小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
Sponsored:ファーウェイ・ジャパン
ヒャダインさん

音楽クリエイターヒャダインさん
『HUAWEI MateBook E』をチェック!

持っていてテンションが上がる!

このディスプレイならずっと見ていたくなりますね

「HUAWEI MateFamily」に、軽量スリムな 2 in 1 ノートPC『HUAWEI MateBook E』が加わった。高精細な有機ELディスプレイに加えて、ペン入力にも対応。サウンドにもこだわった1台は、ヒャダインさんのクリエイティビティをどう刺激するのか。普段の使い方から理想のマシンに求める条件まで、ヒャダイン的PC論とあわせて、ファーストインプレッションを聞いた。

音楽クリエイターとしての活動に加えて、雑誌連載も数多く抱えるヒャダインさん。執筆活動や情報収集、また最近ではリモートでのビデオ会議にも使用するため、音楽制作用のメインPCとは別に、コンパクトなノートPCを1台、常に携帯しているという。

「スマホにBluetoothキーボードをつないでみたり、タブレットとPCを使い分けてみたり……。何を持ち運ぶのがベストか、これまでいろいろと試行錯誤をしたんですが、結局ノートPCに落ち着きました。それ1つでできることや入力のしやすさを考えると、やっぱりPCが使いやすいんですよね。ただ今使っているPCは、軽量と言っても1kg超あるので、その重さが不満。また最近はビデオ会議なども増えてきて、スペックやバッテリーにもパワー不足も感じるようになってきました」

ちょうど「そろそろ新しいモバイルノートをと、考え始めたところだった」というヒャダインさん。『HUAWEI MateBook E』を試してもらったところ、ヒャダインさんが理想のPCに求める「軽さ、美しさ、わかりやすさ…」といった条件に、高水準でマッチする結果に。以下に詳しく紹介していこう。

デザイン

軽さと見た目の美しさを両立した
シンプルで無駄のないデザイン

「持っていてテンションの上がるものじゃないと、持ち歩きたくない」と話すヒャダインさん。常に携帯するPCには、「軽さ」に加えて見た目の「美しさ」も、欠かせない条件だと言う。

『HUAWEI MateBook E』は厚さ7.99mm、重さ709gのスリムボディを採用。「本当に薄くて軽いですね。このサイズ感は、持ち歩くPCとしては理想的」とヒャダインさんも認めるように、「軽さ」という条件は文句なくクリアしている。加えてつや消しのマグネシウム合金&高強度グラスファイバーの心地よい質感や触感、ノイズのないすっきりとした外観の「美しさ」も、かなり気に入った様子のヒャダインさん。「シンプルで、無駄なものが一切ない。これは持っていてテンションが上がりますね」と高評価だった。

ヒャダインさん

ディスプレイ

ずっと見ていられる美しいディスプレイ

※画像はグローバル版ですが、国内販売モデルは日本語キーボードです

「美しさ」は、ディスプレイにも当てはまる条件だ。『HUAWEI MateBook E』は12.6インチWQXGA(2560×1600)の有機ELディスプレイを搭載する。ヒャダインさんがまず驚いたのは、そのベゼルの細さ。ベゼル幅は5.6mmで、画面占有率は90%を誇る。「ギリギリまで画面なのがすごいですね。フレームが細いとそれだけで、枠に縛られない自由さや楽しさを感じられる」と話していた。

ファーウェイ独自のフルビューディスプレイ技術は、周囲の環境にあわせて明るさや色温度を調整し、統一性のとれた自然な見やすさを実現する。さらに有機ELならではの、色鮮やかな映像美にも、圧倒的な迫力がある。コントラスト比は100万:1、表示可能な色域はシネマレベルだ。
ヒャダインさんも「黒がパキッと締まっているから、コントラストがはっきりしていて、すごくカラフルに、鮮やかに見える。明るい場所でも見やすいですね」と、ディスプレイを最も高く評価。「この美しいディスプレイなら、ずっと見ていられる」と、実際にお気に入りの動画コンテンツを楽しんでいた。

マンガが好きで、普段はスマホで電子書籍を読んでいるというヒャダインさん。「小さい画面でピンチして読むのがストレスになってきていたので、大きくて美しいディスプレイは、マンガを読む上でも憧れますね。実は小さい画面だと細かい説明を読み飛ばしてしまって、あまりディテールを覚えていないことも多いんです。それってすごくもったいないことだと思うので、このディスプレイで再読したいです」。

『HUAWEI MateBook E』は、テュフ ラインランド社のアイケア2.0認証を取得している。ブルーライトカットやちらつき防止をはじめ、見やすく目に優しい工夫がされている。ときにはマンガをベッドルームで読むこともあるという人にもおすすめだ。

