みんなのお買い物ナビ @DIME

ライフスタイル

  • “変化する瞬間”をモチーフにしたプロダクトデザイン"

    “変化する瞬間”をモチーフにしたプロダクトデザイン
     私たちは日常生活の中で「変化」をたびたび目にしている。それらの「変化」は連続する複数の瞬間が連なったものであるが、その瞬間を抜き出そうとしたら写真などの二次元として記録するのが普通である。しかし、そ...(11.26)続きを読む
  • “なんとなく”のゆるさが魅力のプロダクトデザイン"

    “なんとなく”のゆるさが魅力のプロダクトデザイン
     今回紹介するのは“ゆるさ”が魅力のプロダクトデザイン。デザイン自体があいまいだったり、名前が定まっていないなど、ひとつのデザインとして括るのが難しいものたちだが、それでも私たちが受け入れてしまうのは...(11.21)続きを読む
  • 新しい祈りのカタチを示すプロダクツ"

    新しい祈りのカタチを示すプロダクツ
     祈りといったものは、本来人に迷惑さえかけなければどんなカタチであっても構わないと私は思っている。これは宗教が何(なに)だとかそういうことだけでなく、伝統的にはこういうカタチだからとか、そういうカタチ...(11.12)続きを読む
  • ちょっと不気味だけどインパクトのある雑貨"

    ちょっと不気味だけどインパクトのある雑貨
     これまでも何度か怖さを感じる雑貨たちを紹介してきたが、1度や2度では紹介しきれないくらい世の中には怖い雑貨が溢れているのだ。見るからに怖いものや、後からじわじわ怖さがくるもの、人によっては怖さを感じ...(11.11)続きを読む
  • 大震災を忘れないためのプロダクトデザイン"

    大震災を忘れないためのプロダクトデザイン
    「過去形ではなく現在進行形」  2011年3月11日に起こった東日本大震災のことである。メディアに取り上げられる機会は減ってしまったとはいえ、震災からの復興は今も途上にある。私自身、地震が起きた時は...(11.08)続きを読む
  • 1つで2度おいしい雑貨"

    1つで2度おいしい雑貨
     新しいデザインを生み出す手法には様々なものがあるが、そのひとつが異なる2つのものを組み合わせることだろう。その動機もまたひとつではなく、スペースを節約するためや、利便性の向上、お互いの不足部分を補う...(11.06)続きを読む
  • “シンプル・イズ・ベスト!”な雑貨"

    “シンプル・イズ・ベスト!”な雑貨
     シンプルであることはとても難しい。プレゼンテーションでも、自信のある人のスライドは情報量を抑えられてるもので、逆に内容に自信のない人は色んな情報を詰め込んでしまい、結局伝えたいメッセージがぼやけてし...(11.01)続きを読む
  • しっかり仕事にも使える滑らかボールペンの傑作『JETSTREAM

    しっかり仕事にも使える滑らかボールペンの傑作『JETSTREAM PRIME 3&1』
     文房具好きはもちろんのこと、普段から仕事で使うことの多い社会人においても熱いテーマのひとつが「どのボールペンを使うか?」だ。学生とは違い、社会人の場合はボールペンを使う機会がグッと増えるので、自分に...(10.30)続きを読む
  • 人間を助けるためにやってきた動物雑貨"

    人間を助けるためにやってきた動物雑貨
     不思議なもので、単なる雑貨も生き物のカタチを与えられると愛着が増すから面白いものである。地球上には存在しないはずの生き物であっても、目と口があれば何となくアリな気がしてくるのだ(笑)。  今回紹介...(10.23)続きを読む
  • 1週間の荷物を曜日ごとに分けて持ち運べるLORINZAのポーチ"

    1週間の荷物を曜日ごとに分けて持ち運べるLORINZAのポーチ
     旅をコンセプトにしたアイテムに目がない私が今回紹介するのは、バックブランド「LORINZA」から発売されているポーチだ。この製品はシャツや下着等を曜日別のポケットに収納するバック・イン・バックの一種...(10.18)続きを読む
  • 高級志向の人の物欲を満たす日用雑貨"

