人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【5分で簡単おつまみレシピ】ハムカツ

2016.01.24

 今週は『道具』をテーマに1品紹介します。今回作る料理はコチラ。

『ハムカツ』

 赤提灯の居酒屋などでは定番の1品ですが、お肉屋さんの惣菜としてテイクアウトの定番でもあり、子供の頃から慣れ親しんだ懐かしのメニューと言う方も多いのではないでしょうか。昔から変わらないこのハムカツ。気がついたらなんだか食べたくなってしまう時があります。

 そんなハムカツですが、家で作るのは意外と敬遠されがちです。何故かというと、やはり揚げ物だということが大きいかもしれません。揚げ物をするのが面倒くさい、揚げ物の温度管理が難しい。そういう方は多いと思います。

 ただ、今回紹介するハムカツは本当に簡単。調理工程はだいたいの想像が付くと思いますが、揚げ物と言うのは炒め物をするより簡単なんです。だって、油の中に入れるだけで出来上がるんですから。なので、面倒なことは何もなし。使い終わった揚げ油だって、また他の料理に再利用すればいいんですから。

 もう1つの問題の温度管理。料理番組や料理雑誌などには、衣を少し垂らしてその揚がり具合を見るとか、菜箸を入れて細かい泡が出ればそれが適温、などとありますがそれを見極めるのが難しい。火力が強ければ、揚げてる間にもどんどん油温は上昇しますし、材料を入れた瞬間には油温はグンと下がります。とてもじゃないけど、そこまでの見極めは素人には難易度高いです。

 ということで、これを解消するには今回のテーマとなる道具を使いましょう。用意するのはコチラ。

【ドレミ倶楽部・藤田晋也の5分で簡単おつまみレシピ】ハムカツ

 これは揚げ物用温度計です。揚げ油の高温にも耐えれる計測器。ちなみにお値段はホームセンターで1280円程度。盤面はこのようになっています。

【ドレミ倶楽部・藤田晋也の5分で簡単おつまみレシピ】ハムカツ

 これさえあれば、揚げ油の温度管理はバッチリ。失敗する事はまずないでしょう。この計器を見ながら火力を調整すればいいんです。

 揚げ油の適温は180℃。低温と言われるのが160℃からで、高温となると200℃。この間で揚げ物は調理されます。よっぽどの食材でなければ、180℃を守っておけば、焦げる事も生焼けになることもないでしょう。これで準備は万端。実際に作ってみましょう。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。