人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

機能とデザインを両立したデロンギの電気ケトル、買うならどれ?

2020.12.19

キッチンや食卓にあると便利な電気ケトル。毎日使うものなので、デザイン性にも機能性にも注目して選びたいところです。電気ケトルは様々なメーカーから販売されていますが、イタリアのブランド“デロンギ”の製品は、デザイン性と機能性を兼ね備えた製品をラインナップしており人気が高いです。今回は、デロンギの電気ケトル全シリーズの魅力を解説します。

口コミでも高評価! 人気ブランド“デロンギ”の電気ケトルの特徴は?

デロンギのキッチン家電は、デザイン性の高い多彩なモデルを展開しています。

デロンギの電気ケトルは生活スタイルに合わせて使い方が自由自在

デロンギの電気ケトルはどのモデルも、使い切りやすい容量1L。1人暮らしのティータイム、夫婦2人の食卓、子供がいるご家庭の忙しい朝など、様々なシーンで重宝します。見やすい水量計があり、使いたい量を無駄なく沸かせて便利です。

そのほか、自動電源オフ機能や空だき防止機能、温度設定や保温機能など、シリーズによって備えている機能が異なっています。

デロンギの電気ケトルの電気代はどのぐらい?

必要な時に必要な分だけお湯を沸かせるのが電気ケトルの特徴ですが、中でもデロンギ製品は、1日2回満水で沸騰させても年間電気代は約3000円とされていて経済的。

【参考】電気ケトル 電気ポットより経済的ですか?(デロンギ)

電気ポットややかんとどれくらい違う?気になる電気ケトルの電気代を比べてみた

デロンギのアイコナコレクションの電気ケトルは多彩なシリーズ展開

アイコナの電気ケトルは、それぞれコンセプトの異なる「アイコナ・コレクション」、「アイコナ・ヴィンテージ コレクション」、「アイコナ・キャピタルズ」、「アイコナ・トリブート」、そして細口の「電気カフェケトル」とシリーズ展開が多彩です。

イタリアのカフェを思わせるおしゃれなカラーが魅力! デロンギ アイコナ・コレクション 電気ケトル

「アイコナ・コレクション」は、デロンギ電気ケトルの定番モデル。ツヤがありながら落ち着いた色合いとエレガントなデザインが特徴です。

写真の「KBO1200J-B」は、カップ1杯分(200mL)の湯が約85秒で沸騰。1人分を飲みたい時にすぐに沸かせて便利です。カラーはブルー/レッドから選べます。

【参考】デロンギ公式サイト製品詳細ページ

アマゾンでの購入はこちらから

ぬくもりを感じるデザイン! デロンギ アイコナ・ヴィンテージ コレクション 電気ケトル

キッチンや食卓にぬくもりをプラスするアイコナ・ヴィンテージ コレクション。レトロな色使いが、イタリアの原風景を想起させます。オリーブグリーン/アズーロブルー/ドルチェベージュの3色展開。

高級感と耐久性・堅牢性を兼ね備えたメタルボディを採用。広口で中まで洗いやすく、お手入れがラクです。注ぎ口のフィルターは取り外しも可能。自動電源オフと空だき防止機能を備えています。

【参考】アイコナ・ヴィンテージ コレクション

アマゾンでの購入はこちらから

デロンギ アイコナ・ヴィンテージコレクション 電気ケトルの口コミの評判は?

レトロな色使いやエレガントなデザインが人気のアイコナ・ヴィンテージコレクション。Amazonなどインターネットショップのレビューでは、短時間で沸かせる、持ち手が熱くなりにくい、間口が広く注水しやすい、フタがしっかり閉まるので本体を傾けて最後まで注げるといった、使いやすさも高い評価を得ています。

レトロなフォルムとヴィヴィットな色の組み合わせが斬新! デロンギ アイコナ・キャピタルズ 電気ケトル

「アイコナ・キャピタルズ」は、ロンドン ブルー/シドニー ホワイト/ニューヨーク イエロー/トーキョー レッドと、世界的都市を4色のカラーバリエーションで表現しています。画像はニューヨーク イエローの「KBOC1200J-Y」。

ヴィヴィッドな色使いながら、洗練された落ち着きをも感じさせるデザイン。取っ手側にある水量計のほか、内部にも水量のMAX表示があり確認しやすいのも魅力です。自動電源オフ機能、空だき防止機能を備えており、安全に使えます。

