小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

メーカー各社が次々に生産終了を発表、蛍光灯からLEDへと世代交代が進む「蛍光灯2020年問題」

2020.10.19

蛍光灯2020年問題

 2020年を最後に蛍光灯が店頭から姿を消すかもしれない。そんな憶測が波紋を呼んでいる。事実、主要メーカーは次々に蛍光灯器具や同ランプの生産中止を発表している。一般社団法人日本照明工業会に話を聞いた。

「すぐに蛍光ランプがなくなることはありません。ただし、LED化が進み、蛍光ランプの出荷数量が大幅に減っているのは事実です」

 同会の最新統計データによるとLED照明器具の出荷数量は全体の99%以上を占め、蛍光ランプの出荷数量は十数年前の4分の1以下に推移した。なぜか? その背景には内閣府が2010年に閣議決定した「エネルギー基本計画」があり、2030年までに照明器具のすべてを高効率次世代照明(LED、有機EL)化することを目標に掲げている。

「今後の課題は残っている照明器具をLED照明器具に置き換えることです。古い蛍光灯器具が減れば、蛍光ランプの需要はさらに減るでしょう。それまでに照明器具をもっと便利で快適なものに進化させる必要があります。インテリジェントにつながるあかり、人にやさしいあかり快適など、新たな付加価値の創出が重点課題になると考えています」

 照明の付加価値獲得の柱は、政府が推し進めるソサエティ5.0だろう。超スマート社会にあわせ、個々のライフスタイルに合わせた自然調光など照明のパーソナル化が進みそうだ。

国内主要メーカーの動向

国内主要メーカーの動向※編集部調べ

蛍光ランプを取り付ける照明器具は、2019年に軒並み生産中止へ。同ランプの出荷数量も激減している。

照明器具の品種別出荷数量/金額(単月)

2020年度中に100%を目指す照明器具のLED化率は、2020年4月までに出荷量全体99.1%に達した。

照明器具の品種別出荷数量/金額出典:照明器具 日本照明工業会自主統計(2020年4月度)

取材・文/渡辺和博

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。