状と最も異なるよう、上下、表裏、ともに反対にしてみた。

現状(パターンA)。

現状とは、上下、表裏を反対に(パターンB)。

 すると驚きの効果覿面、腰回りの反発力が十分にある。新品時のようで、同じマットレスとは思えない。ただし、それでも腰の痛みが出るなら意味がない。その翌日は少し痛みがやわらいだ気がしたが、思い込みか? だがそのわずか4日後に、痛みが消えた。“ローテーション”効果、絶大だ。

 そこで気づいた。マットレスの上下表裏を変えれば、4通りの敷き方となる。僕はそのうちのパターンAだけで2年9ヶ月を過ごしてしまい、パターンAの寿命を使い果たしてしまったのではないだろうか。パターンAのまま使い続けて、2年半強は問題なかった。よってパターンA、B、C、Dと3ヶ月交替で回せば、1パターンあたり少なくても2年(3ヶ月を8回)はもつと推測できる。4パターンで合計寿命は8年となり、巷間のマットレス寿命と辻褄が合う。ただし僕はパターンAを“酷使”したので、“ローテーション”してもB、C、Dの寿命は2年もないと思われる。

凹凸面が上の表側。

裏側。

 この“失敗”をもとに“ローテーション”がテーマの記事を書こうと思い、改めてメーカーの注意書きを取り出した。前述の湿気対策は書かれているが、“ローテーション”への言及はない。だが“正しい使い方”として、“凹凸部分を上にしてお使い下さい”とある。上下表裏を反対にしたパターンBは効果抜群だったが、凹凸部分が下になるのでメーカー的には“正しくない”。パターンBを続けるとさらに寿命を縮めるのではと、裏表を表裏に戻し、上下だけを反対にした。これをパターンCとしよう。わかりやすいことに、腰回りの反発力はB>C>Aだった。B>Cでも、腰が痛くならなければパターンCでいいのだが果たして?

 パターンC、まったく問題なし。快適就寝・起床の日々が戻った。ただし悩ましいのが、次の“ローテーション”時期だ。パターンAのように2年9ヶ月使い続けるのは論外かつさらなる劣化は必然として、ネット記事が勧める3ヶ月後にパターンAに戻したとしよう。パターンAの反発力が復活して腰が痛くならなければ万々歳だが、痛ければパターンCを続けるしかない。やがてパターンCでも痛いとなれば、“正しくない”パターンB、そしてパターンDを発動するしかない。食品や薬ではないので、“正しくなくても”腰が痛くならないなら、体に悪いということはないだろう。

 購入時から3ヶ月ごとに上下反対“ローテーション”していたら本来の寿命まで使えたはずだが、もはや期待できまい。しかし、教訓は得た。上下表裏を反対にしたパターンBの、2年9ヶ月後にして新品時のような反発力を鑑みると、表裏が同形状、よって表裏反対もありの4パターン“ローテーション”可能マットレスの方が、表裏があるマットレスよりも寿命が長いのではないだろうか。次の購入時は、その点も検討事項に入れるつもりだ。

文/斎藤好一(元DIME編集長)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。