小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

品質管理に欠かせない「QC7つ道具」とはどんな意味?

2021.03.30

製造業において欠かすことのできない品質管理。製造工程におけるデータを管理・分析し、品質改善を行う方法はいくつか存在するが、その代表的なものとして「QC7つ道具」と呼ばれる手法がある。

本記事では、QC7つ道具の意味や仕組みをわかりやすく解説する。主に製造現場で活用されている基本的な手法だが、覚えておけば、それ以外の業種でも活用できるはずだ。

QC7つ道具とは

QC7つ道具」のQCは「Quality Control:品質管理」の頭文字をとった略語。QCの「7つ道具」とは、品質管理における分析・改善を適切に行うためのフレームワークを指す。定量的なデータを扱う場面に効果的であることから、製造業の生産現場などで活用されることが多い。具体的には、「パレート図」「特性要因図」「グラフ」「ヒストグラム」「散布図」「管理図」「チェックシート」の7つを指す。

パレート図

パレート図とは、データを工程や項目ごとに分類し、棒グラフと折れ線グラフで表した図。全体の20%の要因が、残りの80%に影響を与えるという「パレートの法則」を可視化することができる。重点的に改善すべき不良項目を発見し、クオリティを効率的に向上する上で欠かせない存在だ。

特性要因図

特性要因図とは、「ある問題の特性(結果)がどのような要因で構成されているのか」を矢印で整理する図。「なぜ不良が生じたのか」という問題に対し、「マニュアルに不備があった」「検査が不十分」など考えられる要因を分析し、矢印で繋いでいく。特性要因図を用いて特性と要因の関係を明らかにすることで、具体的な改善策を検討しやすくなる。矢印の集合体が魚の骨の形に似ていることから、「魚の骨図(fishbone diagram)」と呼ばれることもある。

グラフ

グラフは、数値の比較や変化を把握するためにデータを視覚的に表現したもの。品質管理の場面では、「棒グラフ」「折れ線グラフ」「円グラフ」「レーダーチャート」「帯グラフ」などが多く用いられる。同じデータで異なる複数のグラフを作成することで、多角的な検討が可能。

また、QC7つ道具のすべてに適用可能な「層別」という手法もある。7つ道具の1つとされる場合もあるが、「ツール(道具)」ではなく方法として捉えることが多い。データをある特定の分類基準に分ける手法で、グラフと組み合わせることにより問題の原因究明に役立つ。

ヒストグラム

ヒストグラムとは、特定のデータを一定範囲で区切り、それぞれの度数を表にまとめた図のこと。データをヒストグラム化することで、分散度合いや中央値を把握することができる。製造工程上の問題を突き止める方法として効果的。「柱状グラフ」や「度数分布図」などと呼ばれることもある。

散布図

散布図は、ある2つの項目をそれぞれ「X軸」と「Y軸」に設定し、各データをプロットしたグラフ。2つの項目の相関関係を把握するのに適しており、多くのデータをプロットしていくことで一定の傾向が確認できる。

Xの増加につれてYも増加している右肩上がりのグラフは「正の相関」があり、Xの増加に対しYが現象している右肩下がりのグラフでは「負の相関」がある。XYの増減に規則性が見られない場合、2つの項目は相関関係にないことが分かる。

管理図

管理図とは、各製造工程における品質のバラつきを可視化するための図。「中心線(CLCenter Lines)」を基準に、その上方に「上方管理限界(UCLUpper Control Limit)」、下方に「下方管理限界(LCLLower Control Limit)」を設定し、管理状態が管理限界内で安定しているかを確認する。管理限界の外側に出ているデータから、管理工程の異常を発見することが可能。

チェックシート

チェックシートとは、あらかじめ設定した項目に従ってデータを記入していく表のこと。製造現場では、主に点検と記録を目的として活用されている。点検用は、点検漏れやチェックミスなどを防止するいわゆる‘’ポカヨケ‘’として用いられ、記録用は、分析材料としてのデータを収集するために作成されることが多い。

「新QC7つ道具」も存在する!

ここまで、主に製造業の品質管理に用いられるQC7つ道具を解説してきたが、実は「新QC7つ道具」という手法も存在する。従来型とセットで覚えておこう。

QC7つ道具との違い

QC7つ道具とは、「言語データ」を視覚的に整理することで問題解決を目指す品質管理手法。「親和図法」「系統図法」「連関図法」「マトリックス図法」「アローダイアグラム」「マトリックスデータ解析法」「PDPC法」の7つの手法を指し、「N7New Quality Control – 7 Tools」と呼ばれることもある。

「データの視覚化」という点では従来のQC7つ道具と新QC7つ道具は共通する部分はあるが、前者が「定量的な分析」を行うのに対し、後者は「定性的な分析」を実施する。つまり、数値化が困難な「言語データ」の分析に適しており、営業・経理・総務などの分野で広く活用されている。

文/oki

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。