人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

横浜に誕生したハワイの名門・カハラホテル、最高のドラマが生まれそうな3つのラグジュアリーレストラン&ラウンジの攻略法

2020.10.05

ハワイの名門ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」。その世界戦略の第一歩としてオープンしたのが9月23日に横浜に誕生した「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」です。

デザインのコンセプトは、波が寄せては返す「汀(みぎわ)」。葛飾北斎の浮世絵 「富嶽三⼗六景」の神奈川沖の構図に見立て、タワーの外観は幾重にも重なる神奈川沖の荒波を、タワーの足元の水盤は静かな汀を表現しています。

美しい流線形は下から見上げるとまた格別です。

インテリアのデザインコンセプト「クリスタルモダン」は、ザ・カハラ ハワイの代名詞である“シャンデリア”の輝きが放つクリスタル(伝統)と 横浜の海が奏でるモダンな“煌き”(革新)を融合。 多面体を応用した立体的なデザインをホテル内のさまざまな場所に取り入れています。

今回は、その新たなラグジュアリーホテルの中にあるレストランをご紹介します。

空中に浮かぶドームのような座席で楽しむ イタリアン リストランテ「OZIO(オッツィオ)」

貝殻をモチーフにしたソファー席が開放的な窓に向かってかれていて、期せずしてオープンテーブルでありながらソーシャルディスタンスを保てる仕様になった店内。窓に向かって並ぶ2席シートは、「映える」のはいうまでもなく、自然と2人の距離がぐっと近くなるのでデートにぴったり。

ラグジュアリーホテル内にあるファインダイニングのディナーコース都内中心部では1万円以上が通常設定となっているラグジュアリーホテル内レストランのディナーコース。しかし、「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」の担当者がリサーチしてみると、横浜ではまだまだ1万円以下のものが多い。今回の取材で提示されたコース「chimera(キメラ)」は6品とデザート2品、コーヒー・小菓子で1万5000円というのは強気のようだが、コストパフォーマンスは高い内容になっているといいます。

すべての座席が自然光を感じられるデザインになっていて、ランチタイムをまずおすすめしたい。

15000円のコース「Chimera」の例。

松坂牛のポワレ ソースジュドドリュフ

やさしく火入れしたズッキーニと赤座エビのルーロー、アプリコットのヴィネグレットとバルサミコのエッセンス

2人用シートはぜひ指定しての予約を。

残念ながら夜の時間帯の様子はチェックできていませんが、貝殻モチーフのソファにはライトがついていて、ちょっとおこもりムードになるようです。

イタリアン リストランテ「OZIO」

営業時間
<朝食>午前7時〜午前11時(L.O.午前10時)
<昼食>午前11時30分〜午後2時30分(L.O.午後1時30分)
<夕食>午後5時30分〜午後10時(L.O.午後9時)
料金:(税金・サービス料別)
<朝食>大人¥4,500
小人¥2,000
<昼食>
コースnova(ノーヴァ) ¥3,000
rispetto(リスペット) ¥5,000
passione(パッシオーネ) ¥7,000
elegante(エレガンテ) ¥10,000
<夕食>
コースspica(スピカ) ¥7,000
felice(フェリス) ¥10,000
chimera(キメラ) ¥15,000
sirius(シリウス) ¥20,000 ※3日前までの要予約
アラカルト各種¥1,500〜

水辺に漂うオール個室で特別な時間を演出 日本料理「濱」

日本的なデザインモチーフの一つである格子を随所に盛り込んだモダンなデザインのフロアは、すべて個室。プライベートな空間で、提供される日本料理は、良質な素材とシンプルな出汁を生かしながら、少し遊び心がある演出も。例えば椀物「蔵囲い昆布と枯節の清汁 ふかひれ 鼈変わり玉 芽葱 忍び生姜」では、秋のお月見を表現。すっぽんで作った黄色い玉をはじくと、ソースが広がり味が変わるという仕掛けで楽しませてくれます。
また、日本酒は神奈川県下の13蔵とコラボし、ここでしか飲めない日本酒を用意。ハワイのローカルの食を大切にする文化をここでも取り入れています。

