小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

説明できる?「越える」と「超える」の違い

2021.03.17

『越える』と『超える』には明確な違いがあります。場所や時間をこえる場合は『越える』、数値や基準をこえるなら『超える』が正解です。具体的な意味やそれぞれの違いを知り、文脈に合わせて正しく使い分けられるようになりましょう。

「越える」と「超える」の意味

使い分けを迷いやすい代表的な漢字に、『越える』と『超える』があります。それぞれの意味や例文を紹介します。

「越える」は先へ行く

ある時間・地点・境界を通過して、向こう側へ行くことを意味する言葉が『越える』です。移動して場所や時間が変わる様子を表します。

『夏を越える』『年を越す』と使う場合は、日時や季節がある時点を過ぎることです。『山を越える』『頭上を越す』のケースでは、障害物となるものを通り過ぎる様子を表しています。

『負け越す』『持ち越す』『乗り越える』など、他の動詞と組み合わせて使うことも多いです。『越権』『卓越』などの熟語からも分かるように、『物事の範囲や程度をこえる』『優れている』といった意味もあります。

「超える」は上回る

一定の基準・数値・限度を上回ることを指す言葉が『超える』です。『抜きん出る』『オーバーする』といったイメージを表現したい場合に使われます。

『人口が10万人を超える』『弟子が師匠を超える』『制限速度を超す』などの使い方が基本です。他の動詞と組み合わせて使うことはほとんどありません。

ある数字を『超える』と表現する場合、その数字を含まないことに注意が必要です。例えば、『1万円以上の金額』は1万円も含まれますが、『1万円を超える金額』は1万円を含みません。

漢字の『超』は、程度が極端である様子を意味するケースでも使われます。『超高層』『超高速』『超満員』などが代表的な熟語です。

「越える」と「超える」の例文

『越える』と『超える』を使った例文を、それぞれ三つずつ紹介します。うまく使い分けるためには、何をこえるのかを意識することが大事です。

  • 隣家の木から枝が伸びてきて、敷地の境界を越えて自宅に侵入している
  • 今回の行政命令は、法律で定められた権限を越える可能性が高いとの司法判断が下された
  • ここ数日は残業が続いており、気付けば日付を越えていることも珍しくない
  • おいしいと噂のスイーツを取り寄せて食べてみたが、想像の域をはるかに超えていた
  • 資格試験に合格するためには、全ての科目で60点を超える必要がある
  • 彼が残した実績を超えられなければ、当社では優秀なビジネスマンとは認められない

「越える」と「超える」の違い

『越える』と『超える』を正しく使い分けるためには、こえる対象や方向の違いを意識することが大事です。両者の具体的な見極め方を解説します。

「越える」は場所や時間

こえる対象が場所や時間の場合は、『越える』を使うのが正解です。場所なら山・峠・国境・頭上・ラインなどが、時間なら夏・冬・年・日付・今などが該当します。

こえる動きの方向も意識しましょう。『越える』ケースでは、対象となるものを基準に『横方向』へ移動するイメージです。

場所や時間のカテゴリに属するものを基準に、横方向へ移動してこえるのであれば『越える』がふさわしいと判断できます。迷ったときの目安として使える考え方です。

「超える」は数値や基準

数値や基準に当てはまるものをこえるなら、『超える』が適しています。具体的な数字で示されたものや、定員・制限重量・予想などが該当します。

はっきりと数字で表されていなくても、具体的な数字に置き換えられるものなら『超える』が使用可能です。標準体重・最高気温・平均年齢など、具体的な数字に置き換えても文章が成り立つケースでは『超える』を使います。

動く方向に関しては、横に移動する『越える』と違い、『超える』は『上』へ動くイメージです。対象となる数値や基準を上回る方向へ移動します。

「越える」と「超える」の使い分け方

『越える』と『超える』の選択に迷ったら、それぞれの漢字を使った熟語で判断できないか試してみましょう。また、両方の意味を込めるために、平仮名で表記する方法もあります。

迷ったら熟語で判断

『越える』を使った熟語は数多くあるため、熟語で判断しやすいのが特徴です。越権・越境・越年・越冬など、こえる対象になるものと組み合わせた熟語があれば、『越える』が正解だと分かります。

どちらを選択すればよいのか迷ったときは、『こえる』を『超過する』に置き換えてみるのも一つの方法です。文章に違和感がなければ『超える』が適しています。

他にも、引越・越階・越度・超人・超勤・超群など、それぞれの特徴を備えた熟語から判断することが可能です。自信がないときには、熟語がないか探してみましょう。

両方の意味を込めたいときは平仮名で

『こえる』を使う場面では、両方の意味にとれるケースがあります。例えば『60歳をこえる』では、通過する意味なら『越える』、上回る意味なら『超える』が考えられます。

『見通しの立たない世の中をこえて』も同様です。過ぎ去る場合は『越える』、克服するなら『超える』が適しています。

意味があいまいなケースや両方の意味を込めたいケースでは、平仮名を選ぶとよいでしょう。どちらの意味にもとれるようにしておけば、読み手の想像力を膨らませることも可能です。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。