【参考】アイコナ・キャピタルズ

デロンギ公式サイト製品詳細ページ

アマゾンでの購入はこちらから

日本文化とイタリア文化の融合! デロンギ アイコナ・トリブート 電気ケトル

「アイコナ・トリブート」は、高級感と耐久性を兼ね備えたステンレスの本体に、デロンギ初の柄加工を施した日本限定モデル。

画像は「KBO1200J-TDP」。柄は2パターンあり、食卓に華やかな彩りを添えます。注水時の異物混入を防ぐフィルターは取り外し可能で、注水口が広く、中までしっかり手入れできます。

【参考】デロンギ公式サイト製品詳細ページ

テーマは静と動!おしゃれな柄加工を施したデロンギの電気ケトル「アイコナ・トリブート」

アマゾンでの購入はこちらから

温度調節できる製品も! 細口のデロンギ「アイコナ 電気カフェケトル」

「アイコナ 電気カフェケトル」はベーシックな色使いながら、本体表面に細かな凹凸加工を施し、独特の高級感を表現。狙ったところに注ぎたい量を注げる細口ケトルは、コーヒードリップに重宝するほか、小さめのカップや急須にもスマートに注げます。

電気カフェケトルは、機能性を抑えてシンプルに使える「KBOE1220J」と、温度設定機能・保温機能を備えた「KBOE1230J」があります。それぞれピースフルホワイト/プレステージグレーの2色展開。

アマゾンでの購入はこちらから

「KBOE1230J」は、温度設定機能と保温機能を加えたモデル。好みの温度ボタンを押すだけで、50・60・80・95・100℃の5段階の温度が設定できます。

設定温度を20分間保つ(100℃設定時は除く)ため、ゆとりを持ってティータイムの準備が可能に。適温で淹れることにより、緑茶、ハーブティー、コーヒーなどのおいしさを引き出してくれます。

【参考】アイコナ 電気カフェケトル(デロンギ)

アマゾンでの購入はこちらから

忙しい朝の食卓にぴったり! デロンギ アクティブ シリーズ 電気ケトル

アクティブ シリーズは、忙しい家族の朝の食卓にちょうどいい軽量の電気ケトル。1日をアクティブにスタートできそうです。

赤・白・黒の3色展開! キッチンに映えるデロンギ アクティブ シリーズの電気ケトル

ツヤのある本体にステンレスリングとデロンギのロゴがあしらわれたスタイリッシュなデザインが目を引く、アクティブシリーズ。

自動電源オフ・空だき防止機能を備えた安全・安心設計。パッションレッド、トゥルーホワイト、インテンスブラックの3色から選べます。画像はパッションレッドの「KBLA1200J-R」。

【参考】デロンギ公式サイト製品詳細ページ

アマゾンでの購入はこちらから

デロンギ アクティブ シリーズ 電気ケトルは口コミでも高評価

Amazonなどインターネットショップのレビューでは、給水時のフタの開閉しやすさや、加熱スイッチの軽さ、注ぎやすさ、外側が熱くなりにくい点など、軽くて扱いやすいと高評価です。またデザイン性の高さ、手頃な価格設定も大きな魅力。

まだまだある! 種類豊富なデロンギの電気ケトル

最後に「ケーミックスコレクション」「ディスティンタコレクション」についても紹介します。

口コミでも好評! デロンギ ケーミックスコレクション 電気ケトル

デロンギの“ケーミックス”はワンタッチでフタが開き注水しやすいなど、使い勝手の良さが好評。世界的に権威のあるデザイナーDarren Mullenによるデザインも目を引きます。

「ケーミックス 電気ケトル ZJX650J」は、正面に大きくロゴがあしらわれています。スパイシーレッド/クールホワイト/リッチブラックの3色展開。

【参考】デロンギ ケーミックス コレクション

アマゾンでの購入はこちらから

エレガントなフォルムが目を引く! デロンギ ディスティンタコレクションの電気ケトル

ディスティンタコレクションは、スクエア(四角)とサークル(丸)が融合された「スクエアクルデザイン」が特徴的です。フューチャーブロンズ(画像)/スタイルコッパー/エレガンスブラック/ピュアホワイトの4色展開。

メタリックカラーの上品な光沢が、キッチンや食卓にエレガントな雰囲気を醸成します。 カップ1杯分(200mL)の水を約87秒で沸騰でき、必要な量を無駄なく沸かせて便利です。

【参考】デロンギ ディスティンタ 電気ケトル

アマゾンでの購入はこちらから

デザインやカラーバリエーションが豊富なデロンギの電気ケトル。注ぎ口の形状や温度設定機能の有無、フタの開閉など、機能面も比較して、生活スタイルに合った1台を選んでみてください。

※データは2020年11月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。