小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「楽天ポイントカード」の作り方とアプリの賢い使い方

2024.04.18

数あるポイントサービスの中でも、貯まりやすく使いやすいと人気の楽天ポイント。楽天会員が各種楽天サービスや提携店を利用した際に付与されるポイントで「1ポイント=1円」として利用できる。

楽天市場など、ネットショッピングなどで貯めたポイントでも、楽天ポイントカードを持っていれば、実店舗での買い物にもポイントを利用することが可能だ。

本記事では、楽天ポイントを貯める際に欠かせない「楽天ポイントカード」の作り方について解説したい。

楽天ポイントカードの入手方法!どこでどうやって作る?

楽天ポイントカードの作り方

「楽天ポイントカード」は、その名の通り楽天ポイントを貯められるカードのこと。コンビニをはじめ、街の提携店で提示することでポイントを貯められる。ちなみに、ポイントの付与率は店舗によって異なるため、近くの高還元のお店をチャックしてみるのもおすすめだ。

カードの発行(無料)と登録方法

楽天ポイントカードを入手する一番簡単な方法は、無料配布している店舗を探すこと。提携店では、楽天ポイントカードを無料で配布しており、店員さんに依頼すればその場でカードの発行を行ってくれる。

店頭で配布されるクレジット機能なしの楽天ポイントカードは、店頭で受け取った後にPCやスマホから利用登録を行う必要がある。登録せずにいると、貯まったポイントが無効になってしまう可能性があるため、期限内(12か月)に登録を済ませよう。

楽天ポイントの登録は、Web上から行う。楽天ポイントカードの「楽天ポイントカード利用登録・登録情報の確認画面」から楽天のユーザーIDとパスワードを入力し、画面の指示に従って操作を行う。楽天会員になっていない方は、画面内の「楽天会員に新規登録(無料)してサービスを利用する」から登録を行おう。

店頭のレジで無料配布されていることも!お気に入りのデザインを見つけるのもおすすめ

ミスタードーナツといった飲食店、ツルハドラッグやコーナンといった日用品店では、レジ横に独自デザインの楽天ポイントカードが並んでいることもある。その中から、お気に入りのデザインのカードを見つけてみるのもおすすめだ。

楽天カード(クレジットカード)にはポイントカード機能が備わっている

クレジットカードである楽天カード(2015年12月以降のもの)には、ポイントカード機能が付帯している。そのため、クレジット決済を行わない場合でも、店頭で提示することで楽天ポイントカードとして利用可能だ。

楽天ポイント提携店でクレジット決済を行う場合には、楽天カードのポイントとは別にポイントカードにもポイントが付与される。ポイントを二重取りするためにも、提携店では忘れずに提示しよう。

現在手元にある楽天カードにポイントカード機能が付帯していない場合、次回更新時には自動的に付帯されるが、申請すると更新前でも付帯可能だ。

アプリと連携する必要はある?

「楽天ポイントカード」はプラスチック製のカードを指すのが一般的だが、カードを持ち歩かなくても、スマホに専用アプリをダウンロードすることでポイントカード同様に使うことが可能だ。

使い方は、アプリをダウンロードして自身の楽天IDでログインし、表示されたバーコードを店頭で提示するだけ。

ただし、少しややこしいのが「楽天ポイントカードアプリ」と「楽天ペイアプリ」の2つ存在すること。それぞれの違いを把握しておこう。

楽天ポイントカードアプリ(バーコード)

「楽天ポイントカードアプリ」は、機能自体はカードタイプと全く同じ。プラスチック製のカードを持ち歩かなくて良い点がメリットだ。

ただし、アプリに対応していない店舗では利用できない。すべての店舗で漏らさずポイント獲得をしたいなら、カードタイプも持っておいた方が無難だ。

公式サイト-楽天ポイントカードアプリに対応しているお店一覧

楽天ペイアプリ

「楽天ペイアプリ」は、楽天ペイ(電子決済サービス)や楽天Edyを利用するためのアプリ。実は、このアプリにも楽天ポイントカード機能が付帯されている。

楽天ペイユーザーであれば、支払いもポイントカード利用もまとめて行えるのがメリット。ただし、楽天ポイントカードアプリ同様、アプリに対応していない店舗では利用できない点は注意が必要だ。

楽天ポイントは1つのポイント口座に貯まる

楽天ポイントは、カード・アプリごとではなく、利用登録を行っている楽天IDに紐付いた「ポイント口座」にすべて集約される。そのため、アプリやカードなどその時々で使うものを変えても、同じアカウントに楽天ポイントが貯まる。ポイント統合などの手続きは必要ない。

楽天Edy機能付きカードもおすすめ!

楽天ポイントカードには、Edy機能が付帯した「Edy-楽天ポイントカード」もある。楽天ポイントカードとEdyの機能がどちらも備わった便利なカードだ。

楽天Edyとはチャージ式の電子マネーのことで、決済時に利用することで楽天ポイントが貯まる(200円で1ポイント)。つまり、楽天Edyと楽天ポイントの提携店なら、「Edy-楽天ポイントカード」を提示してEdyで支払うことで、それぞれのポイントをゲットできる。

楽天市場ではさまざまなキャラクターデザインのEdy楽天ポイントカードも

有料(550円)ではあるが、Edy機能が付帯した楽天ポイントカードは、楽天市場でも販売されている。さまざまなキャラクターデザインのものが販売されているため、お気に入りの一枚を見つけて利用するのもおすすめだ。

楽天ポイントカードのお得な使い方

楽天ポイントカードの使い方

楽天ポイントカードは、街中の「提携店」で利用できる。まずは、楽天ポイントカードが使えるお店を公式サイトからチェックしておこう。

ポイント対象店舗での買い物時は必ずカードの提示を

基本的な使い方は、提携店での会計時に楽天ポイントカードを提示し、店員さんにバーコードを読み取ってもらうだけ。付与タイミングや付与率は店舗によって異なる。

楽天カードや楽天ペイアプリ、Edy-楽天ポイントカードでそれぞれ支払いを行った場合、楽天ポイントカード提示分のポイントも付与されるため、ポイントの二重取りができる。

ネットだけでなく、実店舗でも楽天ポイントカード提携店をよく利用する場合、楽天カードや楽天ペイ、楽天Edy一体型の楽天ポイントカードを利用することで、カード提示の手間が省けるのも魅力だ。自分が使いやすいタイプの楽天ポイントカードを見つけて、お得にポイントを貯めよう。

※情報は2024年3月31日時点のものです。

文/oki

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。