小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

自分だけの集中できる環境を手に入れたい人におすすめのイヤープラグ「Quietide Q13」

2021.04.11

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

アメリカの心理学者エレイン・アーロン博士によって提唱された概念「HSP(Highly Sensitive Person)」は「非常に繊細な人」を指す用語であるが、どのような特徴を持つ人であるかが示されたことによって、自分がそうであることを自覚したり、それによって世の中とどう向き合っていくべきか考えられるようになった人もいるのではないかと思う。ちなみに私もこのHSPに該当すると思われ、そのためか分からないがやはり世の中の音の大きさについては気になることが多い。そしてそれにより知らず知らずのうちに集中力を削がれたり、精神的に疲弊したりしているのだろうと推測している。今回紹介するのはイヤープラグの一種である『Quietide Q13』という製品だ。

『Quietide Q13』とは?

『Quietide Q13』はイヤープラグの一種である。

そもそもイヤープラグについてはあまり聞き馴染みがない人も多いかもしれない。見た目は耳栓にも、イヤホンにも見えるのにそのどちらでもないので余計に不思議に映るだろう。ライブや野外フェスといった大音量の音楽がかかるイベントでは大きな音に耳を長時間暴露することによる耳への悪影響が心配される。そうした影響を軽減するのがイヤープラグというものだ。耳栓と異なるのは、こうした用途を想定して音のバランスを極力変化させることなく、音圧だけを低下させる点である。この製品の場合、公式説明では35dB(デシベル)の低減効果があるということ。そのおかげで耳へのダメージを下げつつ、それでいて自然に音楽を楽しむことができる。もちろん今挙げた用途は一例であって、その他には旅行、睡眠、DIY、勉強、仕事、騒音作業、レースといった幅広い場面での活躍が期待できる。ただし、音圧を低下はするもののゼロにするわけではない点は誤解がないようにしたい。製品レビューなどを見るとその点を誤解して購入し、低評価を付けているのではないかと伺える人もいる。

『Quietide Q13』を実際に使用した感想

個人的にこの製品に一番期待していた「集中できる環境を整えられるか」については問題ないように感じた。実は以前に別のイヤープラグ『VIBES』という製品についてここで紹介しているが、そちらの製品と同様に装着すると聞こえる音の大きさは下がり、世界が自分から遠ざかったような感覚になる。聞こえにくくなる音には、例えば冷蔵庫のモーター音や換気扇の音など、あまり意味を持たない雑音の類が中心の印象だ。もちろん人の声も音量が小さくなるのでカフェ等で他人の会話が聞こえにくくなる、というメリットはあるのだが、会話したい相手の声も当然小さくなってしまうので、例えばレジでの注文時等にこの製品を付けたままの会話は難しいように感じた。この点はapple社の『AirPods Pro』のように外の音を取り込んでくれる仕組みがあるわけではないので仕方ないだろう。

もう一点この製品で評価したいのはデザインの点だ。先ほども触れた『VIBES』という製品については、機能の点では評価しているのだがデザインの点で実は不満があった。 『VIBES』ではサウンドチューブと呼ばれる本体部分が棒状になっており、耳に装着するとそれが耳から生えているような見た目になっていた。

透明な樹脂で作られているので確かに目立ちにくいデザインではあり、ほとんどの場合は装着をしていることに気づかれずに話しかけられることが多かったのだが、それでも横から見れば分かってしまうので、その点を残念に感じていた。一方、『Quietide Q13』の場合はSNR33dbフィルターと呼ばれるパーツにイヤーチップが装着されており、耳に着けた際にリングが納まっているような見た目となる。その見た目を良しするかは人それぞれだと確かに思っているが、個人的には悪くないと思っている。今回購入したカラーのブラックゴールドも安っぽさを感じさせないし悪目立ちすることもなく気になっている。ちなみにもう1つのカラーバリエーションはローズゴールドとなっているので、男性の場合はブラッグゴールドを選択する人が多いのではないかと予想する。

一方で、もう少し頑張ってもらいたかったのが収納ケース。この製品では専用の収納ケースが付属しているのだが、いかに安っぽいデザインでこれにいれてそのまま携帯しようと思う人はなかなかいないのではないかと思う。世の中には収納ケースにまでこだわりを感じるイヤーチップも目にするので、そうしたものを見習って欲しかった、というのが率直な感想だ。私個人は『Chip』という革製の小銭入れを収納ケース代わりに使用している。

『Quietide Q13』を購入するには?

『Quietide Q13』は本体にあたるSNR33dbフィルターほかL・M・Sサイズのイヤーチップと耳栓収納ケース、イヤーチップ用ケースが付属している。Amazonからは税込1,780円で購入することが可能だ。

参考:https://www.amazon.co.jp/dp/B08QVJ4Z8R

text/Wataru KOUCHI

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。