人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

電子マネーのICOCAを登録できるようになるのはいつ?関西エリアでApple Payを使う方法

2020.10.14

関西でメジャーな電子マネーといえば、電車に乗れて買いものもできるICOCA(イコカ)でしょう。iPhoneユーザーならSuica同様にApple Payに登録して使うことを期待してしまいますが、残念ながら2020年9月中旬現在、ICOCAはApple Payに対応していません。Apple Payに対応しているのはSuica。そして、Suicaは実は関西でも意外に使えます。関西でSuicaを使う方法を紹介します。

Apple PayでICOCAは使えない

電車に乗れて、買いものもできる交通系電子マネーは便利ですね。関東ではSuica、関西ではICOCAがメジャーですが、SuicaがApple Payに対応し、iPhoneをかざして使える一方、ICOCAはApple Payに対応していないので、iPhoneでは利用できません。

Apple PayにICOCAが対応するのはいつ?

関東の私鉄・バス事業者が取り扱っている「PASMO(パスモ)」が2020年中にApple Payに対応すると発表していますので、ICOCAのApple Pay対応にも期待している人は多いことでしょう。しかし現在、ICOCAの対応については残念ながら何も情報がありません。

Apple Payに対応しているSuicaを利用

iPhoneに対応している交通系電子マネーは、2020年9月中旬現在、Suicaのみです。SuicaはJR東日本が発行しているので主に関東で使われていますが、エリアをまたがなければ関西でも改札を通過できますし、買いものも可能です。SuicaはiPhoneのアプリ内で新規発行できますので、関西にいても簡単に持つことができます。

Apple PayのSuicaを関西で使う方法

Suicaのプラスチックカードがなくても、iPhoneで直接Suicaを新規発行できます。iPhoneにプリセットされている「Wallet」アプリ、またはApp Storeから「Suica」アプリをダウンロードし、そこからSuicaを発行できます。

Apple PayにSuicaを登録する

ここでは、Walletアプリを使ってSuicaを発行する方法を紹介します。iPhoneでSuicaを使えるのはFeliCaに対応したiPhone 7/7 Plus以降です。

Walletアプリを開き、画面右上の「+」をタップします。

「続ける」をタップ。

「Suica」をタップ

「¥1,000」「¥3,000」「¥5,000」をタップするか、好みの金額をテンキーで入力し、「追加」をタップ。

利用規約を確認し「同意する」をタップ

Walletアプリに登録しているクレジットカードで入金額の支払いをすると、チャージされたSuicaが発行されます。有効な支払いカードがWalletアプリに登録されていない場合はカードの登録が促されます。

Apple PayのSuicaにチャージする方法

関西でSuicaを使う場合、一定の金額になったときに自動でチャージされる「オートチャージ」が使えません。手動によるチャージが必要なので、チャージ方法を把握しておきましょう。

Apple PayのSuicaに現金をチャージする

Apple PayのSuicaへの現金でのチャージは、交通系ICカードの使えるコンビニのレジ、セブン銀行のATMでできます。また、JR東日本のモバイル端末対応Suicaチャージ専用機でも現金でのチャージが可能です。

Apple PayのSuicaにクレジットカードでチャージする

WalletアプリやSuicaアプリにクレジットカードを登録すると、いつでもチャージできて便利です。ここではWalletアプリでチャージする方法を紹介します。

WalletアプリでチャージしたいSuicaをタップして選び、「チャージ」をタップ。

チャージしたい金額をタップして選ぶか、テンキーで入力し、「追加する」をタップ

Walletに登録されているカードで支払いするとチャージされます。

Apple PayのSuicaで改札を通過する

画像はAppleのサイトより

Apple PayのSuicaで改札を通過する際には、読み取り機にiPhoneの先端部分をかざすようにします。きちんと読み取りされるとiPhoneが鳴動します。

Apple PayのSuicaで貯まるポイント

Apple PayのSuicaを使うことで貯まるポイントは、チャージで使うクレジットカードのポイント、SuicaでJR東日本の鉄道を使ったり、電子マネーを使って買いものをしたりしたときに貯まる「JRE POINT」があります。関西で使っている限りでは、JRE POINTはそれほど貯まらないかもしれませんが、クレジットカードをチャージで使うことで、集めているポイントを貯めることができます。

Apple Payの対応カードは?

Apple Payは、多くのクレジットカード、プリペイドカード、一部デビットカードに対応しています。Walletアプリを使ってカードを登録し、Suicaのチャージに利用しましょう。iPhone 8/8 Plus以降では12枚までカードを追加できますので、手持ちのカードが登録できるか試してみるといいでしょう。

Walletアプリのカードの追加で「クレジットカード/プリペイドカード」を選ぶと、カメラが起動。カードの券面を写し、カード情報を簡単に入力することができます。

これからカードを作る場合は、目当てのカードがApple Payに対応しているかどうか、カードのサイトで確認することをおすすめします。

Apple Payの対応カードにVisaブランドは含まれない?

Walletアプリにカードを登録する場合、Visaブランドのカードは少し注意が必要です。Visaブランドのカードは、お店のレジでiPhoneをかざして支払うには問題ありませんが、Webサイトやアプリ内でApple Payで支払う際に選択することができません。つまり、WalletアプリでSuicaにチャージする場合、Visaブランドのカードは使えません。

ただし「Suica」アプリにはVisaブランドのカードも登録でき、チャージに問題なく使えます。Visaブランドのカードしか持っていない場合は、Suicaアプリにカードを登録し、Suicaアプリでチャージするといいでしょう。

機種変更する際にApple PayのSuicaはどうしたらいい?

まず、Apple PayのSuicaからAndroidの「モバイルSuica」には情報を引き継ぐこと(機種変更)はできません。この場合、Apple PayのSuicaは一旦退会することになります。

iPhoneから新しいiPhoneに機種変更するのは簡単です。古いiPhoneでWalletアプリを起動し、Suicaを選択してカードを削除します。こうすることでSuicaの情報はサーバに退避されます。

WalletアプリでSuicaカードを選び、画面右上の「…」をタップ

カードの詳細画面を下にスクロールし「このカードを削除」をタップ。Suicaの情報がサーバに退避されます。

その後、新しいiPhoneで自分のApple IDとパスコードでiCloudにサインイン。その後、Walletを起動し、Suicaを追加する手続きをすると、退避させていたSuicaが表示されるはずです。選択し、指示に従って手続きを進めると、Suicaが新しいiPhoneに再登録されます。

Suicaの定期券は無理ですが、関西でもApple PayのSuicaで電車に乗って、買いものができ、カードでチャージはいつでも可能で、利用分のポイントも貯まります。関西でも便利なApple PayのSuicaを使ってみてはいかがでしょうか。

※データは2020年8月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。
※本記事はカードの利用を推奨する目的はありません。あくまで自己責任にてお願いします。

文/房野麻子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。