小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

意外と知らない!?ICOCAが使えるコンビニと購入できないもの

2020.11.28

ICOCAはコンビニでも利用できますが、「どこのコンビニなら使えるの?」と悩む人も多いかもしれません。この機会に、利用できるコンビニと使用時の注意点を把握しておきましょう。対応しているコンビニや購入できない品物について解説します。

電子マネーICOCAの特徴

ICOCA(イコカ)は、JR西日本が発行している交通系ICカードです。限られた地域でしか利用できないイメージがありますが、実際にはJR西日本の地域外でも使えます。

定期券ときっぷ機能を持ったICカード

ICOCAは、定期券ときっぷ機能が付いているICカードです。鉄道料金だけではなく、ICOCAに対応した店舗での買い物にも利用できます。新規の場合は、対応エリアの窓口や自動券売機で発行してもらいましょう。

このとき、2000円を支払う必要がありますが、渡されるカードには1500円がチャージされています。差額の500円はデポジット料として扱われ、返却時には返金されます。

全国で利用可能

ICOCAを利用できるエリアは、西日本だけに限りません。ICカードとしては鉄道・バスなどの支払いの他、対応している全国のレストランなどの飲食店やコンビニなどでも利用が可能です。

店舗での支払いは、レジに『IC』もしくは『ICOCA』のマークが表示されていれば使えます。多くの加盟店舗で利用できますので、引っ越しなどでエリア外に移動しても役立つでしょう。

使うとポイントがたまる

ICOCAには『ICOCAポイント』と呼ばれるポイントがあり、カードを利用するたびにポイントがたまります。

ただし、ICOCA・こどもICOCA・記念デザインICOCAは事前に利用登録が必要です。定期券機能が付いているICOCAやSMART ICOCAの場合は、利用登録をしなくてもポイントがたまります。

交通機関の利用で加算されるポイントは、時間指定ポイントと利用回数ポイントの二つです。買い物の場合は、加盟店でICOCAを利用することで、200円につき1ポイントが付与されます。

また、各店舗のポイントカードも併用が可能です。買い物などの購入にICOCAで支払いをして、複数のポイントカードも提示すれば、Pontaポイント・dポイント・Tポイント・楽天ポイントなどのポイントもためることができます。

どのコンビニならICOCAが使える?

(出典) photo-ac.com

では、どこのコンビニならICOCAを利用できるのでしょうか。ここでは、ICOCAが使えるコンビニについてご紹介します。

全国の大手コンビニではほぼ使える

ICOCAは、大手であればほとんどのコンビニでも利用が可能です。セブンイレブン、LAWSON、Family Martなどの主要なコンビニはもちろん、ポプラやセイコーマートでも利用できます。

使い方も簡単で、支払時に「ICOCAで支払います」と店員に伝え、レジ横のカードリーダーにICOCAをタッチするだけです。ICOCAはICカードなので、財布やパスケースに入れていても問題ありません。

チャージもコンビニでお手軽に

「残高が少なくなってしまった」という場合は、ICOCAに現金をチャージしましょう。利用できるコンビニと同様に、ほとんどのコンビニでチャージが可能です。

チャージする場合も、「ICOCAのチャージをお願いします」と店員に伝えます。チャージ額分の現金を支払ったら、カードリーダーにICOCAをタッチするだけでチャージが完了です。発行されたレシートで、チャージ金額が正しいかどうかもチェックしておきましょう。

また、セブンイレブンではセブン銀行のATMを使ったチャージも可能です。まずは『電子マネーチャージはこちら』をタッチして、ICOCAを指定場所に置きます。次に、画面の『チャージ』を選択し、チャージ金額を指定しましょう。後はATMにお金を支払えば、チャージ完了です。

ATMなら店員の手を借りることなくチャージができて、レジに並ぶ手間や時間も省けます。

コンビニで使う際の注意点

 

コンビニでICOCAを使用する場合は、いくつかの注意点があります。レジでもたつくことがないように、事前にしっかりと把握しておきましょう。

ICOCAと併用できない支払い方法もある

ICOCAは手早く支払える決済方法の一つですが、カードの残高が支払金額に満たない場合は注意が必要です。足りない金額を他の方法で補うことになりますが、クレジットカードやICOCA以外の電子マネー、バーコード決済などは併用できません。この場合は、現金で残額を支払う必要があります。

例えば、ICOCAの残高が不足し、現金も不足しているような場合は支払い自体ができませんので注意しましょう。

支払いできないもの

コンビニでICOCAを使う場合は、『ICOCAで支払いできないもの』にも注意が必要です。具体的には以下の通りです。

・公共料金などの収納代行
・コピー機の料金
・クオカードなどの金券類
・切手・はがき・印紙
・地域指定のゴミ袋やゴミ処理券
・他のICカードへのチャージ

以上のものはICOCAや電子マネーでは支払いできません。これらの支払いを行いたいときは、現金など別の支払い方法を利用しましょう。

 

構成/編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。