キーボード&ペン

4096段階の筆圧感度を誇るペンが
クリエティビティを刺激する

『HUAWEI MateBook E』は、第11世代インテル Core i3-1110G4 プロセッサー&128GBのストレージ、第11世代インテル Core i5-1130G7 プロセッサー&256GBのストレージという、2モデルをラインナップ。このうち上位モデルには、日本語JIS配列の『HUAWEI Smart Magnetic Keyboard』が付属する。

『HUAWEI Smart Magnetic Keyboard』は約440gと軽量かつ、110°~160°の間でフレキシブルな角度調節が可能。また、4096段階の筆圧検知機能を備える、別売の『HUAWEI M-Pencil(第2世代)』を使って、手書きメモやスケッチ、画面の一部をスクリーンショットで切り抜くといった操作ができる。『HUAWEI M-Pencil(第2世代)』は、『HUAWEI MateBook E』にマグネットで接続するだけで、ペアリング&ワイヤレス充電が可能だ。

昔、小さなキーボードを使っていて、肩こりになってしまった経験があるというヒャダインさん。『HUAWEI Smart Magnetic Keyboard』は、「十分なキーピッチがあり、無理なく入力ができる」と、太鼓判を押す。さらにペンについても、「僕自身はあまり絵を描く機会はないですが、このペンはすごく書きやすくて、いろんなイマジネーションの元になりそう」と話していた。

さらに『HUAWEI MateBook E』はタッチ操作に最適化された「Windows 11」を搭載。ペンに限らず、様々なシーンでタブレットのような直感的なタッチ操作ができる。

機動力

1日使えるバッテリーだから安心して持ち運べる

ノートPCでもタブレットでも、好きなスタイルで使えるのは、 2 in 1 ノートならではの醍醐味。ヒャダインさんはこれまで、キーボードが目に入るのがイヤで、「Netflixなどを見るときに、敢えてノートPCは使わないようにしていた」という。その点、キーボードを取り外してディスプレイだけにできる2 in 1 ノートなら、気にせずに、好きな動画コンテンツが楽しめるだろう。

自由なスタイルに加えて、触れるだけでスリープを解除ができる指紋認証センサーを兼ねた電源ボタン、プロセッサーのポテンシャルを引き出す独自の放熱性能など、機動力の高さも『HUAWEI MateBook E』の魅力。「実はノートPCで動画を見なかったもうひとつの理由は、バッテリーを消費したくなかったから」というヒャダインさんだが、『HUAWEI MateBook E』なら、JEITA2.0基準でバッテリー駆動時間は約8.1時間(Core i3搭載モデルの場合)とスタミナも十分だ。さらに通信性能もWi-Fi 6やBluetooth5.1など、最新の規格をサポート。安定した高速通信を省電力に実現する。

カメラ&サウンド

スリムなボディからは想像もできない迫力のサウンド

ディスプレイとあわせて『HUAWEI MateBook E』の大きな特徴が、サウンド性能だ。4つのスピーカーを搭載し、このスリムボディから鳴っているとは思えないほど、迫力がある立体的なサウンドが響く。ヒャダインさんも「L、Rがすごくハッキリ聞こえる」と驚いていた。

さらに4つのノイズキャンセリングマイクを搭載するなど、ビデオ会議で声が聞こえやすい工夫もされている。「ビデオ会議で音声や画質が悪いと、それだけでテンション下がっちゃうんですよね。このPCはそういうことがなくて、使っていて楽しい」と、ヒャダインさん。ビデオ会議の際のインカメラの画質の良さにも驚いていた。

『HUAWEI MateBook E』は800万画素のインカメラに加えて、1300万画素のアウトカメラも搭載する。撮影した写真や動画をダイレクトに編集して、そのままSNSで公開するといったスピーディーな作業も可能だ。

周辺機器連携

他の機器とのスムーズな連携で生産性アップ

普段は持ち歩くことのない音楽制作用のメインPCにも、デスクトップではなくノートPCを使用しているというヒャダインさん。仕事場ではノートPCの映像を大きなディスプレイに出力して、作業をしているという。このように外部機器と連携するときに、その振る舞いがスマートなのも、「HUAWEI MateFamily」の製品のメリットのひとつだ。

例えば、『HUAWEI MateBook E』と、同時期に発売された『HUAWEI MateView 28 Standard Edition』とは、USB-Cケーブルを1本接続するだけで、映像出力と給電ができる。また『HUAWEI MatePad』シリーズなどのタブレット、スマートフォンなど、ファーウェイ製の機器と直感的な操作でつながれる新機能、「スーパーデバイス」も利用可能。タブレットをセカンドディスプレイとして活用したり、デバイス間でのデータのやり取り、検索やファイル管理も簡単にできるようになる。これも、ヒャダインさんが理想のPCの条件にあげた、「わかりやすさ」のひとつと言えるだろう。

