小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

恐るべしこの価格!本格焼酎が一杯200円で飲める上野毛の居酒屋「I」

2020.11.19

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団

(写真はイメージです。本文とは関係ありません)

オヤジナリティー ★★★
家計貢献度    ★★★
エルドラ度    ★★★
コロナ対策度   ★★★

 オレ、本格焼酎ってあんまり呑まないのね。

 だって高いじゃない! 

 よく呑む甲類焼酎なら、安い店だと一杯300円くらいで呑めるのに、だいたい500円くらいするもんね。本格って名称が付いてるからって、価格まで本格にしなくていいのにさァ…。

 しかし!! しかしだ! なんと、そんな本格焼酎が全種類一杯200円という、そこらの安居酒屋の甲類焼酎よりも安く提供する、とんでもない店を見つけてしまいました。

 場所は東急大井町線の上野毛駅のすぐ横。『I(仮名)』という店である。

 この駅前は、釣りに行く時によく車でピックアップしてもらうのね。すぐ近くに第三京浜の入口があるから。で、ピックアップじゃなくて、釣りが終わってこの駅前で降ろしてもらった時に偶然「モツ焼き屋っぽい店がある!」って見つけて、それからなんか気になっていたんで、試しに行ってみたら、こんなことになってたってワケですよ!

“なんか気になって”っていう直感は大事なんだなァ。

 地下にある店なんだけど、その本格焼酎一杯200円は、メニュー表記では“名物・焼酎バー”と書いてある。

 それがどういうことかと説明しますと“焼酎バー”を注文すると、ぐい呑みが渡され、壁際に置かれた40種類(!!)くらいの焼酎から、セルフサービスで自由に注いで呑んでくれ、と。そしてとにかく壁際に置いてある焼酎はどれを呑んでも、とにかく一杯200円! というシステムってことですよ。

 料理は一人2品頼まなければいけないんすが、そんなこたァ、この際ど~でもいい。だってそのぐい呑みっていうのが150CCはゆうに入りそうなそうとう大振りなヤツ!

 この時点でオレはちょっと狂喜した。

 さらにこの焼酎バーのシステムのすごいところは他にもあった!

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。