小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

テレワークによって増えたストレス1位は「仕事上のコミュニケーション」、減ったストレス1位は?

2020.12.08

テレワークにより「増えたストレス」と「減ったストレス」

新型コロナウィルスがきっかけで「テレワーク」のメリットに気づいた企業は多い。 実際、マンパワーグループが新型コロナウイルス感染症の拡大により導入が進んだテレワークの実態調査を、国内のオフィスで就業する20代から50代の正社員を対象に実施した結果、テレワークでのメリットを回答者のうち8割が実感している。

また「テレワーク実施により「増えたストレス」「減ったストレス」はどんな点ですか?」の質問では、「増えたストレス」の1位は、仕事上のコミュニケーション(32.5%)。一方「減ったストレス」の1位は、時間の制約や拘束(57.5%)と過半数が回答していた。

多くの企業や組織が、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために、テレワークを実施した結果、テレワークのメリット・デメリット、課題が明確になった。

調査対象者の約8割は、テレワークの実施に関して何らかのメリットを感じているため、テレワークは、企業・組織の一つの就業形態として、ポストコロナ禍においても定着すると考えられる。

一方、テレワークを実施していく上で増えたストレスの上位2項目は、「仕事上でのコミュニケーション(32.5%)」「自社内の情報の共有やマネジメント(32.0%)」と、同僚や上司との情報共有やコミュニケーション部分に課題がある事が分かった。

情報共有・コミュニケーション、マネジメントは、業務効率や、アウトプットに直結する項目であることから、テレワークを有効な形で自社・自組織の就業形態として定着させるために、テレワーク時代の情報共有・コミュニケーション、マネジメント課題に着手する必要があるだろう。

調査時期:2020年5月27日~5月31日
調査対象:新型コロナウイルスの影響でテレワークを実施している20代~50代の正社員男女
有効回答:400人
調査方法:電子メールによるアンケート

構成/ino.


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。