人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1Kg弱の軽量ボディーで最大24時間駆動!Webミーティング機能を強化したNECの法人向けノートPC「VersaPro UltraLite タイプVG」

2020.10.04

ノートパソコンを会社に持ち運んで使用する機会の増えた昨今。今まで使っていたノートパソコンだと、性能や質量的に厳しく、新しいノートパソコンの購入を検討している人もいるのではないでしょうか。

そんな人たちに紹介したいのが、NECから発売されている「VersaPro UltraLite タイプVG」。ビジネス用途で十分に活躍できるスペックを備えながら1㎏を切る軽量ボディ、最大約24時間駆動可能なバッテリー性能を搭載し、テレワークの助けとなるWebミーティング機能の強化に注力された、法人向けのノートパソコンです。

法人向けと聞くと、会社での購入しかできないと思われがちですが、インターネットサイトから個人での購入も可能となっています。実際に本製品をお借りできたので、ヘビーなビジネス用途でどこまで活躍できるのか検証してみました。

NEC VersaPro UltraLite タイプVG実機レビュー

それでは、VersaPro UltraLite タイプVGを実際に使用して分かった操作性や使用感、携帯性について紹介していきましょう。

マットボディは軽量・薄型のコンパクト仕様

VersaPro UltraLite タイプVGは、会社と自宅の両方で仕事をする現代のビジネスパーソンにピッタリのノートパソコンとなっています。数ある特徴の1つが、携帯性の高さ。質量は約814g~とかなりの軽量で、厚みも16.7㎜と薄型に仕上がっています。カバンにしまってもあまりかさばらないサイズ感なので、持ち運びは苦になりにくいです。

ディスプレイは13.3型のノングレアパネルで、解像度は1920×1080のフルHDとなっています。サイズを考えれば十分に高精細な画質で、動画視聴をしていても、画質が気になることはありません。

ノートパソコンを持ち運ぶ人にとって重要になるのが、本体の堅牢性・頑丈さなのですが、本機は天板に剛性のあるLCD天面を採用しており、薄型のノートパソコンでよくみられる、ディスプレイを開くときにパネルが歪んでしまうこともありません。軽さ・薄さとともに頑丈さにも注力されているので、持ち運びも比較的安心です。

最大約24時間駆動できる大容量バッテリーを搭載!?

※ディスプレイは180°開閉可能

本製品は、購入時にバッテリーを、LサイズかLLサイズから選択することができます。LLサイズであれば、最大の駆動時間は約24時間、丸1日使用できる性能となっているので、外出時のバッテリー切れの心配もあまりいらないでしょう。そのため、200g程度のACアダプタを常に持ち運ぶという負担を軽減できます。Lサイズでも、最大約15時間使用可能なので、用途に応じたサイズを購入すると良いでしょう。

※ディスプレイを開くと、天板がキーボードの下に入り込み、キーボードに傾斜が生まれる。

また、どちらのサイズのバッテリーも、別売オプションの小型軽量ACアダプタ(USB Type-C・急速充電対応)を使用すれば、1時間で約80%の急速充電が可能となっています。

テレワーク民の助けとなるWebミーティング機能搭載

テレワークを導入する企業が増えたのと同時に、オンライン会議を採用する企業も爆発的に増えたであろう昨今。今使っているパソコンや設備では、音が悪かったりカメラの画質が悪かったりといった問題を抱えている人もいるのではないでしょうか。

※軽量なので持ち運びも快適

そんな人たちのために、本製品には「Webミーティング機能」というものが搭載されています。これは簡単にいうと、「オンライン会議時の音質を向上させる」機能で、楽器作りで有名なヤマハの技術が採用されています。

