人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

持ち運びに便利でコストも抑えられるSIMフリー版の「iPad mini」を賢く使いこなすヒント

2020.12.31

手ごろなサイズで持ち運びに便利なiPad mini。外出先でも便利に使いこなそうとモバイル通信が可能なWi-Fi+Cellularモデルを選択する人も多いのではないでしょうか。Wi-Fi+Cellularモデルでは、モバイル通信を利用するためにキャリアの選択も必要です。そこでSIMフリーにして格安SIMを使えば、使用料を抑えることが可能です。今回の記事では、SIMフリーのiPad miniの使い方や格安SIMを使う際の注意点などをご紹介します。

【参考】iPad mini(Apple)

そもそもSIMフリーとは? iPad miniでもできるの?

モバイル通信を利用する端末に必ず必要となるのが、SIMカードです。電話番号などの情報が書き込まれたもので、通信キャリアから発行されます。

キャリアから購入する端末は、初期設定では基本的にそのキャリアが発行したSIMカードしか使えないものが多いです。これが“SIMロック”と呼ばれるものです。反対に、SIMロックを解除してどのキャリアでも使えるようになった端末は“SIMフリー”と呼ばれています。

端末を購入したキャリアとは違うキャリアのSIMカードを利用するなら、SIMフリーの端末を用意する必要があります。iPad miniについても同様です。

SIMカードがないiPad miniもある

iPadシリーズには、Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルがあります。このうち、Wi-Fiモデルはキャリアの回線を利用しないので、SIMカードを必要とせず、SIMカードスロットもありません。つまり、iPadのSIMロックやSIMフリーといった区別は、Wi-Fi+Cellularモデルのみでの話ということになります。

手持ちのiPad miniがSIMフリーかどうか知りたい! 確認方法は?

iPad miniがSIMフリーか確認するには、実際に他社のSIMカードを挿してみればわかります。使えればSIMフリー、使えなければSIMロックされています。他社のSIMカードを用意できない場合は、キャリアに問い合わせるのが確実です。

中古のiPad miniを買う時はSIMフリーかどうか注意

中古のiPad miniは、新品よりも安く手に入れられるものの、SIMロックの状態の確認が必要です。確実に自分のキャリアで使えるよう、SIMフリーと明記されている商品を選びましょう。

SIMロック版でも、対応キャリアが自分の契約キャリアと同じなら問題なく使えます。キャリアが違うなら、SIMロックが解除できる機種かを確認しましょう。また、解除可能な機種であっても、実際に解除できるかどうかはキャリアが定める条件を満たしている必要があります。

【参考】意外と簡単!iPadのSIMロックを解除する方法

iPad miniで使われるSIMカードのサイズは?

現在日本で使われているSIMカードのサイズは、標準SIM、microSIM、nanoSIMの3種類があります。このうち、iPad miniは最も小さいnanoSIMを使用します。ほかのサイズでは、トレイに収まらないので注意しましょう。

iPad miniで格安SIMを使う時の注意点

SIMフリーのiPad miniを手に入れたら、格安SIMを使えば、毎月の使用料を大きく抑えられます。格安SIMを利用するなら必ず、iPad miniに対応しているキャリアを選ぶようにしましょう。対応機種にiPad miniが含まれていないと、最悪の場合は全く使えない可能性もあります。キャリアの公式サイトでは対応機種を公開しているところもあるので、事前に確認しておきましょう。

【参考】「iPad mini」のSIMロックを解除して格安SIMを使ってみた!

SIMフリー版iPad miniの価格はどれくらい?

Apple Storeでは、SIMフリーのWi-Fi+CellularモデルiPad miniを購入できます。

価格は、64GBモデルが6万800円(税抜)、256GBモデルが7万7800円(税抜)です。

【参考】iPad miniを購入(Apple)

SIMフリー版iPadを購入するならApple Storeがおすすめ

Apple Storeで販売されているiPadは、購入と同時に回線契約をしない限り、全てSIMフリー版です。公式ストアのため購入可能なモデルは全て揃っていますし、下取り対象のデバイスがあれば、割引で購入も可能です。

SIMフリー版無印iPadの価格は?

いわゆる無印iPadのWi-Fi+Cellularモデルの価格は、32GBモデルで4万9800円(税抜)。128GBモデルで5万9800円(税抜)となっています。

【参考】iPadを購入(Apple)

SIMフリー版iPad Proの価格は?

11インチ iPad ProのWi-Fi+Cellularモデルの価格は、128GBモデルで10万1800円(税抜)、256GBモデルで11万2800円(税抜)、512GBモデルで13万4800円(税抜)、1TBモデルで15万6800円(税抜)です。12.9インチiPad Proの場合は、それぞれ2万円プラスとなります。

【参考】iPad Proを購入(Apple)

SIMフリー版iPad Airの価格は?

iPad AirのWi-Fi+Cellularモデルの価格は、64GBモデルで7万7800円(税抜)、256GBモデルで9万4800円(税抜)です。

【参考】iPad Airを購入(Apple)

iPad miniのSIMカードを出し入れするには?

Wi-Fi+CellularモデルのiPad miniを使い倒しているものの「SIMカードなんて買ってから一度も出したことがない!」という人もいるかもしれません。ここで、SIMカードの出し入れ方法をおさらいしておきましょう。

なお前述した通り、iPad miniに対応するのはnanoSIMです。購入時はサイズを間違えないよう注意しましょう。

iPad miniのSIMカードトレイの取り出し方と入れ方

iPad miniのSIMカードスロットは、新旧問わず本体下部付近の右側にあります。付属しているSIM取り出しツール(クリップの先端などでも可)をスロットの下の穴に差し込んで、iPad miniに向かって押し込むと、SIMカードトレイが出てきます。あまり強く押し込みすぎないよう注意してください。

トレイを引き出したら、SIMカードをセットします。角の斜めに欠けている部分が合うように、トレイにセットしましょう。セットしたら、トレイを取り外した時と同じ向きで、iPad miniに奥まで差し込みます。

【参考】iPhone や iPad の SIM カードを取り出す/差し替える(Apple)

SIMフリー版のiPad miniなら、格安SIMを使えるようになるだけでなく、海外旅行などでも、渡航先のSIMカードを利用できます。SIMフリー版を活用して、iPad miniを賢く使いこなしましょう。

※データは2020年12月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。