4人用の個室。

まるで水の上の舞台にいるような心地になる席も。

神奈川県下13蔵のここでしか飲めない日本酒たち。

恵寿卵のムース雲丹海老美味出汁あん山葵

蔵囲い昆布と枯節の清汁 ふかひれ 鼈変わり玉 芽葱 忍び生姜

日本料理 「濱」

営業時間:
<朝食>午前7時〜午前10時30分(L.O.午前9時30分)
<夕食>午後5時30分〜午後10時(L.O.午後9時)
料金:(税金・サービス料別)
<朝食>
濱膳¥3,000
お子様膳¥2,000
<夕食>
コース明月(めいげつ) ¥10,000
柳花(りゅうか) ¥13,500
好日(こうじつ) ¥17,000
唯心(ゆいごころ) ¥30,000 ※3日前までの要予約
アラカルト各種¥1,500〜

水庭を臨む鉄板焼きの特等席へ 鉄板焼「濱」

極上の素材が目の前で焼き上げられる様を楽しめる鉄板焼きですが、背景に水庭があることでまさにそこはステージのよう。和食「濱」とこちらは水面とほぼ同じ高さまで窓が開けているので、究極の解放感を感じながらお料理を楽しめるようになっています。

間仕切りも昨今お馴染みのアクリル板ではなく、さらに格子でデザインされていて優美。

神⼾ビーフフィレステーキとサーロインステーキ食べ比べ

鉄板焼き「濱」

営業時間:
<昼食>※土日祝のみ営業午前11時30分〜午後2時30分(L.O.午後1時30分)
<夕食>午後5時30分〜午後10時(L.O.午後9時)
料金:(税金・サービス料別)
<昼食>
コース汐(うしお) ¥6,000
凪(なぎ) ¥9,000
岬(みさき) ¥15,000
<夕食>
コース彩風(さいふう) ¥13,000
光輝(こうき) ¥18,000
澄明(ちょうめい) ¥25,000
優美(ゆうび) ¥30,000 ※3日前までの要予約
アラカルト各種¥1,500〜
席数:合計16席
6名個室1室6席
オープン席10席(2名様ごとの間仕切り)

観覧車モチーフはスイーツ、それともお酒? ザ・カハララウンジ

ホテル最上階のメインロビーに位置するのが、「ザ・カハララウンジ」。ボルドーを基調にしたクラシック・モダンな温かさで包み込まれる空間を演出。観覧車をモチーフにしたオリジナルスタンドのアフタヌーンティーは早くも人気の模様。バータイムには、生演奏を聞きながら、「World Class 2018 日本大会」トップ10など多くのカクテルコンペティションで受賞経験を持つ、マネージャー⼾塚信弥によるカクテルを楽しむのはいかがでしょうか。

ホテルのラウンジというと敷居が高いですが、ここはオープンな雰囲気で足を踏み入れやすそう。

昼はぐっと明るくオープンな雰囲気に。「THE KAHALA Afternoon Tea」は¥5,000(税金・サービス料別)で、12時から16時ラストオーダー。1日4組限定なので予約はお早めに!

カハラ・エスプレッソマティーニ

「Gentleman’s Afternoon Tea」はジョニーウォーカーを使ったカクテルのフリーフローを通常のアフタヌーンティー¥5,000に、プラス¥3,000(税金・サービス料別)で提供します。

横浜にもレストランはたくさんありますが、ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜のレストランが目指すのは、「今までの横浜になかった“新しい料理の定番”」。単に斬新なものを追求するのではなく、クラッシックなものを大切にしながらも、新しい息吹を感じさせるものであること。

横浜の飲食業界に新しい風を吹き込むことになりそうです。

ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜
https://thekahala.jp/yokohama/

取材・文/北本祐子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。