大きく分けると、自宅でオンライン会議をする際、ヘッドホンを使用しなくても相手の声が聴きとりやすい「パーソナルモード」と、会社で使用する際、パソコン周辺の人たちにもしっかりと声が届く「マルチユーザーモード」の2つがあります。ほかにも、周囲のノイズを軽減するノイズサプレッサーや、部屋の残響を抑えるルームエコー抑制機能など、オンライン会議を快適にこなすための機能が搭載されています。

※電源ボタンには指紋認証センサーが内蔵

また、別で契約が必要ですが、SIMカードを挿入してLTE通信も可能です。外出先でもWi-Fi環境を気にすることなくデータ通信が行えるので、ちょっとした隙間時間にメールのチェックをするなど、便利に活用できるでしょう。

心地よい跳ね返りが魅力のキーボード

キーボードは85キーの日本語キーボードで、静音設計になっているため、タイプ音があまりせず、周囲の環境を気にしないで使用できるようになっています。筆者が本製品で特に気に入ったのがキーの打ち心地で、キー自体は浅めなのですが、押した際の跳ね返りがしっかりとあり、軽快なタイピングができます。

快適なタイピングを助けるための設計として、キーとキーの距離を、15.6型PCと同等まで広げた点もポイントです。大型のノートパソコンや、デスクトップ用の外付けのキーボードとほぼ変わらない感覚でタイピングできるので、タイプミスを大幅に減らすことができました。

モバイルユースを考慮した充実のインターフェース

インターフェースは、本体右側面にHDMIポート、USB3.1(Type-A)、イヤホンジャック、左側面にはmicro SDカードスロット、USB 3.1(Type-C)、USB3.0(Type-C)、盗難防止ロック穴が搭載されています。汎用性の高い豊富なインターフェースを搭載しているので、大画面モニタへの出力はもちろん、有線のマウスやキーボードを併用することも可能です。充電はUSB Type-Cケーブルにて行います。

あらゆるビジネスシーンで活躍する高処理能力

パソコンの処理性能に大きく関わるチップであるCPUには、第10世代インテルのCore i5かCore i7から選べるようになっています。どちらのCPUでも、オフィスソフトの編集やスライドの作成といった、一般的なビジネス用途であれば十分に使用できる性能を持っています。一般的な用途であればCore i5、より高度な作業をする場合はCore i7が適しているでしょう。

今回使用したのはCore i7のモデルで、実際に動画視聴やオフィスソフトによる文書作成、軽めのオンラインゲームなどを試してみましたが、動作が重くなったりといった様子はなく、快適に動きました。

オンライン会議や屋外への持ち運びに適したノートパソコン

Webミーティング機能の搭載をはじめ、軽量・薄型設計に打鍵感の良いキーボード、高処理能力を搭載したVersaPro UltraLite タイプVG。テレワークの導入によってオンライン会議や屋外へのパソコンの持ち出しが増えた現代のビジネスパーソンにとって、扱いやすい性能となっているので、パソコンの購入を検討しているビジネスパーソンは、ぜひ参考にしてください。

VersaPro UltraLite タイプVGの詳細スペック

OS:Windows 10 Pro
CPU:Intel Core i5-10210U(1.60GHz)/Intel Core i7-10510U(1.80GHz)
ディスプレイ:13.3インチ FHD(1920×1080) ノングレア液晶
メモリ:8GB/16GB
ストレージ:128GB/256GB/512GB SSD
インターフェース:USB 3.1(Type-A)×1、USB 3.1(Type-C)×1、USB 3.0(Type-C)×1、micro SDカードリーダー×1、HDMI×1、ヘッドホン/ヘッドフォンマイクジャック×1
キーボード:85キー日本語キーボード(キーピッチ19.0㎜、キーストローク1.5㎜)
スピーカー:ステレオスピーカー内蔵
本体サイズ:307.2×216.0×16.7㎜
バッテリー駆動時間:約24時間(LLサイズ)、約15時間(Lサイズ)
質量:約868g(LLサイズバッテリー装着時)、約814g(Lサイズバッテリー装着時)

取材・文/佐藤文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。