「持っていてテンションが上がる理想に近いPC。このディスプレイならずっと見てられる!」

『HUAWEI MateBook E』のファーストインプレッションについて、「タッチで直感的な操作ができるし、キーボードも外せる。ディスプレイが美しくて音も良くて、外部の機器とも簡単につながる。何より触っていてテンションが上がるし、楽しいのがいいですね。かなり理想に近いPCだと思いました」と、高評価だったヒャダインさん。取材中は「いいっすねー」を連発。「本当にこのまま大阪の出張に持って行きたいくらい(笑)」と話していた。

この春「HUAWEI MateFamily」には、『HUAWEI MateBook E』、『HUAWEI MateView 28 Standard Edition』のほか、『HUAWEI MateBook D 14』、『HUAWEI MateBook 14』も加わり、ますますラインナップが充実。ヒャダインさんのように、テンションが上がるお気に入りの一台が、きっと見つかるはず!

<プロフィール>

ヒャダイン

音楽クリエイター。1980年大阪府生まれ。本名 前山田健一。3歳でピアノを始め、音楽キャリアをスタート。京都大学卒業後、本格的な作家活動を開始。様々なアーティストへ楽曲提供を行い、自身もタレントとして活動。テレビ朝日系列「musicるTV」、フジテレビ系列「久保みねヒャダこじらせナイト」、BS朝日「サウナを愛でたい」、FM NACK5「One More Pint!」などレギュラー多数。

HUAWEI MateBook E

HUAWEI MateBook E
製品名 HUAWEI MateBook E(DRC-W58) HUAWEI MateBook E(DRC-W38)
プロセッサー 第11世代インテル® Core™ i5-1130G7 第11世代インテル® Core™ i3-1110G4
OS Windows 11 Home 64-bit Windows 11 Home 64-bit(Sモード)
ディスプレイ 12.6インチ有機EL、解像度2560×1600(240 PPI)、コントラスト比1,000,000:1、最大輝度600nit
タッチパネル 10点マルチタッチ対応/ アクティブスタイラスペン対応
メモリ 8GB
グラフィックス インテル®Iris®Xeグラフックス インテル®UHD グラフィックス
オーディオ HUAWEI SOUND®、内蔵マイク×4、内蔵スピーカー×4
セキュリティ 指紋認証一体型電源ボタン
ストレージ 256GB PCleSSD 128GB PCleSSD
インターフェース USB Type-C ×1(Thunderbolt™ 4、充電、データ転送、ディスプレイポート対応)、ヘッドフォンジャック
カメラ 800万画素インカメラ+ 1300万画素アウトカメラ、フラッシュライト搭載
通信 IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz, 2×2 MIMO)、Bluetooth® 5.1
バッテリー駆動時間 約7.4時間 約8.1時間
本体カラー ネビュラグレー
サイズ 約幅286.5×高さ184.7×厚さ7.99mm、重さ約709g
付属品 HUAWEI Smart Magnetic Keyboard、ACアダプタ、USB Type-C ケーブル ACアダプタ、USB Type-Cケーブル
HUAWEI MateBook E
 商品サイトへ

あなたの可能性を広げるMateBookシリーズで
スタートダッシュ!

HUAWEI MateBook 14

HUAWEI MateBook 14

高精細な2Kフルビューかつ直感的な操作ができる、アスペクト比3:2のタッチディスプレイを搭載(※)。2つのファンで冷却効率を高め、高いパフォーマンスが発揮できる。
(※)16GBモデルのみ、8GBモデルは非対応。

HUAWEI MateBook 14
 商品サイトへ
HUAWEI MateBook D 14

HUAWEI MateBook D 14

16:9のワイドディスプレイを搭載し、第11世代インテル® Core™プロセッサー、Wi-Fi 6対応など充実のスペックと、拡張性を備える。バッテリー駆動時間も長くタフに使える。

HUAWEI MateBook D 14
 商品サイトへ
HUAWEI MateView 28 Standard Edition

HUAWEI MateView 28 Standard Edition

4Kの解像度、明るさ、色表現も文句なしの高性能ディスプレイ。接続もUSB-Cケーブル1本で簡単。低ブルーライト、フリッカーフリーでテュフ ラインランドの認証も取得済み。ベゼルが狭くて、没入感が高い。

HUAWEI MateView 28 Standard Edition
 商品サイトへ

取材・文/太田百合子 撮影/田口陽介 ヘアメイク/野尻七衣

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。