    高級志向の人の物欲を満たす日用雑貨
     私がまだ子どものころは、ものを沢山持っていることにひとつの価値やステータスがあったし、そのことが自分の気持ちを満足させてくれていたような気がするのだ。しかし、結局「安かろう悪かろう」ではないが、安い...(10.17)続きを読む
  • 世の中の猫好きに捧げたい雑貨【後編】"

    世の中の猫好きに捧げたい雑貨【後編】
     今回は前回(https://dime.jp/genre/110832/)に引き続き、猫にまつわる個性的なグッズたちを紹介していこう。いずれも猫好きの人なら飛びつかずにはいられないグッズばかりだ。 ...(10.16)続きを読む
  • 世の中の猫好きに捧げたい雑貨【前編】"

    世の中の猫好きに捧げたい雑貨【前編】
     私は犬派だ。人間と心を通わせる存在は、コンパニオンアニマルと呼ぶのにふさわしいと思う(最近のアメリカではペットという呼称は使われなくなってきているそうだ)。だが、そうは言っても猫も捨てがたい。「何だ...(10.03)続きを読む
  • 新しい“カタチ”を与えられた雑貨"

    新しい“カタチ”を与えられた雑貨
    「見直されたデザイン」と言うこともできるだろうか。今回紹介するのはこれまでのデザインが見直された雑貨たちである。「○○はこうした形をしたもの」という既成の概念を打ち破り、新たな形を与えられているのが特...(10.02)続きを読む
  • 真っ直ぐに生きることが嫌いな雑貨"

    真っ直ぐに生きることが嫌いな雑貨
     自分の生き方を曲げないことがひとつの信念だとしたら、あえて自分からその生き方を曲げるのもひとつの信念かもしれない。今回紹介するものたちはいずれも何かが曲がっている雑貨たち。本来真っ直ぐであるべき所を...(09.19)続きを読む
  • 医療の力になるプロダクトデザイン【前編】"

    医療の力になるプロダクトデザイン【前編】
     医療従事者の方にとって、病院は日常であるとしても、患者さんの視点から見ると病院は非日常の世界と言えるかもしれない。普段の生活とは異なる世界であることも理由のひとつだが、私はデザインにも理由があるので...(09.11)続きを読む
  • 2次元と3次元の境界を曖昧にするプロダクトデザイン"

    2次元と3次元の境界を曖昧にするプロダクトデザイン
    「線」と「点」と言えば2次元を代表とする概念である。どちらも本来ならば平面の上に存在するものだからだ。しかし、今回紹介するデザインたちはいずれも「線」で作られた3次元のデザインたちだ。  厳密には線...(09.04)続きを読む
  • なぜ、こんなところに?違和感だらけのいたずら雑貨"

    なぜ、こんなところに?違和感だらけのいたずら雑貨
     例えばの話だが、家の中に電柱があったらとしたら、どう思うだろうか? まず間違いなく違和感を感じるだろう。なぜなら電柱は本来そこにあるはずのないものだからだ。しかし、世の中にある雑貨の中には、異なるジ...(09.03)続きを読む
  • “あなただけを守る”一途なデザイン雑貨"

    “あなただけを守る”一途なデザイン雑貨
    「ここまで一途なものたちがいたのか」と心が熱くなる思いだ。今回紹介するのはいずれも特定のもの専用のケースやホルダーたち。「特定のもの専用」ということはそれだけ融通が利かないということを意味するのだが、...(08.29)続きを読む
  • “脚”のあるインテリア家具"

    “脚”のあるインテリア家具
     人間は生後暫くすると、同じ高さに並ぶふたつの点を見たときに、それを人間の顔と認識するようになると言われている。ふたつの点を目として捉えるからだそうである。他に口や鼻があるわけではないのに、そこにない...(08.27)続きを読む
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。